link3288 link3289 link3290 link3291 link3292 link3293 link3294 link3295 link3296 link3297 link3298 link3299 link3300 link3301 link3302 link3303 link3304 link3305 link3306 link3307 link3308 link3309 link3310 link3311 link3312 link3313 link3314 link3315 link3316 link3317 link3318 link3319 link3320 link3321 link3322 link3323 link3324 link3325 link3326 link3327 link3328 link3329 link3330 link3331 link3332 link3333 link3334 link3335 link3336 link3337 link3338 link3339 link3340 link3341 link3342 link3343 link3344 link3345 link3346 link3347 link3348 link3349 link3350 link3351 link3352 link3353 link3354 link3355 link3356 link3357 link3358 link3359 link3360 link3361 link3362 link3363 link3364 link3365 link3366 link3367 link3368 link3369 link3370 link3371 link3372 link3373 link3374 link3375 link3376 link3377 link3378 link3379 link3380 link3381 link3382 link3383 link3384 link3385 link3386 link3387 link3388 link3389 link3390 link3391 link3392 link3393 link3394 link3395 link3396 link3397 link3398 link3399 link3400 link3401 link3402 link3403 link3404 link3405 link3406 link3407 link3408 link3409 link3410 link3411 link3412 link3413 link3414 link3415 link3416 link3417 link3418 link3419 link3420 link3421 link3422 link3423 link3424
トップページ > エンターテインメント > R35世代は超ウルトラ8兄弟を黙って観ろ

R35世代は超ウルトラ8兄弟を黙って観ろ

時空を超えたウルトラマン賛歌。映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を観てきた

(以下ネタバレも含みます)
子供だらけの映画館に大人独りで行くのは気がひけたのですが、勇気を出して観に行ってみたらこれが思いのほか名作で泣けました。

大決戦!超ウルトラ8兄弟
公式サイト

前作「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」では神戸が舞台でしたが、今回の映画も同じく港町である横浜が舞台。ちなみに直接の続編ではありませんが、神戸でのシーンも多々含まれているので先に観ておくといいかも。(こないだYouTubeで無料開放してたのはそういう関係かなと納得)

なんといっても、おっさん的に嬉しいのは数々のカメオ出演。メビウスTV放送に登場しなかったウルトラ俳優の方々までもが出てくる出てくる、冒頭の駄菓子屋のシーンで「おっ」と思わせ、あのナレーション名文句までもが復活でやや涙目。そして横浜市長の役には実際の現役市長である中田宏氏ご本人。あと超兄弟たちの彼女、奥さん、娘さんの配役にも注目。

さて今回の主役はV6の長野博演じるダイゴ=ウルトラマンティガ。といっても最初からヒーロー然としているのではなく、ごく普通の(むしろダメな)市役所職員。

長野博については僕と同い年で、中3のときに放送してた金八先生に出演してましたから、一緒に卒業したような意識も少しあり、その彼が我々と同じように時を経て等身大のサラリーマンを演じるというリアリティ、そしてもういちど夢と希望を取り戻すという過程に、我が事のように感情移入してしまいます。

周囲は親子連れの観客ばかりなので、おっさん独りで作品世界に没入してるのはちょっと気恥ずかしかったのですが、でもこれは僕らR35世代に向けられたメッセージなんだと思いました。そう思うしかない内容。見終わる頃には「僕もウルトラマンなんだ」と信じられます。

作品の位置付けとしては、メビウスで昭和シリーズ再定義を果たしたので、今度は平成シリーズの世界観との統合作業なのかと思ってましたら、それとも違いました。そもそもオリジナルではダイゴとアスカで10年ずれてますからね。それにウルトラマン本放送だってR35世代が生まれる前の話だし。だから本作はTVシリーズとはまた違った、全くのパラレルワールドなお話。強いて言えばミライがまだGUYSの制服を着ているので、メビウスTV版のサイドストーリー的な時間かと。

ただ、それが無理なくストーリーに結びつけられているので、なんら違和感を覚えることなく観ることが出来ました。これは富野由悠季だったら直列的な時間軸と宇宙観で黒歴史化処理してしまうところ。でも光の戦士なのでそういうことはしません。夢、希望、勇気、未来、信じる心などを媒介して、複数の時空間をうまくまとめています。

あと、ミライが絡むところはやっぱり天然ボケ要素が入っていて良いですね。「G.I.G.」のくだりとか、ジャック兄さんの呼び方とか最高です。後者はお父さん世代がウケてました。かなりのネタバレになりますが、作品世界のなかで登場人物が「新マン」と「帰マン」を呼称として口にしたのは初めてじゃないでしょうか。ちなみに「帰マン」は「きまん」ではなく「かえりまん」と言ってました。

あと公式設定に絡みそうなところでいうと、平成ウルトラマンが単に「光の国」ではなく「M78星雲」と言ったのも初ではないかと。それから、アイスラッガーが超兄弟たちの光線によって複数に分身するという技も披露。

で、最後の最後のカットにてM78星雲に向かって皆さんがワープしちゃうのですが、これがもう新スタートレックのワープシーンに瓜二つで、そこだけ観ればこれがウルトラシリーズだとは思えないほどのスタートレックっぷり。このあとエンドロールでスタートレックのメインテーマが流れるんじゃないかと思ってしまったほど(笑)

おっさんが泣きそうになるポイントは映画のそこかしこに散りばめられているのですが、昭和シリーズはわりとメビウス本放送で満足してしまっているので、今回はやはり平成三部作にまつわる諸々が感慨深かったです。僕としては、ウルトラマンガイア登場シーンの着地でおなじみの地表爆発をやってくれたこと。これがなきゃガイアじゃないからね!あ、そういえば平成3人のカラーチェンジは無かったな(だよね?)

というわけで標題の通り、おっさんは黙ってこの映画観ろ、特に平成三部作もそこそこ観ていて、メビウスは毎週ワクワクしながら観てたというおっさんなら必ず観るべし。五十嵐隼士のようなルーキーではなくて、長野博やつるの剛士といった同世代たちが、忘れていた自分を取り戻し戦う姿は涙ものだから。

あとね、ウルトラマンは今どきの子供たちのものではなくて、俺たちのものなんだよね。メビウス本編では郷愁っぽさがあっていまひとつハッキリしなかったけど、この映画でちゃんと俺的には線引きできた。俺がウルトラマンなんだ。別所哲也のULTRAMANで俺らおっさんに伝えたかったテーマはこういうことなのかなと。

もう自分的にはクローンウォーズとかポニョとかより断然名作だと思いますし、こういう良い映画を夏休みにドンと据えて上映できない日本の映画配給の仕組みというのは一体どうなっとるのかと嘆きたいです。絶対クレしんに匹敵するねこの映画。

最後にひとつツッコミ。
空自F15戦闘機が怪獣にミサイルを撃ち込むんですが、過去のウルトラ作品のように怪獣災害が存在する世界ならまだしも、今回の舞台は怪獣などはまったく馬鹿げているという世界。なのに怪獣にロックオンできる装備を持っているのはどうなのかなと。

ウルトラヒーローシリーズ2008MOVIE ウルトラマンティガ&ウルトラマンメビウス グリッターバージョン
ウルトラマン
おなじみのソフビ人形ラインナップに、映画を記念したグリッターバージョンがありました。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年9月15日 21:59

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー