link0 link1 link2 link3 link4 link5 link6 link7 link8 link9 link10 link11 link12 link13 link14 link15 link16 link17 link18 link19 link20 link21 link22 link23 link24 link25 link26 link27 link28 link29 link30 link31 link32 link33 link34 link35 link36 link37 link38 link39 link40 link41 link42 link43 link44 link45 link46 link47 link48 link49 link50 link51 link52 link53 link54 link55 link56 link57 link58 link59 link60 link61 link62 link63 link64 link65 link66 link67 link68 link69 link70 link71 link72 link73 link74 link75 link76 link77 link78 link79 link80 link81 link82 link83 link84 link85 link86 link87 link88 link89 link90 link91 link92 link93 link94 link95 link96 link97 link98 link99 link100 link101 link102 link103 link104 link105 link106 link107 link108 link109 link110 link111 link112 link113 link114 link115 link116 link117 link118 link119 link120 link121 link122 link123 link124 link125 link126 link127 link128 link129 link130 link131 link132 link133 link134 link135 link136
トップページ > グルメ・食文化 > もくち 原宿店 でジンジャーエール入りハイボールを楽しむ

もくち 原宿店 でジンジャーエール入りハイボールを楽しむ

サントリー角瓶などのハイボールが売りのお店。ハイボール好きとしては行かないわけにはいくまい。そしてなんと意外な情報が次々と。関係者(誰)は必読。

ネタフルを読んでいたら、田中アップルによりもたらされたもくち原宿店の情報が!
[N] 「もくち原宿店」夜は立ち飲みでハイボール

原宿で働いてるしハイボール大好きだし、ということでふらりと立ち寄ってみました。お店を仕切ってらっしゃる方にもお話をうかがうことが出来たので、さっそく「もくち」レポートです。

さて、さっきモブログした写真ですが、改めましてこちらがお店の外観。
立ち呑み もくち

場所はこちら。JR原宿駅の表参道口を出て歩道橋のすぐそば

大きな地図で見る

下の写真は店内カウンターの天井から吊り下げられている巨大なサントリー角瓶。一見すると木製のようですが、じつはFRP製で軽いのだとか。
巨大なサントリー角瓶

この瓶型オブジェから蛇口へとチューブがつながっており、ハイボールが注がれる仕組みに見えるのですが、

巨大角瓶の裏側に回ってみると、背面は空いていて中にウィスキーボトルが仕込んでありました。
ハイボール注入器

見てください。こんなにハイボールを押し出しているメニューは他で見たことがありません。
もくちメニュー

ハイボールは、これぞ元祖ハイボールといった感の「ザ・ハイボール」と、ジンジャーエールを隠し味に使ったという「原宿ハイボール」の二種類がありました。どちらも飲んでみたのですが「嗚呼やっぱりこれこれ、これに限る!」と叫びたくなるウマさ。

仕事帰りの一杯はこうでなくっちゃね!!
#帰りじゃなくて仕事中だったような気もするが。ていうか一杯じゃなくて二杯飲んでるし

これが原宿ハイボール、そしてつまみはドライトマト(梅干しではないぞ)
ハイボール

そしてこの方が店長、というか社長代理の宮坂さん。ブログマーケティングの勉強も熱心で、以前からネタフルもONEDARI BOYSもご存知だったとか。
もくち店長
写真の通り、宮坂さんはお酒を飲みながらの営業を社長に許可されているそうなので、ひとりでフラリと立ち寄った僕でも、寂しくならずに楽しくハイボールを飲むことができました。

ところで、そもそもなんでハイボールを前面に押し出すという珍しい店になったのか?

じつはこのアイディア、以前からお付き合いのあるサントリーの方から提案があったのだとか。さすがです。ハイボール普及への努力がハンパない。

さてさて、この「もくち原宿店」のある場所、以前はひなびた喫茶店でした。じつは、立ち退き予定地を特別に借りているということで、この場所での営業は年内いっぱい。その後はパワーアップした"真の原宿店"を近くにオープンする予定だそうです。

ファッションの街としてお洒落ティーン達が集まるポップな原宿も大好きなのですが、駅前にこういう大衆酒場のようなお店があると非常に癒されます。軽く一杯やりたいとき立ち寄りたい。夏だし暑いし、日暮れ前からハイボール飲みに行きたい感じです。毎日でも!

#このあと僕と入れ違いでネタフルのコグレさんと、モダシンさんがお店に行ったようです。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年7月16日 20:57

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー