link2192 link2193 link2194 link2195 link2196 link2197 link2198 link2199 link2200 link2201 link2202 link2203 link2204 link2205 link2206 link2207 link2208 link2209 link2210 link2211 link2212 link2213 link2214 link2215 link2216 link2217 link2218 link2219 link2220 link2221 link2222 link2223 link2224 link2225 link2226 link2227 link2228 link2229 link2230 link2231 link2232 link2233 link2234 link2235 link2236 link2237 link2238 link2239 link2240 link2241 link2242 link2243 link2244 link2245 link2246 link2247 link2248 link2249 link2250 link2251 link2252 link2253 link2254 link2255 link2256 link2257 link2258 link2259 link2260 link2261 link2262 link2263 link2264 link2265 link2266 link2267 link2268 link2269 link2270 link2271 link2272 link2273 link2274 link2275 link2276 link2277 link2278 link2279 link2280 link2281 link2282 link2283 link2284 link2285 link2286 link2287 link2288 link2289 link2290 link2291 link2292 link2293 link2294 link2295 link2296 link2297 link2298 link2299 link2300 link2301 link2302 link2303 link2304 link2305 link2306 link2307 link2308 link2309 link2310 link2311 link2312 link2313 link2314 link2315 link2316 link2317 link2318 link2319 link2320 link2321 link2322 link2323 link2324 link2325 link2326 link2327 link2328
トップページ > エンターテインメント > ミュージック・オブ・クラフトワーク 8-ビット・オペレーターズ

ミュージック・オブ・クラフトワーク 8-ビット・オペレーターズ

テクノポップの始祖、クラフトワーク(KRAFTWERK)の名曲をチップチューン化したアルバム「THE MUSIC OF KRAFTWERK 8-Bit Operators」

こないだ「クラフトワーク公認のチップチューンカヴァーアルバム発売」ということで紹介したCDを聴いてみました。
ミュージック・オブ・クラフトワーク 8-ビット・オペレーターズ
ミュージック・オブ・クラフトワーク

悪くはないんですが、率直に言って「うーん」という感じがあるのは否めません。

僕ら日本人てニンテンドー文化そのものに近すぎる距離にいますし、最近じゃ初音ミクに始まるボーカロイドの流行とか「KORG DS-10」ブームだとかで、この手のものに関しては耳が肥えすぎてると思います。

だからこういうアメリカ人が多く参加するようなアルバムはまたちょっと違った方向なのかなと。

YMCKなんか聴いても思うんですが、日本人というのはニンテンドー縛りがあるんですよね。8ビット文化と密接に関わる「ゲーム性」から逸脱しないようになってるのかな。Saitoneさんなんかもそうかも。と改めて感じました。

あと、初音ミクの話が先に出たように、ボーカルが熱すぎるのはいくないですね。人間性とか排除してしまいたいほどなのに、明らかに人間味があるというのはどうもいただけない。Text to Speechでもいいじゃないって思える日本人の感性ってすごく進歩してると思います。YMCKなんかはよく分かってるというか、一部の渋谷系からの流れもそうですよね。

ミュージック・オブ・クラフトワーク 8-ビット・オペレーターズ
ミュージック・オブ・クラフトワーク

こちらは洋盤
THE MUSIC OF KRAFTWERK 8-Bit Operators
8-Bit Operators



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年2月15日 16:46

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー