link5256 link5257 link5258 link5259 link5260 link5261 link5262 link5263 link5264 link5265 link5266 link5267 link5268 link5269 link5270 link5271 link5272 link5273 link5274 link5275 link5276 link5277 link5278 link5279 link5280 link5281 link5282 link5283 link5284 link5285 link5286 link5287 link5288 link5289 link5290 link5291 link5292 link5293 link5294 link5295 link5296 link5297 link5298 link5299 link5300 link5301 link5302 link5303 link5304 link5305 link5306 link5307 link5308 link5309 link5310 link5311 link5312 link5313 link5314 link5315 link5316 link5317 link5318 link5319 link5320 link5321 link5322 link5323 link5324 link5325 link5326 link5327 link5328 link5329 link5330 link5331 link5332 link5333 link5334 link5335 link5336 link5337 link5338 link5339 link5340 link5341 link5342 link5343 link5344 link5345 link5346 link5347 link5348 link5349 link5350 link5351 link5352 link5353 link5354 link5355 link5356 link5357 link5358 link5359 link5360 link5361 link5362 link5363 link5364 link5365 link5366 link5367 link5368 link5369 link5370 link5371 link5372 link5373 link5374 link5375 link5376 link5377 link5378 link5379 link5380 link5381 link5382 link5383 link5384 link5385 link5386 link5387 link5388 link5389 link5390 link5391 link5392 link5393 link5394 link5395 link5396 link5397 link5398 link5399 link5400 link5401
トップページ > グルメ・食文化, 社会・国際・政経 > 鯨の尾の刺身を食べてから反捕鯨に反論してほしい

鯨の尾の刺身を食べてから反捕鯨に反論してほしい

海外の反捕鯨団体から言われて、脊椎反射で反論するようなことはやめてほしいというか…

鯨を食べるのは日本の伝統食文化だという主張はなんとなく分かるんですが、それがどれほどの範囲でそうなのかよく分かりません。

範囲というのは地域と世代という意味で。

ある地域のある世代の人にとっては捕鯨という漁自体も含めて文化だったかもしれません。しかし巷でよく耳にするのは、貧しかった時代の牛や豚の代用肉としての話です。その手の話では、あまり美味しくないという意見が大半を占めているではないですか。

今となっては、まずいものをわざわざ食べる必要はないのでは。そのうえ、食文化だなんて主張しなくても良いんじゃないの。

で、僕が言いたいのは、捕鯨に反対とか賛成とか鯨の味はまずいなんてことではなくて、鯨は美味しいということ。

10年くらい前は、行きつけの寿司屋でたまに鯨の尾の刺身や握りを出していることがあって、これがもう一度食べたらやみつきになる美味さで、店にあれば必ず注文していたものです。しかも人気のネタなので、19時くらいにはもう売り切れているほど。

見た目的には、ありがちなドス黒い物体ではなくて、馬肉のような赤い綺麗な肉です。この写真をごらんください。

先週、美味しんぼ47巻を読んでいたらちょうど鯨の尾の刺身について海原雄山が語ってまして、獣肉と魚肉の良さを兼ね備えて、生食でこれ以上美味しい肉は存在しないとまで。獣肉と魚っぽさをあわせ持つ点については僕も同じように感じてました。

#そもそもこのエントリーも美味しんぼを読み直していて、その味を思い出したことから書こうと思ったのです。

それで、もしもマズイとか臭いとか筋ばってるとか、鯨肉について悪いことばかり言ってるような人で、それでも愛国心などから反捕鯨についつい「食文化だ」と反論してしまうような人がいたとしたら、おまえちょっと待てと思うわけです。美味いほうの鯨も食っとけと。

もしも、鯨はおいしくないから捕鯨はやめてもいいという日本人がいたら、お前はなおさら美味い鯨いっぺん食ってみろと言いたい。

まあ動物保護の視点に味など関係ないので「美味しいから何?」と言われてしまえばそれまでですが、そこに反論するうえで、鯨を日本の伝統食文化とからめて考えるならせめて美味しいと言い切れなくてはいかんでしょう。

誰が言うでもなく、共通認識として「鯨は美味しい」と。

若い人は食べる機会がない、食べていた世代は「まずい」と口を揃える。でも食文化だから、という奴がいる。そういうのはもう国というか文化圏としてダメでしょう。

だから美味い鯨食え。鯨に限らず米も魚も。

と言ってる僕も、今では寿司屋で鯨を置かなくなったので、他を探してみたりもするものの、あの味にはなかなかたどり着けません。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年6月30日 02:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー