link3699 link3700 link3701 link3702 link3703 link3704 link3705 link3706 link3707 link3708 link3709 link3710 link3711 link3712 link3713 link3714 link3715 link3716 link3717 link3718 link3719 link3720 link3721 link3722 link3723 link3724 link3725 link3726 link3727 link3728 link3729 link3730 link3731 link3732 link3733 link3734 link3735 link3736 link3737 link3738 link3739 link3740 link3741 link3742 link3743 link3744 link3745 link3746 link3747 link3748 link3749 link3750 link3751 link3752 link3753 link3754 link3755 link3756 link3757 link3758 link3759 link3760 link3761 link3762 link3763 link3764 link3765 link3766 link3767 link3768 link3769 link3770 link3771 link3772 link3773 link3774 link3775 link3776 link3777 link3778 link3779 link3780 link3781 link3782 link3783 link3784 link3785 link3786 link3787 link3788 link3789 link3790 link3791 link3792 link3793 link3794 link3795 link3796 link3797 link3798 link3799 link3800 link3801 link3802 link3803 link3804 link3805 link3806 link3807 link3808 link3809 link3810 link3811 link3812 link3813 link3814 link3815 link3816 link3817 link3818 link3819 link3820 link3821 link3822 link3823 link3824 link3825 link3826 link3827 link3828 link3829 link3830 link3831 link3832 link3833 link3834 link3835
トップページ > IT, Internet, 動画共有・ストリーミング > ECサイトの販促をサポートする動画配信ツール VeeShop

ECサイトの販促をサポートする動画配信ツール VeeShop

メーカーサイト、Eコマースなどで動画を使っての商品紹介と販売をサポートする配信ツール VeeShop

ここ二年ほどに渡り、日々いろんな商品のレビュー動画をまき散らしている私です。

長く続けていると、商材にもよりますが、動画を併用して商品紹介した方が圧倒的に説得力を増すというのが、生半可な体感レベルではなくちゃんと数字として見えて来ます。日本を代表するレビュアーの「WADA-blog」でも最近は動画増殖中だそうです。
WADA-blog(わだぶろぐ): 動画ブログ バックナンバー

# 負けないように僕も頑張らねばとちょっと焦ってるとこ

また、僕の好きな某メーカーのマーケティング担当さんなども、撮った動画を公開していいかどうか尋ねると、二つ返事でどうぞどうぞと効果のほどはだいたい計測済みといった印象。動くもの音が出るものはやっぱり動画が向いてますからね。

で、ビデオブロガーらが上手くそういうのを扱ってくれればラッキーですが、そんなのは他力本願。メーカーさん自身やECサイト側でも、もっと能動的に動画を配信できれば商品紹介サイトも充実するし、消費者の利便性も高くなるわけです。

そこで販促ビデオ配信ツール VeeShop
ショッピングカートや仕様詳細ページへのリンクボタンを設置しており、販売ページへの誘導やECサイト内での解説用などに使えます。以下、導入事例

たとえば学習教材とか
ショップ.学研 商品動画一覧|(株)学習研究社
教材

一粒300メートルとか
グリコネットショップ
グリコ

動画共有サービスでおなじみの、エンベッドタグをページに埋め込むだけの設置なので、複数のサイトから導線が張れます。ページ遷移せず複数の動画を再生できるので商品の比較が容易、販促ツールですからもちろん価格表示もできます。

商品の紹介動画がない場合には別途、動画コンテンツ制作のオプションも有り。僕のお小遣いでも導入できるコースから、配信規模などにあわせて5プランを用意。

お問い合わせは以下のリンク先フォームから。
PeeVee.TV お問い合わせ

どうもこのVeeShopがいい感じで売れ始めてるというわけで、久々に自社サービスの紹介でした。

【追記】日経さんほか、メディア各社さんでも記事として取り上げていただいております。
日経産業新聞とマーケジンにてVeeShopを取り上げていただきました



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年8月20日 14:27

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー