link548 link549 link550 link551 link552 link553 link554 link555 link556 link557 link558 link559 link560 link561 link562 link563 link564 link565 link566 link567 link568 link569 link570 link571 link572 link573 link574 link575 link576 link577 link578 link579 link580 link581 link582 link583 link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684

大人の科学 8ミリ映写機だそうです

懐かしの8ミリフィルム映写機が、学研「大人の科学」の付録に。

懐かしの、と言っても若い人だけでなく同世代にすら通用しそうもないですが、そそるゴージャス付録で有名なあの学研「大人の科学」誌に、手回し8mm映写機が登場してたみたいです。
大人の科学 8ミリ映写機
大人の科学 8ミリ映写機

で、これがなかなかスゴいという点は以下の4点。

  • ランプは高輝度白色LED
  • シングル8、スーパー8、ダブル8対応
  • フィルム編集パーツで切り貼り
  • 組立はハンドル取付のみ

この良さがあまり分からない人のために説明しておくと、

まず映写機のランプに関しては昔からハロゲン灯と決まってまして、これが実はすごく熱を発生するランプでして、フィルムが引っかかって同じコマにばかり光が当たると、フィルムのその部分が溶けてしまうわけです。すると以降は溶けたコマ以外をつないで映写することになりますが、溶けてつないでを繰り返すうちに映画は尺が短くなるわけです(笑)

あと、すぐにランプが切れて使えなくなるわりには交換用ランプが入手困難。だからハロゲンの代わりに白色LEDを使用するという21世紀風なアップデートは非常に有り難いのよ。

で、8mmフィルムには大別して3つほど種類があって、私んちの押し入れに眠ってるやつなんかはシングル8にしか対応できないんですが、この大人の科学のは3タイプすべて対応なんですね。VHSとDVDとHDレコーダーが合体したようなもんです。1粒で3度美味しい。

あとフィルムの編集については通常だと、簡易映写機みたいなビュワーと、スプライサーという裁断機+テープ接着台みたいな器具を用いる訳ですが、そんな大袈裟な機器がなくても編集できるというのも良いですね。

しかしまあ、映写機だけあってもフィルムがなきゃどうしようもないのですが、僕みたいな8ミリ映画ばっかり撮ってた人間はひとつ買っても良いかもしれませんね。

大人の科学 8ミリ映写機
大人の科学 8ミリ映写機

【関連記事】
音楽嫌いの子供もハマった、大人の科学ふろくシンセサイザーSX-150
大人の科学マガジン別冊 シンセサイザークロニクル 付録SX-150



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年5月16日 01:29

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー