link3504 link3505 link3506 link3507 link3508 link3509 link3510 link3511 link3512 link3513 link3514 link3515 link3516 link3517 link3518 link3519 link3520 link3521 link3522 link3523 link3524 link3525 link3526 link3527 link3528 link3529 link3530 link3531 link3532 link3533 link3534 link3535 link3536 link3537 link3538 link3539 link3540 link3541 link3542 link3543 link3544 link3545 link3546 link3547 link3548 link3549 link3550 link3551 link3552 link3553 link3554 link3555 link3556 link3557 link3558 link3559 link3560 link3561 link3562 link3563 link3564 link3565 link3566 link3567 link3568 link3569 link3570 link3571 link3572 link3573 link3574 link3575 link3576 link3577 link3578 link3579 link3580 link3581 link3582 link3583 link3584 link3585 link3586 link3587 link3588 link3589 link3590 link3591 link3592 link3593 link3594 link3595 link3596 link3597 link3598 link3599 link3600 link3601 link3602 link3603 link3604 link3605 link3606 link3607 link3608 link3609 link3610 link3611 link3612 link3613 link3614 link3615 link3616 link3617 link3618 link3619 link3620 link3621 link3622 link3623 link3624 link3625 link3626 link3627 link3628 link3629 link3630 link3631 link3632 link3633 link3634 link3635 link3636 link3637 link3638 link3639 link3640 link3641 link3642 link3643 link3644 link3645 link3646 link3647 link3648 link3649
トップページ > 動画共有・ストリーミング > YouTube動画上に広告オーバーレイ InVideo広告 開始

YouTube動画上に広告オーバーレイ InVideo広告 開始

コンテンツマッチの仕組みがとても気になる。YouTube動画のプレイヤー内に、広告レイヤーを載せて配信するという試み。

以前ブレイナーも似たようなものを開発していましたが、ついに本家YouTubeから動画上にオーバレイ広告表示が始まったようです。

僕が初めて見たのは自分の動画ページにて。au by KDDIのレクタングル広告と連動したものが表示されました。
YouTube
(画像クリックにて拡大表示)

YouTube InVideo広告というものらしいです。マーケジンに記事がありました。
YouTube、動画上にオーバーレイ広告を表示する「YouTube InVideo広告」スタート

動画の下部、画面のほぼ5分の1を広告スペースとして、動画の上に半透明のかたちで表示される

で、僕がとても気になったのは、これをどのようにコンテンツマッチしているかということ。ブログのようなテキスト主体ではなく動画コンテンツなので、その中身をどう解析しているのか。

たとえば上述の動画では「au by KDDI」の広告が表示されてますが、動画のタイトルやコメント、タグなどには一切「ケータイ」というキーワードが含まれていません。しかしビジュアル的にはケータイの登場するシーンがある。

ひょっとしてGoogleがクロールした情報からも何か拾ってるんでしょうかね。この動画について書かれたブログの内容だとか。

あと、YouTube内でメタデータとして「ケータイ」と明記されている動画のほうが、確実にこの広告は表示されているようです。僕の動画のように直接的にテキストとしてそれを入力してない場合、表示される割合が低く設定されているという印象。

YouTubeの動画横にレクタングル広告が出るようになって随分と時間が経ちますが、やはり動画を観に来ているだけあって、広告にはなかなか目が向かないというのはありました。再生中の動画上に表示するのはかなり強引な方法ですが、テレビCMにも拮抗するほどのパワーを秘めているような気はします。

ちなみにブログなどへ埋め込んだ動画に関してはオーバーレイ広告は表示されないようです。あくまでYouTubeのサイト内のみ。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年8月30日 12:22

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー