link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773 link2774 link2775 link2776 link2777 link2778 link2779 link2780 link2781 link2782 link2783 link2784 link2785 link2786 link2787 link2788 link2789 link2790 link2791 link2792 link2793 link2794 link2795 link2796 link2797 link2798 link2799 link2800 link2801 link2802 link2803 link2804 link2805 link2806 link2807 link2808 link2809 link2810 link2811 link2812 link2813 link2814 link2815 link2816 link2817 link2818 link2819 link2820 link2821 link2822 link2823 link2824 link2825 link2826 link2827 link2828 link2829 link2830 link2831 link2832 link2833 link2834 link2835 link2836 link2837 link2838 link2839 link2840 link2841 link2842 link2843 link2844 link2845 link2846 link2847 link2848 link2849 link2850 link2851 link2852 link2853 link2854 link2855 link2856 link2857 link2858 link2859 link2860 link2861 link2862 link2863 link2864 link2865 link2866 link2867 link2868 link2869 link2870 link2871 link2872 link2873 link2874 link2875 link2876
トップページ > エンターテインメント > 美味しんぼ 102集で自分と父の関係を思い涙した夜

美味しんぼ 102集で自分と父の関係を思い涙した夜

山岡士郎、海原雄山の和解。自分のここ20年の半生が自然と思い起こされて不覚にも泣いた。

美味しんぼ 102 (ビッグコミックス)
美味しんぼ 102 (ビッグコミックス)
この美味しんぼ第102集が発売された日は、夜遅くまで酒を飲んでてタクシー帰りだった。

帰宅してから、海原雄山と山岡士郎が和解するまでを全て読み終えたのは深夜2時をまわっていただろうか。ひどく酔っていたので、読了してからすぐに倒れこむように横になった。そのまま朝まで深い眠りにつくだろうと思っていたのだが、そうはいかなかった。

涙が止まらない。泣いているわけではないが涙が湧き出てきて止まらない。和解のエピソードに感動したのでもなく、長い長い物語の収束を想い涙したのでもない。

ただひたすら僕は自分自身のこれまでのことを思い出して涙を流していた。

中二の夏休みのこと、父親が単身赴任することになった。そのときから僕は父と暮らしていない。

高校を卒業してから、ようやく単身赴任から戻ったのだが、入れ違いで僕が進学のため実家を離れた。だから父と同じ屋根の下で暮らしたのは14歳まで。いま34歳だから、父と暮らした期間よりも、父がいない期間のほうが長くなってしまった。

父との関係がまずかったことはない。山岡の反抗のような激しいものは何もない。でも中二男子にとって、今まさに"これから"乗り越えるべき一番身近な障壁が、突如として目の前からいなくなったというのは、その後の成長に及ぼす影響が少なくないはずだ。たった一段目ではしごを外されたようなものである。

他に家族は、祖母と母と妹二人。
ある日を境に男が僕一人だけとなった家のなかで、それなりに気を張って生きていたと思う。それは少々しんどいことだったかもしれない。

なんというか、バッターボックスで、敬遠されるのを分かっていながらも、ストレートを放ってきたときの準備を常に。たぶん心のなかでは毎回バットを振っている。それが今までずっと続いてしまっているのかもしれない。ちゃんとした勝負なんて一度もしてないから、中二の頃のもやもやとした父子関係のまま来てるのだ。

挑戦することなく負けもせず勝ちもせず教えを請うこともなく。

そういえば、十中八九みなが評価してくれるようなことがあっても、父から褒められたことがない。あまりの褒められなさすぎに、そのうちどうでもよいと考えるようになった。他での好評価を得て自信がつけばつくほどさらに。

そもそもそれは僕が、父子関係での土俵に立ててないから、その土俵が何なのかを探しもしなかったからではないかと思う。父が求めているのは、総理大臣になれということかもしれないし、ただ単に腕相撲で勝てばよいだけかもしれない。とにかくそれが何かを僕は知らない。そこは中二の夏に置き去りにしてきたのだ。

父のいなくなった食卓。テレビで美味しんぼのアニメを観ながら、銀髪でオールバックの父の姿を、海原雄山に投影していたのかもしれない。第102集を読んで今さらながらそう感じた。

とりあえず、次に父に会ったときは20年ぶりに「お父さん」と呼んでみようと思う。あの夏に立ち戻って、そこから始めなければいけないのだ、きっと。

美味しんぼ 102 (ビッグコミックス)
美味しんぼ 102 (ビッグコミックス)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年7月 3日 02:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー