link6028 link6029 link6030 link6031 link6032 link6033 link6034 link6035 link6036 link6037 link6038 link6039 link6040 link6041 link6042 link6043 link6044 link6045 link6046 link6047 link6048 link6049 link6050 link6051 link6052 link6053 link6054 link6055 link6056 link6057 link6058 link6059 link6060 link6061 link6062 link6063 link6064 link6065 link6066 link6067 link6068 link6069 link6070 link6071 link6072 link6073 link6074 link6075 link6076 link6077 link6078 link6079 link6080 link6081 link6082 link6083 link6084 link6085 link6086 link6087 link6088 link6089 link6090 link6091 link6092 link6093 link6094 link6095 link6096 link6097 link6098 link6099 link6100 link6101 link6102 link6103 link6104 link6105 link6106 link6107 link6108 link6109 link6110 link6111 link6112 link6113 link6114 link6115 link6116 link6117 link6118 link6119 link6120 link6121 link6122 link6123 link6124 link6125 link6126 link6127 link6128 link6129 link6130 link6131 link6132 link6133 link6134 link6135 link6136 link6137 link6138 link6139 link6140 link6141 link6142 link6143 link6144 link6145 link6146 link6147 link6148 link6149 link6150 link6151 link6152 link6153 link6154 link6155 link6156 link6157 link6158 link6159 link6160 link6161 link6162 link6163 link6164
トップページ > エンターテインメント > 幻のa-ha「Take on me」1stバージョン動画

capsa susun

幻のa-ha「Take on me」1stバージョン動画

あの名曲「Take on me(テイクオンミー)」の原曲。a-ha(アーハ)の母国ノルウェーで3位になった、ファーストバージョンの「Take on me」

80年代を代表する1曲をあげろと言われたら、まず間違いなく上位になると思われる曲がa-haのデビュー曲「Take on me(テイクオンミー)」

あのイントロが弾きたくて僕もシンセ買った口ですが、なんとあの名曲、世界的ヒットを記録する以前に別のアレンジでリリースされてたんですね。

トニー・マンスフィールドのプロデュースによる1stバージョン。1984年リリース

母国ノルウェーで3位だったものの、世界的には泣かず飛ばずだったそうです。(聴けばなんとなく理由がわかりますねw)

手描きアニメ風のあのビデオクリップともまた違った、いかにも80sテイストのプロモ。「パンツ1000円」の空耳は健在。

で、やっぱり80sですからこちらも12インチバージョンが存在してるわけです。

(映像は別物)

そしてこれ、ノルウェーのTVショーかと思われますが、貴重な1stバージョン演奏動画。ていうか演奏してないだろこれ、みたいな。モートンの衣装が今見ると今風だ。

それにしてもこの80s特有のキモいステップ踏むのは何なんですかね。ピートバーンズとかヒムロックとかもこんなだったよね。

この翌年の1985年にアラン・ターニーによるリアレンジ版の「Take on me」がリリースされて世界的大ヒットに至るわけです。それは皆さんご存知の通り。

最後におまけですが、わりと近年のものと思われるライヴ映像。あの魅惑のファルセットヴォイスも歳とると厳しいみたいね。アクセルローズほどひどくはないけど。

ところで「Take on me」に続くシングル曲だった「The sun always shine on TV(邦題:シャインオンTV)」ですが、近年のライヴバージョンが非常に良いです。以下、ドイツのTV収録版映像

ポールのギターが前面に出てます、ラフながらも力強くなったボーカルも印象的だし、キーボードも存在感増しましたね。つまり3人の個性をより際立たせてる。いい、これはいい。

このクラブ隠し撮り風のモスクワでのライブ映像も良い

ということで、ひさびさに80sな話題をやってみました。ま、あれは人類の黄金期だったからね、また80sネタは遠慮せずやっていこう。

Amazonで「a-ha」をしらべる
Hunting High and Low
Hunting High and Low



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年2月 6日 22:49

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー