link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875 link876 link877 link878 link879 link880 link881 link882 link883 link884 link885 link886 link887 link888 link889 link890 link891 link892 link893 link894 link895 link896 link897 link898 link899 link900 link901 link902 link903 link904 link905 link906 link907 link908 link909 link910 link911 link912 link913 link914 link915 link916 link917 link918 link919 link920 link921 link922 link923 link924 link925 link926 link927 link928 link929 link930 link931 link932 link933 link934 link935 link936 link937 link938 link939 link940 link941 link942 link943 link944 link945 link946 link947 link948 link949 link950 link951 link952 link953 link954 link955 link956 link957 link958
トップページ > iPhone・iPad・iPod > iPhoneかな入力にtagtype入力方式も採用できないものか

iPhoneかな入力にtagtype入力方式も採用できないものか

iPhoneのテンキーかな入力では、母音を意識させる点がいかにも英語圏的。これを五十音的な発想にできるともっと使いやすいと思う。

iPhoneでは日本のケータイ風に、テンキーを複数回押すことでかな入力できます。が、さらには以下の動画のように、十字方向に展開する各段を直接選択することも可能。

一見すると非常に便利なようでいて、とても日本語感覚からかけ離れたところにある操作法だと思います。

QWERTYキーボードなら表記上でも母音と子音が分けられているものの、ひらがな表記のキーで母音とその方向の関係性を覚えなくてはならないのは、とっつきにくい感があるかも。

だって「かな」なんて子音に母音インクルードの発明品でしょ。あれをまず子音と母音の関係で覚えた日本人ってほとんどいないでしょう。

しかも「あいうえお」の上下順は絶対だから「か行」から十字方向に展開するなんてのは邪道で、日本人の記憶の最深部に根付いている五十音表からは1万光年くらい遠いですよ。

ということで、どうしても母音と子音を意識しながら入力する必要があるにしても、より日本語的な発想はできないかと思う次第で、一昔ほど前に話題になったtagtypeなんてものはどうかなと。
site-tagtype
新型親指キーボードTagtype の開発研究(PDF)
LEADING EDGE DESIGN corp.(開発元)

これならまだ五十音表的な脳内マッピングから逸脱してない。

で、その昔、タッチスクリーンのVAIOではtagtypeを使えたようですね。
VAIO | tagtype for VAIO

まあ、そんな私はiPhoneでは最近もっぱら片手でQWERTYキーボードを親指入力していますがね(笑)

そのうちiPhone用のタイピング練習ソフトも発売されるんではないかと。

ところで、以下のようなクルクル巻ける音楽キーボードをご存知でしょうか。

コンパクトに収納、持ち運べて、しかもちゃんと演奏できるんです。

こないだ雑貨屋をうろうろしてたら、そんな発想のUSBキーボードがありました!一見するとシリコンゴムのキーボードカバーのようですが、ちゃんと打鍵できるものです。そのうえ丸めて持ち運べる。

楽天で探したら似たような製品の写真があったので、ついでにアフィリエイトリンクしておきます(笑)

で、こういう製品がiPhoneでも使えるようになれば、非常にテキスト入力しやすくなるような気がしますね。これを置ける環境や用途というのはもはや携帯端末が不要ではないかとも思えますが(笑)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年7月19日 15:06

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー