link2603 link2604 link2605 link2606 link2607 link2608 link2609 link2610 link2611 link2612 link2613 link2614 link2615 link2616 link2617 link2618 link2619 link2620 link2621 link2622 link2623 link2624 link2625 link2626 link2627 link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739
トップページ > IT, Internet > 【PR】地方ブロガーなのに東京偏重の考えはもったいない

【PR】地方ブロガーなのに東京偏重の考えはもったいない

中央集権型メディアから完全にフリーでいられるはずのWebだから、地方でブログをやっているということはメリットがたくさんあるはず。

PR下手な富山県出身の僕なんかから見れば、北海道なんて日本一ブランディングに成功した地方ですから、本当にうらやましくて仕方がないのですけどね。
地方のブロガーというコンプレックスを打開する方法を模索*ホームページを作る人のネタ帳

私が賛同しているアジャイルメディア・ネットワークでも、マーケティング勉強会や、各種セミナー、イベントなどを行っていますが、ことごとく東京です。

まだ東京でしかやってない、という風にとらえたらどうでしょうね。もしかしたらAMNの規模的に「まだ東京でしかできない」とか。

だったら上手く動けば、北海道を拠点に東日本全域を制覇するくらいはできそうです。

例えば情報交換の場でもいいし、アジャイルメディアネットワークのお力を借りて、ブログ勉強会みたいなカリキュラムをそのまま北海道でもやっちゃうとか。

東京の有名な人を呼んでくれば何とかなるという「七人の侍」幻想は捨てて、やはり早急に北海道だけでも足場を固めておくと吉では?東京から参入しようとする者に胸を貸すくらいでないと搾取されてお終いです。いわゆる「東京」というのは消費欲求のモンスターみたいなものですから。

AMNの看板になっているアルファブロガーというスターシステムも、いまにして思えば(結果的であれ)一大広告ネットワークを築くためのトックンによる策謀だったわけで、(地方発ブログネットワークとしては)あえてそこに乗るメリットが見当たりません。

以前、地域SNSを運営されてる方と会ったことがあります。

その方は東北のとある地域SNSの主宰でした。しかしそれだけにとどまらず、自らの地域SNS運営ノウハウを活かして、OpenPNEのホスティングからSNS運営のコンサルまでやってました。近隣地区だけにかぎらず、全国各地の地域SNSが対象です。顧客となる運営母体も民間、三セク、自治体とさまざま。

東京がmixiだモバゲーだとやってる間に、完全に東京をすっ飛ばして国取り合戦の勝者になっていたというわけです。

そういえば、かのキューティマスコットもクリムゾンルームもそして初音ミクも北海道から出てきたわけですから、ことWebやITという分野では東京に地の利など無いに等しいのではないかと思うのです。

東京に何かあるとすれば、恐ろしいスピードで大量消費してくれるモンスターがいるということで、エサを(飽きられないように時おり味をかえつつ)離れたところから投げてやるのが一番良いのではないでしょうか。間違っても自分が食われてしまわないように。

では最後にあの名文句で締めたいと思います。
日本のブログは、もっともっと面白くなります。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年5月31日 06:54

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー