link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410 link411 link412 link413 link414 link415 link416 link417 link418 link419 link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437
トップページ > ブログ > ブロガーたちがただ遊んでいるだけを書いたブログ、芸能人たちがただ遊んでいるだけのテレビ番組

דירות דיסקרטיות ברמת גן

ブロガーたちがただ遊んでいるだけを書いたブログ、芸能人たちがただ遊んでいるだけのテレビ番組

それがイヤでテレビ見なくなってきたのだから、そのコンテンツの作り方をブログに持ち込んだらいけないような気がするけどでも…

テレビ離れの理由として「芸能人がただ遊んでいるだけの番組なんて」と言う人が少なくないですよね。

Webのどっかにそう書いてあったというのもあるけど、リアルで耳にすることの方が多いかも。

で、こないだ気になったのはこれ。
結局blogなんて、クソの役にも立たなかったわけだ。

ときどき都内のおしゃれなバーなどに集まって「blogは素晴らしい」論を交わしているアルファブロガーの気持ち悪い連中を見ていると、何を寝ぼけたことを言っているのかと思う。

これがアルファブロガーに対する、ありがちなやっかみとか皮肉の類いではないとすると、ある面では的を射ているような気がします。(引用部は、当のエントリーの本筋とはあまり関係ないですけどね。)

「芸能人がただ遊んでいるだけ」のテレビ番組がイヤだったら、当然「ブロガーがただ遊んでいるだけ」のエントリーも敬遠されるとは思います。なぜそう考えるに至ったかと言えば、私の場合、動画を山ほど使っているので同じく動画であるテレビ番組と比較しやすいんですよね。

「あ、俺ただ遊んでるだけの動画作っちゃったな」と感じることは何度かありました。

知名度や人気度でいえば「芸能人 > 一般人ブロガー」ですから、つまりその側面だけで言えば、テレビ番組以下のコンテンツをやってしまっているわけです。

ですから、そういう問題意識は忘れずに持っておきたい。
これは所謂アルファブロガーの方々よりも、私のようなビデオブログ系の者のほうがより気を付けるべき点で、最近も他のビデオブロガーの方からそういった相談を受けたことがありました。個人ブログとはいえ人様の目に触れるコンテンツを制作しているという点では、それを念頭に置いても概ね間違いではありません。

ただし残念ながら、個人ブログというのはそういう側面もあるということも忘れてはいけません。

偉い人が一様に口を揃えて「ブログは日記とは違う」と仰った時期もあったので、これは勘違いされてる方も多いかもしれませんが、ブログが日記の要素を多々含んでいる場合があることを否定しているわけではないのです。

そしてここで最も申し上げたいのは、なぜこのエントリーは途中から富野口調になってきたかということなのです。

ですから、このエントリーはここで終わります。つまりここで放棄するというわけです。そのくらいの権利はあります。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年6月 6日 00:55

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー