link2482 link2483 link2484 link2485 link2486 link2487 link2488 link2489 link2490 link2491 link2492 link2493 link2494 link2495 link2496 link2497 link2498 link2499 link2500 link2501 link2502 link2503 link2504 link2505 link2506 link2507 link2508 link2509 link2510 link2511 link2512 link2513 link2514 link2515 link2516 link2517 link2518 link2519 link2520 link2521 link2522 link2523 link2524 link2525 link2526 link2527 link2528 link2529 link2530 link2531 link2532 link2533 link2534 link2535 link2536 link2537 link2538 link2539 link2540 link2541 link2542 link2543 link2544 link2545 link2546 link2547 link2548 link2549 link2550 link2551 link2552 link2553 link2554 link2555 link2556 link2557 link2558 link2559 link2560 link2561 link2562 link2563 link2564 link2565 link2566 link2567 link2568 link2569 link2570 link2571 link2572 link2573 link2574 link2575 link2576 link2577 link2578 link2579 link2580 link2581 link2582 link2583 link2584 link2585 link2586 link2587 link2588 link2589 link2590 link2591 link2592 link2593 link2594 link2595 link2596 link2597 link2598 link2599 link2600 link2601 link2602 link2603 link2604 link2605 link2606 link2607 link2608 link2609 link2610 link2611 link2612 link2613 link2614 link2615 link2616 link2617 link2618 link2619 link2620 link2621 link2622 link2623 link2624 link2625 link2626 link2627
トップページ > サイエンス・テクノロジー, 動画共有・ストリーミング > FlipClipムービーデコレーション機能がスゴすぎる件

FlipClipムービーデコレーション機能がスゴすぎる件

これは泣ける。動画に落書きやテロップ、効果音などを付けたうえで、動画ファイルとして再エンコードしてくれるサービス。

Flash(というかSWF)のWebアプリケーションを利用して、ブラウザ上で動画の編集が出来るというサービスはいくつかあります。

大抵の場合は編集したものをFlashのレイヤーとして重ねて見せるだけなのですが、FlipClipのムービーデコレーション機能は泣けます。ちゃんと独立した動画ファイル(FLVおよびQuickTimeムービー)としてレンダリングしたものを吐き出してくれるんです。

つまりiPodなどはもちろん、PC以外のデバイスでも再生できる可能性や応用性が高まります。泣けます。

ということで早速チャレンジしてみました。

まず、今回使用した元の動画素材はこちらになります。

上の動画が、ムービーデコレーションによって以下のように生まれ変わります。冒頭だけにしか効果を適用してませんが、もはや別の印象になってしまいますね。

こちらがムービーデコレーションの編集画面
FlipClip

フリーハンドで描けるお絵描き機能、テキスト入力でテロップを付ける文字機能、多ジャンルに渡る豊富な効果音機能、しゃべりに加えると良さそうなふきだし機能、ふきだしの形状をペタペタ貼れるスタンプ機能といった5つの効果を付加することが可能。

驚くことにテキストに使用するフォントは、ローカル環境にインストールされているフォントを使用可能。所謂デバイスフォントではなく、自分の手持ちフォントが使えるのでデコレーション感が増します。

さらにスタンプ機能では、動画上に静止画像を読み込んで合成することが出来、その画像自体の透明度やサイズ、角度までも変えられます。

で、偉いのはこれら機能を使って編集しながら、ちゃんとプレビュー再生も可能なんですが、いくつもイベント追加してプレビューしてという繰り返しでも、全くブラウザが不安定になったり落ちたりする気配なしだという点。途中経過で保存できないので、安定動作というのは必須事項ですもんね。

編集が完了したら、しばらく変換に時間を要するものの、サイト上ではFLVを再生、iTunes(ポッドキャスト)ならQuickTimeムービーをダウンロード可能です。

# ちなみに、今のところ有料会員しかこの機能は使えません。

変換にかかる時間は簡単なものなら数分、長いものならそれなりに、と状況によりまちまちです。さすがに何十個も効果を重ねると変換中のまま止まってしまうということが何度かありましたが、上の作例のような軽く解説テロップや効果音を入れる程度であれば問題なく使えます。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年5月14日 00:30

» Movie Decoration from MUTRON::LOG
ビデオブロガーことジェット☆ダイスケさんのブログ"webdog"にて我社のムービーデコレーション機能、略して『ムビデコ』が紹介されました [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年5月15日 01:55

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー