link0 link1 link2 link3 link4 link5 link6 link7 link8 link9 link10 link11 link12 link13 link14 link15 link16 link17 link18 link19 link20 link21 link22 link23 link24 link25 link26 link27 link28 link29 link30 link31 link32 link33 link34 link35 link36 link37 link38 link39 link40 link41 link42 link43 link44 link45 link46 link47 link48 link49 link50 link51 link52 link53 link54 link55 link56 link57 link58 link59 link60 link61 link62 link63 link64 link65 link66 link67 link68 link69 link70 link71 link72 link73 link74 link75 link76 link77 link78 link79 link80 link81 link82 link83 link84 link85 link86 link87 link88 link89 link90 link91 link92 link93 link94 link95 link96 link97 link98 link99 link100 link101 link102 link103 link104 link105 link106 link107 link108 link109 link110 link111 link112 link113 link114 link115 link116 link117 link118 link119 link120 link121 link122 link123 link124 link125 link126 link127 link128 link129 link130 link131 link132 link133 link134 link135 link136
トップページ > IT, Internet, twitter ミニブログ > ネットでの実名/匿名の問題を考えるまえに

ネットでの実名/匿名の問題を考えるまえに

だって秘書が勝手にやりました文化なんだもの。むしろ本人かどうか分かっちゃダメかもしれないじゃん。

ちょっと前から、ネットでの実名主義とか匿名とかそういう議論が活発になっているわけですが、その件について考えるまえに「乗っ取り」とか「なりすまし」「自作自演」についても考えておくべきではないかなと、ここ数日のアレの問題をみて思ったわけです。

アレというのはコレなんですけどね。
Twitter / あさお慶一郎 衆議院議員: (スタッフより)ご報告いたします。アカウントは浅尾 …
スタッフより

(スタッフより) ご報告いたします。アカウントは浅尾本人と、確認用に私が管理しています。昨晩遅く、私が居酒屋でトイレに行っている間に、一緒にいた若い友人が私のiPhoneから勝手にポストしていたことが判明しました。(続く)

「(スタッフより)」 というのは、これが浅尾氏本人ではなくボランティアのスタッフからの投稿を意味していると思われます。…か?

ほんとは誰がポストしたの?だって浅尾氏本人のユーザーアカウントでしょ?

だから「スタッフよりの伝聞で浅尾がお伝えしております」というのを略して「(スタッフより) 」としているんじゃないかという可能性。というか妄想。

そもそも本人とスタッフの2人で同一アカウントを管理していた、というか共有していたという時点で、これまでの過去の投稿もすべて浅尾氏によるものだったのかスタッフだったのか分からない状態。

さらにはスタッフがトイレに行ってるあいだに"いつも"若い友人が書き込んでいたんじゃないか、これまでのは全部そうだったんじゃないかという疑惑。というか可能性。というか妄想。

ていうか浅尾氏のアカウント自体がそもそも本人が絡んでるのかどうか。という疑念。というか妄想。

じつは僕のよく知る人物が、鳩山由紀夫の名を語ってtwitterアカウントを取得していたという実話。

そして、鳩山首相が恵比寿の居酒屋に行ったり、ツイッター本を献本されたりと、そんなこんなでいよいよ日本の総理大臣もtwitter始めちゃうのかという期待が高まったあたりで、前述の人物が取得していた鳩山由紀夫アカウントは剥奪された(ログインできなくなった)というプチ事件発生。

じつは僕のよく知る人物その2が超ひさしぶりにtwitterにログインしたら、書いたおぼえのない投稿がいくつかあったという実話。おそらくは、不正ログインによる第三者の書込み。

という色んなことが頭のなかで渦巻いて、本人なのか乗っ取りなのかなりすましなのか、それとも若い友人なのか、俺がアイツでアイツが俺で尾道で尾美としのりなのか、いったい誰が誰なのか分からない。でも、それこそがネットの現状というものではないかと。

そして本人乙とか社員乙とかいう文化も含めて、最終的にはやはり「嘘を嘘と見抜けないと難しい」というところに帰るわけです。

それでもネットでの実名を推すとなると、それこそマイノリティリポートなみに人物特定の仕組みが必要で、そうまでして使いたいWebサービスとか、そうまでして行いたい発信とか議論とか、そんなのがどれほどあるのかなと思う次第です。

たった140文字が世界を変えるとすら言われる「つぶやき」全盛の時代なのに、いちいち面倒なことしてらんないというのが私の意見です。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年10月26日 03:55

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー