link6424 link6425 link6426 link6427 link6428 link6429 link6430 link6431 link6432 link6433 link6434 link6435 link6436 link6437 link6438 link6439 link6440 link6441 link6442 link6443 link6444 link6445 link6446 link6447 link6448 link6449 link6450 link6451 link6452 link6453 link6454 link6455 link6456 link6457 link6458 link6459 link6460 link6461 link6462 link6463 link6464 link6465 link6466 link6467 link6468 link6469 link6470 link6471 link6472 link6473 link6474 link6475 link6476 link6477 link6478 link6479 link6480 link6481 link6482 link6483 link6484 link6485 link6486 link6487 link6488 link6489 link6490 link6491 link6492 link6493 link6494 link6495 link6496 link6497 link6498 link6499 link6500 link6501 link6502 link6503 link6504 link6505 link6506 link6507 link6508 link6509 link6510 link6511 link6512 link6513 link6514 link6515 link6516 link6517 link6518 link6519 link6520 link6521 link6522 link6523 link6524 link6525 link6526 link6527 link6528 link6529 link6530 link6531 link6532 link6533 link6534 link6535 link6536 link6537 link6538 link6539 link6540 link6541 link6542 link6543 link6544 link6545 link6546 link6547 link6548 link6549 link6550 link6551 link6552 link6553 link6554 link6555 link6556 link6557 link6558
トップページ > おもちゃ・ホビー, エレクトロニクス > auコンセプトモデル「ガッキ ト ケータイ」展

auコンセプトモデル「ガッキ ト ケータイ」展

原宿のKDDIデザイニングスタジオにて、楽器とケータイを合体させるという試みのコンセプトモデル展を観てきました。

au design projectのコンセプトモデルといえば、talbyとかINFOBARなどのヒット商品を生み出してるわけですが、それらにはまったく目もくれなかったauユーザーの私ではありますが、ヤマハさんとコラボで楽器とケータイを融合させたというわけで、それは一目見ておかねばなるまいと思い、KDDIデザイニングスタジオへと足を運んだわけです。というのは嘘で、たまたま上の階のWIRED CAFEでランチしてたので、ついでに見物してみました。

ニュースサイトでは合奏なんかもやってたような記事が書かれてますが、一昨日行ったときにはほぼ全てがガラスケースの中でさわれない状態でした。唯一、折り畳みケータイ型のピアノは、実際に演奏することができました。

Key to touch
Key to touch
このサイズでちゃんと三和音が鳴りました。ってか、通信や通話の機能は未実装なので、これじゃただのピアノ玩具だし(笑)

Band in my pocket
トランペットやトロンボーンなどの管楽器やハーモニカの音が出るというもの。これならサイズや機能的にはわりと実現できそうなレベルではないでしょうか。
Band in my pocket
吹いてみたかったなぁ。着メロも自分で演奏しなきゃいけないとかなら面白いよね。着信きたらワンフレーズ吹かないと通話できないみたいな(笑)

Strings for fingers
こちらはハープのような弦楽器。ゆで玉子をスライスするときに便利そうな弦です。
Strings for fingers
イメージビデオを見た限りでは、わりと音が綺麗でしたよ。

Sticks in the air
僕のお気に入りはこちらです。たぶんひとつのケータイから二つに分離するということなんでしょうね。木製のマテリアルが良い感じです。
Sticks in the air
ドラムスティック的ですが、そうではない多彩な音が鳴ってました。

Trio in your hand
かっこいいんだけど、どうやってたたむんだろ?たためないのかな。だとしたら手裏剣として使うしかないかも。
Trio in your hand

Box to Play
もはや何かわかりません
Box to Play
しかしこの分からなさが実に秀逸な点で、もしSF映画の世界ならケータイの片鱗を残してデザインされているわけです。そうじゃなきゃ観客にケータイであることを伝えられませんからね。しかし現実世界ではコンセプトモデルとてはなからケータイとして発表されてるわけで、ケータイから大きく逸脱したデザインを採用するというのもひとつの方法としてありです。しかしぱっと見て操作方法がよくわからないのはいけませんけどね(笑)

あとケータイではありませんが、ヤマハさんということでテノリオンも展示されておりました。しかし今回もやはり操作方法がよく分からずじまい。音楽からわりと遠い菊池(誰)によれば実に直感的に演奏を楽しめるものだそうですが、

8月31日までの展示だそうです。夏休みで暇なひとは行ってみたらどうかしら?



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年7月30日 09:02

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー