link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941 link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972
トップページ > ブログ > その後のブログとWEBデザイナーの関係の一例

その後のブログとWEBデザイナーの関係の一例

あれから二年が経って、WEBデザイナーとブログ、Web 2.0は少しは変わったような気もする。

もう二年以上前になりますが「ブログとWEBデザイナーは相反する関係なのかも」というのを書いてます。

いろいろと反響はあったのですが、最近またリンクしてもらってたのでちょっと紹介
改めてWEBデザイナーになってみるか — FLA-FLI FLA-FLI 佐賀あたりで働くWebデザイナーのブログ

なので、もっと僕も「おもしろい」と言われるブロガー兼Webデザイナーになりたいものだ。

おもしろいと言われるかどうかは別として、書き続けていくともっともっと良い状況に恵まれてきますよきっと。

# ちなみに僕の名刺、いつのまにか肩書きがビデオブロガーにされています(笑)業務内容的には違うような気がしますが、ビデオブロガーでなくなると携わる全てが立ち行かなくなることは明白なので、それでいいんだと思います。

今の会社もたった3人。
でも、ものすごくアンテナが立ってる。

ここではいろいろ情報を吸収してるという意味合いで書かれてますけど、受信のアンテナじゃなくて発信のアンテナを多く立てていけば、自然と情報は集まってくるハズ。ブン屋にタレコミが集まるのと同じだと思ってます。

冒頭の二年前のエントリを引用すると

自分がWEBで発信している事が、世の中とまでは言わないにしろ、他者とどう絡んでいくのか、誰の心に何を残すのか、自分に何が返ってくるのか、そういう諸々を体感レベルで感じとってる人じゃないと

ということですね。
最新の情報や流行などを「知ってる」というのは割とどうでも良くて、情報を発信してるからこその、受け手とのなんらかのスパイラルな関係が発生してるかどうか。それを体験、体感できているかどうか。

あと、WEBクリエイター系のブログだからといって、フォトショップで何々する方法とかCSSでなんたらの方法とかそれらのまとめ記事とかは無理に書かなくても良いと思います。そういうブクマ乞食みたいなのは消費されるだけの情報になりがちですから、その方向に走らなくてもいいのでは、と感じてます。

本屋で2,000円くらい払えば得られる情報は、わざわざRSSリーダーで毎日楽しみに読みたいものではないですよ。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年6月 4日 03:59

» ブクマ狙いの記事へ一言 from 名言で読む「はてな」
本屋で2,000円くらい払えば得られる情報は、わざわざRSSリーダーで毎日楽しみに読みたいものではないですよ。 その後のブログとWEBデザイナーの関係の… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年6月 4日 06:17

» 2000円以上の価値あるもの from 佐賀でふらふり
Webdogのジェット☆ダイスケさんが僕の書いた記事に対して、いろいろと書いても… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年6月 8日 23:23

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー