link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972 link3973 link3974 link3975 link3976 link3977 link3978 link3979 link3980 link3981 link3982 link3983 link3984 link3985 link3986 link3987 link3988 link3989 link3990 link3991 link3992 link3993 link3994 link3995 link3996 link3997 link3998 link3999 link4000 link4001 link4002 link4003 link4004 link4005 link4006 link4007 link4008 link4009 link4010 link4011 link4012 link4013 link4014 link4015 link4016 link4017 link4018 link4019 link4020 link4021 link4022 link4023 link4024 link4025 link4026 link4027 link4028 link4029 link4030 link4031 link4032 link4033 link4034 link4035 link4036 link4037 link4038 link4039 link4040 link4041 link4042 link4043 link4044 link4045 link4046 link4047 link4048 link4049 link4050 link4051 link4052 link4053 link4054 link4055 link4056 link4057 link4058 link4059 link4060 link4061 link4062 link4063 link4064 link4065 link4066 link4067 link4068 link4069 link4070 link4071 link4072 link4073 link4074 link4075 link4076 link4077 link4078 link4079 link4080 link4081 link4082 link4083 link4084 link4085 link4086 link4087
トップページ > 雑記 > ファーストキャビンは最強のカプセルホテルだな

drewno Rabka Zdrój, zdroj в россии

ファーストキャビンは最強のカプセルホテルだな

ゴージャスすぎるカプセルホテル。というか、もはや部屋そのもの。

えーっと先週の日曜日にですね、難波御堂筋ホールにて開催された「大阪アフィリエイト見本市2009」というのがございました。

その出演に際して、私ら東京組はファーストキャビンというまったく新しいスタイルのゴージャスすぎるカプセルホテルに泊まったのです。会場である難波御堂筋ホールの下のフロアにあり、地下から駅にも直結していて便利。
ファーストキャビン FIRST CABIN 〜カプセルホテルを超えた新しいキャビンスタイルホテル〜
難波御堂筋ホール

これです。フツーに「部屋」でしょ?
ファーストキャビン

僕にとってのカプセルホテルというのは、蜂の巣のようにカプセルユニットが連結されたビジュアルから、まるで宇宙人がクローン培養されている空間というイメージ。またはモルグ。

でもこのファーストキャビンはそういった近未来サイエンス的なカプセルではなく明らかに部屋そのもの。

なにしろ、立って入れるんだから!

ベッドに横になると、あしもとにはテレビ。32インチのSONYブラビアだそうです。
TV
カプセルホテルでこれだけ大きいサイズのテレビなんて普通ないぜ!?もちろんラジオ&目覚ましもベッド脇に装備。さすがに姿見はないですが、顔を映すくらいにはじゅうぶんなミラーもあります。

ベッドサイドにはちょっとした丸テーブルもあり、パソコンで作業することも可能。電源コンセントもあります。あとベッド下には"鍵のかかる"引出しがあります。鍵かかるのは重要。というのも、部屋の入り口はドアではなくカーテンなので、施錠できないんですね。そのへんはやはりカプセルホテルという業態による仕様でしょうかね?法律か税制上の理由でドアは設けられないとか?

というわけで向かいの部屋のひとが何やらガタゴトとうるさい場合にはダイレクトに音が漏れてきます。しかしそこはちゃんとアレですから、耳栓がご自由にお使いください状態になっております。
耳せん

貴重品の類いはフロントそばにある電子ロック式のクロークに入れておけば安心ですし、もっと大荷物を入れておけるロッカーも自由に利用できるので、外出時なども便利です。もちろんフロントでも荷物は預かってくれます。

さすがにバス・トイレは各部屋にはなくて共同ですが、それだけにお風呂などは広いです。これはビジネスホテルにはない利点ですよね。カプセルですからサウナも当然あります。おしゃれ雰囲気なラウンジもあって、そこでパソコン広げてツイッターやるのもいいですね。

その他多くのサウナ施設と同様に、男女別のフロアーになっていますので、女性の方でも安心して泊まれると思います。しかも完全に会員制の宿泊施設ということで、さらに安心感がありますね。

他に類をみないスタイルなので、ネタのひとつとして宿泊してみるというのも良いかもしれませんよ。
ファーストキャビン FIRST CABIN 〜カプセルホテルを超えた新しいキャビンスタイルホテル〜



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年10月25日 00:39

» 大阪難波は御堂筋の「ファーストキャビン」はデイユース利用に最適なのかも。 from もともこも鳴き笑い
カプセルホテルというものに泊まったことはなかったのですが、大阪見本市の前日に、FIRST CABIN(ファーストキャビン)御堂筋難波店とゆうところに宿泊… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年10月29日 06:18

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー