link4234 link4235 link4236 link4237 link4238 link4239 link4240 link4241 link4242 link4243 link4244 link4245 link4246 link4247 link4248 link4249 link4250 link4251 link4252 link4253 link4254 link4255 link4256 link4257 link4258 link4259 link4260 link4261 link4262 link4263 link4264 link4265 link4266 link4267 link4268 link4269 link4270 link4271 link4272 link4273 link4274 link4275 link4276 link4277 link4278 link4279 link4280 link4281 link4282 link4283 link4284 link4285 link4286 link4287 link4288 link4289 link4290 link4291 link4292 link4293 link4294 link4295 link4296 link4297 link4298 link4299 link4300 link4301 link4302 link4303 link4304 link4305 link4306 link4307 link4308 link4309 link4310 link4311 link4312 link4313 link4314 link4315 link4316 link4317 link4318 link4319 link4320 link4321 link4322 link4323 link4324 link4325 link4326 link4327 link4328 link4329 link4330 link4331 link4332 link4333 link4334 link4335 link4336 link4337 link4338 link4339 link4340 link4341 link4342 link4343 link4344 link4345 link4346 link4347 link4348 link4349 link4350 link4351 link4352 link4353 link4354 link4355 link4356 link4357 link4358 link4359 link4360 link4361 link4362 link4363 link4364 link4365 link4366 link4367 link4368 link4369 link4370 link4371 link4372 link4373 link4374 link4375 link4376 link4377 link4378 link4379
トップページ > ニンテンドーDS, 雑誌・書籍 > コルグDS-10パフォーマンスガイドブック

コルグDS-10パフォーマンスガイドブック

これはイイ!翔泳社さんよりDS-10ガイド本「KORG DS-10 performance guide book」を献本いただきました。

KORG DS-10ユーザーの皆さんに素晴らしい書籍が登場です。
KORG DS-10 performance guide book
KORG DS-10 performance guide book
発売日に献本いただいてたんですが、夢中で読みふけっているうちにすっかり書評が遅くなってしまいました。

この本、オールドシンセへの並々ならぬ愛情を感じる一冊。なおかつ初心者にもやさしい。やさしすぎると言っても過言ではない。DS本体の電源投入やカートリッジ挿入から解説しているという、まさに一から始めるにはうってつけのガイドブック。僕なんかもDS-10のためにニンテンドーDS購入した口ですから、こういう心遣いは嬉しいですね。

巻頭からいきなりクライマックスで、既にメディアではおなじみとなった佐野電磁さん率いるDS-10開発陣へのロングインタビューを収録。しかもその節々にまで、DS-10を楽しむ際のヒントやティップスが散りばめられています。

プロローグもなかなか良く、DS-10がドイツで発表されたというエピソードや、名機MS-10をモチーフとしているという解説、さらにはMoogやドンカマチックなどシンセサイザー全般およびコルグという会社にまで言及しているという、単なる技術解説書にとどまらない内容。コラムに登場するYAMAHA QYシリーズなど懐かしのDTMアイテムにもニヤリとしてしまいます。

本編も丁寧で、曲作りの一連の流れに沿って、実際に使えるテクニックやなどをあげながら、ツマミやパッチングなどキモの部分まで具体的に解説。さらには、リズムパターンの打ち込み例までも収録するなど、音楽未経験者にも喜ばしいものとなっています。

また、DS-10で作成したソングを宅録するところまでしっかり解説。紹介されている機材やソフトの一式(しかし安上がりになるよう配慮されている)は、できるだけ良い音でYouTubeやニコニコ動画に公開したいというユーザーにも非常に参考になるのではと思います。

DS-10ガイドブックとしては小谷野謙一さんの「KORG DS-10公式ガイド」もありますが、あちらは位置付け的にはDS-10の有料マニュアル本といった感がありました。もちろんそれも熟読してますが、対してこちらの「コルグDS-10パフォーマンスガイドブック」はまたひと味違ったアプローチでの解説となっており、二冊合わせて読むと「気付き」の機会も増えてより一層DS-10やシンセサイザーへの理解が深まります。

実際読んでいたらいてもたってもいられず、パラメータなどを参考にしつつ二曲作ってしまいました。クリエイティビティを刺激されるというのは良いですね。
 

というわけで、DS-10と宅録DTMについて知りたいという方には非常にオススメしたい本ですし、僕のようにシンセやDTMというのに長年触れている方でも目を通しておいて損はないと思います。
KORG DS-10 performance guide book
KORG DS-10 performance guide book

KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売
KORG DS-10

ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト

こちらもあわせてどうぞ。
サクっと遊べる KORG DS-10 KORG DS-10公式ガイド
KORG DS-10公式ガイド



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2008年9月27日 14:56

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー