link1781 link1782 link1783 link1784 link1785 link1786 link1787 link1788 link1789 link1790 link1791 link1792 link1793 link1794 link1795 link1796 link1797 link1798 link1799 link1800 link1801 link1802 link1803 link1804 link1805 link1806 link1807 link1808 link1809 link1810 link1811 link1812 link1813 link1814 link1815 link1816 link1817 link1818 link1819 link1820 link1821 link1822 link1823 link1824 link1825 link1826 link1827 link1828 link1829 link1830 link1831 link1832 link1833 link1834 link1835 link1836 link1837 link1838 link1839 link1840 link1841 link1842 link1843 link1844 link1845 link1846 link1847 link1848 link1849 link1850 link1851 link1852 link1853 link1854 link1855 link1856 link1857 link1858 link1859 link1860 link1861 link1862 link1863 link1864 link1865 link1866 link1867 link1868 link1869 link1870 link1871 link1872 link1873 link1874 link1875 link1876 link1877 link1878 link1879 link1880 link1881 link1882 link1883 link1884 link1885 link1886 link1887 link1888 link1889 link1890 link1891 link1892 link1893 link1894 link1895 link1896 link1897 link1898 link1899 link1900 link1901 link1902 link1903 link1904 link1905 link1906 link1907 link1908 link1909 link1910 link1911 link1912 link1913 link1914 link1915 link1916 link1917
トップページ > Art, 社会・国際・政経 > 1970年大阪万博の軌跡 @国立博物館に行ってきた

1970年大阪万博の軌跡 @国立博物館に行ってきた

国家的イベントEXPO '70が残したもの、残っているもの。今も生きつづける大阪万博のDNA、伝説の時空へタイムスリップ

今も語り継がれるEXPO '70こと日本万国博覧会(大阪万博)。

上野の国立科学博物館で開催されている特別展「1970年 大阪万博の軌跡」をみてきました。
チケット

キャッチコピーが最高なんだよ。
『いま再び、1970年の未来へ。』

会場に入るといきなり当時のユニフォームがお出迎えで、何属性か知らないけどテンションが一気に上がります。
ホステスユニフォーム

いきなり来た!三洋の全身全自動バス。これが見たかったんです。
全自動バス
宇宙的ともいえるレトロフューチャーなカプセルだけど、これお風呂なんですよ。頭は洗えないけど。

こちらはリニアモーターカーの模型
リニアモーターカー

外観はともかく、窓から座席などの内装が見えるのはウレシイ。
リニアモーターカー
ほほう、天窓もあったのか。ゴージャスだ
リニアモーターカー

そしてこちらは目玉アイテム、月の石です。万博といえばこれです。
月の石

太陽の塔って当時はこうなってたんですね!という精巧なジオラマ。
太陽の塔ジオラマ

で、万博展といえば岡本太郎展でもあるわけです。
手の椅子
顔

各パビリオンの記念スタンプを押せるコーナーもありました。
スタンプ

最後にタイアップ的なアレで「ともだち」がいました。
ともだち

1970年というともう40年近くも前になるわけですが、EXPO'70でデザインされた未来はまったく古くなっていないですよね。それどころか、様式化して時代に固定された部分を除けば、今に至るまで我々がずっと持ち続けている未来像そのものが存在しています。

それこそ今回の展示のテーマにもなっている「EXPO'ING 今も生きつづける大阪万博のDNA」です。

三洋のコーナーでは万博に出展したコンセプトモデルと、そのDNAを受け継いでいる現在販売中の製品を並べて展示してありました。現在の製品を持ち出すのは宣伝の意味合いも多少あるでしょうが、それでもテーマをよく表しているものでした。そういえば三洋は松下と並んで万博会場にもっとも近い家電メーカーですよね。

それともうひとつ、巨大すぎて撮り切れなかったので写真はここに掲載していませんが、あからさまに原爆を表現している痛々しいタペストリーが印象的でした。

先のリニアモーターカーの写真と現行新幹線を比較しても分かりますが、そういった現代にも通じるヴィジョンを強烈に提示しながらも、まだ「戦後」を感じさせるイベントなのです。

終戦から万博までは25年経っています。
いわゆる四半世紀ですからずいぶんと経過しているように思えますが、その万博から今日まではさらに長く、39年もの歳月が過ぎているのですね。今日の我々が知る万博よりも、万博当時の人々に刻み込まれた「戦争」のほうがより近い過去の記憶ということになります。

万博当時は生まれてもいなかったのでその時代の空気がどのようなものかは全く知りません。しかし万博開催が東京オリンピックと並んで、戦後復興そして経済発展のひとつのマイルストーンであったことが、そのタペストリーからも薄らとながら感じられました。

また、そういったリスタートから頂点に駆け昇るまでの雰囲気を知っておくことは、「失われた10年」と「さらに失われるかもしれない10年」の境界に立つ現在の我々にとって良い刺激になると思います。

特別展:「1970年大阪万博の軌跡」
2009年1月22日(木)?2月8日(日) 16日間
午前9時?午後5時(金曜日は午後8時まで)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年1月25日 01:19

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー