link1168 link1169 link1170 link1171 link1172 link1173 link1174 link1175 link1176 link1177 link1178 link1179 link1180 link1181 link1182 link1183 link1184 link1185 link1186 link1187 link1188 link1189 link1190 link1191 link1192 link1193 link1194 link1195 link1196 link1197 link1198 link1199 link1200 link1201 link1202 link1203 link1204 link1205 link1206 link1207 link1208 link1209 link1210 link1211 link1212 link1213 link1214 link1215 link1216 link1217 link1218 link1219 link1220 link1221 link1222 link1223 link1224 link1225 link1226 link1227 link1228 link1229 link1230 link1231 link1232 link1233 link1234 link1235 link1236 link1237 link1238 link1239 link1240 link1241 link1242 link1243 link1244 link1245 link1246 link1247 link1248 link1249 link1250 link1251 link1252 link1253 link1254 link1255 link1256 link1257 link1258 link1259 link1260 link1261 link1262 link1263 link1264 link1265 link1266 link1267 link1268 link1269 link1270 link1271 link1272 link1273 link1274 link1275 link1276 link1277 link1278 link1279 link1280 link1281 link1282 link1283 link1284 link1285 link1286 link1287 link1288 link1289 link1290 link1291 link1292 link1293 link1294 link1295 link1296 link1297 link1298 link1299 link1300 link1301 link1302 link1303 link1304 link1305 link1306 link1307 link1308 link1309 link1310 link1311 link1312 link1313
トップページ > IT, Internet > 続・なぜtumblr使わないか分かった

続・なぜtumblr使わないか分かった

これはとても興味深いな

ひとつ前のエントリで「なぜtumblr使わないか分かった」と書いたら、こういう展開になってた。

:: H & A :: tumblr — webdog — なぜtumblr使わないか分かった

この言葉を教えてあげたい。

どういう言葉を教えられたかというと、

なんかよくわからん「なにか」を発見するために、これほどの大量の post を浴びてるんでしょ。

というもの。

ここで「なるほど」となってreblogするもよし「ふーん」とスルーしてもよしなんだが、残念なことに「教えてあげたい」と言われる以前にこれ読んでた。完全に既読。

ミニブログとしてもブックマークのツールとしてもtumblrは使わないという話をしたまでであって、ひとのポストしたものは嫌でも目に入ってくるわけです。大量のポストを浴びるということ自体はいまさら普通。

で、この残念な既視感というのは他にもいろいろある。

たとえばラフォーレ原宿の広告が視力検査の「C」の表になったときに、その面白い表現を写真におさめてtumblrにポストしたひとがいました(URL失念)。

たしかに面白いのでこの発見は皆に知らせたくなるわけですが、既に日常風景のひとこまになってた僕にはあえてtumblrでどうこうするという意欲もないわけです。

それはあくまで一例なんですけども、そういうのが重なってくると、やっぱりできるだけ現場にいないといけないと思うわけで、現場にいられないならなるべく情報の上流にあるものへ自然とすり寄っていくんですよね。

それで前のエントリーの「劣化コピーしか置いてないし遅いし」と書いたわけです。さらには得たいものがあるなら現場に行くのが基本なので、じゃあそれを仕掛けてるひととメシでも食いに行ったほうがよほど沢山得られるものがあるわけで、そういう意味で、いしたにさんはいつもバランス感覚いいよなと映るわけです。というのが前のエントリーで書いてたこと。

アド街ック天国でいうと、その街のあれこれを日常的に体感してるひとがいて、そういうとこからの推薦などをテレビ番組に落としこむ人がいて、放送の翌日にお店に並ぶ新参者がいるわけです。この立ち位置が明確でないままフラットに見えてるのがtumblrのノイズの多さになってるなと思う次第です。

あと原宿界隈の既視感で思い出した件でいうと、九州在住の某氏がコンドマニアのお店の動画をmixi日記にアップしてたことがありました。『子供がたくさん通ってるのにコンドーム屋なんてスゲー』みたいなコメントだったような気がする。まあ15年も前からそうなんですけどねという。

そのへんはまあ旅行先で発見したギャップみたいなもんで、南極の氷スゲーとか深海の生物スゲーとかいう感覚と同じですかね。そういうのを現場ではなくtumblrで発見してreblogしていくと何か有益なアウトプットにつながるかというと、さてどうかなという疑問。現場情報にプラスオンされる装飾としてはいいかもしれませんし、発想の起点とするにもいいかもしれませんけどね。じゃあさらにフィルタリングしてもらったGIGAZINEやザイーガ読んでるだけで済みそうな気もする。

まあでもこの手の話題は20年くらい前の「打ち込み音楽のライヴって意味あんの?」に似たようなもんだけどね(笑)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年11月28日 10:48

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー