link2055 link2056 link2057 link2058 link2059 link2060 link2061 link2062 link2063 link2064 link2065 link2066 link2067 link2068 link2069 link2070 link2071 link2072 link2073 link2074 link2075 link2076 link2077 link2078 link2079 link2080 link2081 link2082 link2083 link2084 link2085 link2086 link2087 link2088 link2089 link2090 link2091 link2092 link2093 link2094 link2095 link2096 link2097 link2098 link2099 link2100 link2101 link2102 link2103 link2104 link2105 link2106 link2107 link2108 link2109 link2110 link2111 link2112 link2113 link2114 link2115 link2116 link2117 link2118 link2119 link2120 link2121 link2122 link2123 link2124 link2125 link2126 link2127 link2128 link2129 link2130 link2131 link2132 link2133 link2134 link2135 link2136 link2137 link2138 link2139 link2140 link2141 link2142 link2143 link2144 link2145 link2146 link2147 link2148 link2149 link2150 link2151 link2152 link2153 link2154 link2155 link2156 link2157 link2158 link2159 link2160 link2161 link2162 link2163 link2164 link2165 link2166 link2167 link2168 link2169 link2170 link2171 link2172 link2173 link2174 link2175 link2176 link2177 link2178 link2179 link2180 link2181 link2182 link2183 link2184 link2185 link2186 link2187 link2188 link2189 link2190 link2191
トップページ > エレクトロニクス, ブログ > iPhoneにもAtom搭載か?

iPhoneにもAtom搭載か?

インテル入って来た。新モバイルプロセッサAtomのお披露目ということで開催されたブロガーミーティングに参加して来ました。

インテルのブロガーミーティング抽選に当たったので参加してきました。

メインの話題は、本日発表されたばかりの超小型モバイル機器用プロセッサの「Atom」ご覧の通り1円玉よりも小さい。
Atom

「これです」とマーケティング本部長の江田さん。襟のピンバッジこそが「Atom」なのだ!いかに小さいかがよく分かる上手な小技
ピンバッジ
ニュースサイトで調べたところ、Atomの動作周波数は最大1.86GHzだとか。小さくなったにも関わらずさらにパワフルに。しかもインテル製品で最も消費電力が低いとのことで、バッテリーの持ちにも大きく貢献しそう。

いくつか搭載製品の実機も展示されていました。下の写真は東芝の小型インターネット端末。Windowsがバリバリ動くとのこと。
インターネットタブレット

今年はUMPCのような小型パソコンも大流行りしそうですし、こういった分野に注力するのはとても正しい方向だと思います。小型ガジェット好きのユーザーとしてもありがたい。

配布資料の「ターゲットとする市場セグメント」頁には、スマートフォンとしてなんとiPhoneの写真が使われていました。
iPhone
単にそれらしき製品の写真を並べただけだとは思いますが、勝手アプリも解禁されることですし1.86GHzでサクサク動くiPhoneがあったら何かと便利そうですね。

さてブロガーミーティングとはあまり関係ありませんが、インテル社のエントランスのところにヒマワリの種が置かれていまして、自由に持ち帰って良いそうなのです。
ひまわり

おつまみに食べるのかと思ったらそうではなく、鉛フリー製品の象徴としてヒマワリを使用しているのだとか。ヒマワリというのはバイオレメディエーション効果がありまして、鉛などの土壌汚染物質を吸収する働きがあります。チェルノブイリでも利用されました。

技術と環境の共生につとめているというのは、とてもポイント高いですね。こんどの週末にもらってきたヒマワリの種を植えようと思います。

こうしたモバイルインターネット市場の拡充に向け、実際にサービス化や製品化を目的としたコンテストも開催されるそうです。(4月10日スタート)
http://www.intel.co.jp/go/contest



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年4月 2日 23:09

» iPhoneにもAtom搭載か? from ネットのニュース.log
iPod touchユーザとしては、3GのiPhoneが近々発売されるようだということで、日本での発売はどうなんだ、いつなんだ、とちょっと気になる今日この… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年4月 3日 22:46

» インテル・ブロガーミーティングとモバイルインターネット端末 from [の] のまのしわざ
インテルで開催されたブロガー・ミーティングにお邪魔させて頂きました。 今回のブ… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年4月 4日 19:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー