link2774 link2775 link2776 link2777 link2778 link2779 link2780 link2781 link2782 link2783 link2784 link2785 link2786 link2787 link2788 link2789 link2790 link2791 link2792 link2793 link2794 link2795 link2796 link2797 link2798 link2799 link2800 link2801 link2802 link2803 link2804 link2805 link2806 link2807 link2808 link2809 link2810 link2811 link2812 link2813 link2814 link2815 link2816 link2817 link2818 link2819 link2820 link2821 link2822 link2823 link2824 link2825 link2826 link2827 link2828 link2829 link2830 link2831 link2832 link2833 link2834 link2835 link2836 link2837 link2838 link2839 link2840 link2841 link2842 link2843 link2844 link2845 link2846 link2847 link2848 link2849 link2850 link2851 link2852 link2853 link2854 link2855 link2856 link2857 link2858 link2859 link2860 link2861 link2862 link2863 link2864 link2865 link2866 link2867 link2868 link2869 link2870 link2871 link2872 link2873 link2874 link2875 link2876 link2877 link2878 link2879 link2880 link2881 link2882 link2883 link2884 link2885 link2886 link2887 link2888 link2889 link2890 link2891 link2892 link2893 link2894 link2895 link2896 link2897 link2898 link2899 link2900 link2901 link2902 link2903 link2904 link2905 link2906 link2907 link2908 link2909 link2910 link2911 link2912 link2913 link2914 link2915 link2916 link2917 link2918 link2919

Soap bubbles clip art on PhoPng.

大人の科学 8ミリ映写機だそうです

懐かしの8ミリフィルム映写機が、学研「大人の科学」の付録に。

懐かしの、と言っても若い人だけでなく同世代にすら通用しそうもないですが、そそるゴージャス付録で有名なあの学研「大人の科学」誌に、手回し8mm映写機が登場してたみたいです。
大人の科学 8ミリ映写機
大人の科学 8ミリ映写機

で、これがなかなかスゴいという点は以下の4点。

  • ランプは高輝度白色LED
  • シングル8、スーパー8、ダブル8対応
  • フィルム編集パーツで切り貼り
  • 組立はハンドル取付のみ

この良さがあまり分からない人のために説明しておくと、

まず映写機のランプに関しては昔からハロゲン灯と決まってまして、これが実はすごく熱を発生するランプでして、フィルムが引っかかって同じコマにばかり光が当たると、フィルムのその部分が溶けてしまうわけです。すると以降は溶けたコマ以外をつないで映写することになりますが、溶けてつないでを繰り返すうちに映画は尺が短くなるわけです(笑)

あと、すぐにランプが切れて使えなくなるわりには交換用ランプが入手困難。だからハロゲンの代わりに白色LEDを使用するという21世紀風なアップデートは非常に有り難いのよ。

で、8mmフィルムには大別して3つほど種類があって、私んちの押し入れに眠ってるやつなんかはシングル8にしか対応できないんですが、この大人の科学のは3タイプすべて対応なんですね。VHSとDVDとHDレコーダーが合体したようなもんです。1粒で3度美味しい。

あとフィルムの編集については通常だと、簡易映写機みたいなビュワーと、スプライサーという裁断機+テープ接着台みたいな器具を用いる訳ですが、そんな大袈裟な機器がなくても編集できるというのも良いですね。

しかしまあ、映写機だけあってもフィルムがなきゃどうしようもないのですが、僕みたいな8ミリ映画ばっかり撮ってた人間はひとつ買っても良いかもしれませんね。

大人の科学 8ミリ映写機
大人の科学 8ミリ映写機

【関連記事】
音楽嫌いの子供もハマった、大人の科学ふろくシンセサイザーSX-150
大人の科学マガジン別冊 シンセサイザークロニクル 付録SX-150



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年5月16日 01:29

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー