link2466 link2467 link2468 link2469 link2470 link2471 link2472 link2473 link2474 link2475 link2476 link2477 link2478 link2479 link2480 link2481 link2482 link2483 link2484 link2485 link2486 link2487 link2488 link2489 link2490 link2491 link2492 link2493 link2494 link2495 link2496 link2497 link2498 link2499 link2500 link2501 link2502 link2503 link2504 link2505 link2506 link2507 link2508 link2509 link2510 link2511 link2512 link2513 link2514 link2515 link2516 link2517 link2518 link2519 link2520 link2521 link2522 link2523 link2524 link2525 link2526 link2527 link2528 link2529 link2530 link2531 link2532 link2533 link2534 link2535 link2536 link2537 link2538 link2539 link2540 link2541 link2542 link2543 link2544 link2545 link2546 link2547 link2548 link2549 link2550 link2551 link2552 link2553 link2554 link2555 link2556 link2557 link2558 link2559 link2560 link2561 link2562 link2563 link2564 link2565 link2566 link2567 link2568 link2569 link2570 link2571 link2572 link2573 link2574 link2575 link2576 link2577 link2578 link2579 link2580 link2581 link2582 link2583 link2584 link2585 link2586 link2587 link2588 link2589 link2590 link2591 link2592 link2593 link2594 link2595 link2596 link2597 link2598 link2599 link2600 link2601 link2602
トップページ > グルメ・食文化, 社会・国際・政経 > 鯨の尾の刺身を食べてから反捕鯨に反論してほしい

鯨の尾の刺身を食べてから反捕鯨に反論してほしい

海外の反捕鯨団体から言われて、脊椎反射で反論するようなことはやめてほしいというか…

鯨を食べるのは日本の伝統食文化だという主張はなんとなく分かるんですが、それがどれほどの範囲でそうなのかよく分かりません。

範囲というのは地域と世代という意味で。

ある地域のある世代の人にとっては捕鯨という漁自体も含めて文化だったかもしれません。しかし巷でよく耳にするのは、貧しかった時代の牛や豚の代用肉としての話です。その手の話では、あまり美味しくないという意見が大半を占めているではないですか。

今となっては、まずいものをわざわざ食べる必要はないのでは。そのうえ、食文化だなんて主張しなくても良いんじゃないの。

で、僕が言いたいのは、捕鯨に反対とか賛成とか鯨の味はまずいなんてことではなくて、鯨は美味しいということ。

10年くらい前は、行きつけの寿司屋でたまに鯨の尾の刺身や握りを出していることがあって、これがもう一度食べたらやみつきになる美味さで、店にあれば必ず注文していたものです。しかも人気のネタなので、19時くらいにはもう売り切れているほど。

見た目的には、ありがちなドス黒い物体ではなくて、馬肉のような赤い綺麗な肉です。この写真をごらんください。

先週、美味しんぼ47巻を読んでいたらちょうど鯨の尾の刺身について海原雄山が語ってまして、獣肉と魚肉の良さを兼ね備えて、生食でこれ以上美味しい肉は存在しないとまで。獣肉と魚っぽさをあわせ持つ点については僕も同じように感じてました。

#そもそもこのエントリーも美味しんぼを読み直していて、その味を思い出したことから書こうと思ったのです。

それで、もしもマズイとか臭いとか筋ばってるとか、鯨肉について悪いことばかり言ってるような人で、それでも愛国心などから反捕鯨についつい「食文化だ」と反論してしまうような人がいたとしたら、おまえちょっと待てと思うわけです。美味いほうの鯨も食っとけと。

もしも、鯨はおいしくないから捕鯨はやめてもいいという日本人がいたら、お前はなおさら美味い鯨いっぺん食ってみろと言いたい。

まあ動物保護の視点に味など関係ないので「美味しいから何?」と言われてしまえばそれまでですが、そこに反論するうえで、鯨を日本の伝統食文化とからめて考えるならせめて美味しいと言い切れなくてはいかんでしょう。

誰が言うでもなく、共通認識として「鯨は美味しい」と。

若い人は食べる機会がない、食べていた世代は「まずい」と口を揃える。でも食文化だから、という奴がいる。そういうのはもう国というか文化圏としてダメでしょう。

だから美味い鯨食え。鯨に限らず米も魚も。

と言ってる僕も、今では寿司屋で鯨を置かなくなったので、他を探してみたりもするものの、あの味にはなかなかたどり着けません。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年6月30日 02:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー