link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410 link411 link412 link413 link414 link415 link416 link417 link418 link419 link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437
トップページ > Handycam, Xacti > ハンディカム HDR-TG1 購入

ハンディカム HDR-TG1 購入

すべてのビデオブロガーにお薦めしたい。ソニーのハイビジョンハンディカム「HDR-TG1」を購入しました。

とりあえずのHDR-TG1ファーストインプレッション。

あまりに嬉しくて走って帰って来たので汗だくな私です。子供か(笑)

外箱がとても綺麗ですが、内箱もしっかりしていてロゴまでエンボスしてあります。まるでApple製品を参考にしたかのような印象。
ハンディカム外箱

本体はチタンボディ。PowerBook G4以来のチタン家電?円形のヘアラインもあり、デザイン的な良し悪しは別として、なんだかよく分からないけど気合いが入ってることは充分に伝わって来ます。大きさは500mlペットボトルに隠れるほどの極小サイズ。
ヘアラインメタル

これまでの機種もたまに頼まれてレビューなどはしていたものの、自腹でのハンディカム購入は約3年半ぶり。だって入学式とか済んだらファミリー向けのビデオカメラなんて不要だもの(笑)

昨今のハンディカムはどれ買ってもしっかりとした映像作品が撮れるほどの良いビデオカメラですが、YouTube時代にはそぐわない大鑑巨砲主義のようなもので、我々ビデオブロガーはすっかりサンヨーXactiに流れていってました。が、Xactiのようなビデオのスナップ撮影というコンセプトをハンディカムにも適用したとなれば、これは使ってみない理由がない。

縦型ハンディカムは基本的にマイク位置はボディ上方。自分撮りでもちゃんと声を拾うのはビデオブロガーとして非常に嬉しいところ。
マイク

丸いダイヤル型の切り換えスイッチで、ビデオと写真を切り換え。でも切り換えなくても2Mピクセルで写真撮影できますけどね。
ズームも同じく円形ダイヤルでして、力をかけて押し込まないので撮影中にブレにくい仕様。
ダイヤル

それで、画質などはまだよく見てないのですが、そんなものを検証するまでもなく「モノ」としての魅力が非常に高いので、これはもう100点満点の出来です。

先走りの私は店頭購入で12万8,000円でしたが、アマゾンではさらに値を下げて11万3,920円となってました。ゴールデンウィーク前に入手するなら今週前半に注文しておくと良いですよ。

▼Handycam デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-TG1
HDR-TG1

▼アクセサリーキット ACC-TCH5
ACC-TCH5

楽天で「HDR-TG1」を調べる

【関連記事】
HDR-TG1なめらかスロー録画に感動
Handycamアクセサリーキット ACC-TCH5
MacでAVCHDビデオ編集 iMovie '08編
MacでAVCHDビデオ編集 Final Cut Express編



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年4月19日 13:33

» ブログのチカラ from YASの湘南生活
先日、立て続けにアジャイルメディアネットワークの皆様と一緒にブロガーさん向けイベ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年4月24日 00:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー