link2055 link2056 link2057 link2058 link2059 link2060 link2061 link2062 link2063 link2064 link2065 link2066 link2067 link2068 link2069 link2070 link2071 link2072 link2073 link2074 link2075 link2076 link2077 link2078 link2079 link2080 link2081 link2082 link2083 link2084 link2085 link2086 link2087 link2088 link2089 link2090 link2091 link2092 link2093 link2094 link2095 link2096 link2097 link2098 link2099 link2100 link2101 link2102 link2103 link2104 link2105 link2106 link2107 link2108 link2109 link2110 link2111 link2112 link2113 link2114 link2115 link2116 link2117 link2118 link2119 link2120 link2121 link2122 link2123 link2124 link2125 link2126 link2127 link2128 link2129 link2130 link2131 link2132 link2133 link2134 link2135 link2136 link2137 link2138 link2139 link2140 link2141 link2142 link2143 link2144 link2145 link2146 link2147 link2148 link2149 link2150 link2151 link2152 link2153 link2154 link2155 link2156 link2157 link2158 link2159 link2160 link2161 link2162 link2163 link2164 link2165 link2166 link2167 link2168 link2169 link2170 link2171 link2172 link2173 link2174 link2175 link2176 link2177 link2178 link2179 link2180 link2181 link2182 link2183 link2184 link2185 link2186 link2187 link2188 link2189 link2190 link2191
トップページ > 社会・国際・政経 > 地デジ化が完了したらバラエティ番組の字幕は消すべき

地デジ化が完了したらバラエティ番組の字幕は消すべき

お笑い芸人をはじめテレビタレントの技量を一気に低下させたあの忌わしきなぞりテロップ。すべての視聴環境で地デジ化が整った暁には、字幕機能のほうに吸収合併してもらいたい。

ついにうちのボロマンションにも地デジ工事がやってくる。
地デジ工事
しかし、うちにテレビはないので、工事されても動作確認のしようがないのだがなぁ…

つくづく思うんだけど、にっぽんの地デジ化にいちばん貢献してるのは、放送局でも家電メーカーでも行政でも鹿キャラでももちろん草なぎクンでもなくて、J:COM (ジェイコム)なんじゃないかな。

CATVなんで厳密には地上波デジタル放送とは言わないのだろうけど、いわゆる地デジの受信可能世帯を増やすという点では、とても大きな成果をあげてると思う。

さて、地デジ対応テレビではアナログと違い、すべての受信機が字幕放送に対応しているらしい。

というわけで、バラエティ番組やお笑い番組などの、なぞりテロップを入れて無理やりウケを良くするような方向に持っていくのは今後やめたらどうだろう?アナログ地上波終了のタイミングでそうすれば、聴覚障害をもつ視聴者にも影響は少ないはず。

なぞりテロップは芸人やタレントたちのスキルをかなり低下させたように思う。

望遠ズームレンズの登場が映画のカメラワークの質を落としたとか、空対空ミサイルの登場がドッグファイトの技術を失わせたとか、新しい手法やテクノロジーが「基本」を忘れさせることは多々ある。いまは「編集でなんとかする」という舞台芸人だったらあり得ないようなテレビという仕組みが作り出す笑いになってしまっている。

テレビがつまらなくなったと言われる一因には、面白くないものを無理に面白く見せようとして、やっぱり面白くなかったというのがあるんじゃないだろうか。

もういちどスキルアップのためにあのテロップをやめてみるといい。出演者だけでなく作り手のスキルアップの意味も含め。

そもそもフリートーク主体のダラ録りもどうかというのはあるし、そこに滑舌の悪いろくに喋りも練習してないタレントを投下するのもどうかしてる。
そういう程度の低いのはインターネットでやっとけよ!マジで。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年5月10日 23:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー