link1507 link1508 link1509 link1510 link1511 link1512 link1513 link1514 link1515 link1516 link1517 link1518 link1519 link1520 link1521 link1522 link1523 link1524 link1525 link1526 link1527 link1528 link1529 link1530 link1531 link1532 link1533 link1534 link1535 link1536 link1537 link1538 link1539 link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605 link1606 link1607 link1608 link1609 link1610 link1611 link1612 link1613 link1614 link1615 link1616 link1617 link1618 link1619 link1620 link1621 link1622 link1623 link1624 link1625 link1626 link1627 link1628 link1629 link1630 link1631 link1632 link1633 link1634 link1635 link1636 link1637 link1638 link1639 link1640 link1641 link1642 link1643
トップページ > Handycam, Xacti, エレクトロニクス, デジタル一眼 > あのステディカムが個人の趣味レベルで購入できる価格に

あのステディカムが個人の趣味レベルで購入できる価格に

手ブレなし、独特の浮遊感カメラワークを生むあのステディカムが、なんと3万円程度で買える時代になっていた。

いつのまにか、ホビーユースでも購入できる価格設定にまでなっていたとは驚きです。
ステディカム ES_PRO AICA for 400g ~ 2.9kgカメラ

ステディカムといえば、ビデオカメラ好きや自主制作映画などをやってる人間にとっては憧れの機材。スタンリー・キューブリックの映画「シャイニング」など独特の浮遊感と手ブレしない安定感はいつの時代もアマチュアカメラマン垂涎の的。

しかしあまりに高価で高嶺の花でしかなかったステディカム。それが各タイプなんと3万円前後で買えてしまうのだから、すごい時代になったものです。詳細は以下のリンクから。
Amazon.co.jp: ステディカム — 家電&カメラ

まずは200グラムから900グラムまでのカメラに対応の「ES PRO ミニ」価格は驚きの2万円台中盤(!)
ステディカム ES_PRO ミニ 対応/200g~900g HDVカメラ
ステディカム ES_PRO ミニ
小型ハンディカムや Xacti など多くの家庭用ビデオカメラはこれに当てはまりますかね。見た目もなかなかグッド。日常のスナップビオデオを活かしたカメラワークで残したい方には良いでしょうね。

そして少し大きなミディは、さらに重たいカメラにまで対応。積載重量200グラム〜1.5kgということは、Xactiなどから民生用ハイエンド機SONY HDR-FX7あたりまで対応してしまうということですよね?すごい
汎用型ステディカム ES_PRO ミディ 対応/200g~1.5kgHDVカメラ
汎用型ステディカム ES_PRO ミディ
じゃあこれひとつ買えば、ほとんどのアマチュアビデオカメラマンには事足りるというわけですね。いやアマチュアというか最近は取材カメラもそういう類いだから、このクラスのニーズは非常に高そう。

さらに大きいカメラに対応したのが「スタンダード」というクラス。ここまで行くとプロ/セミプロ向けですね。でも安い。
ステディカム ES_PRO スタンダード 対応/1.5kg~2.9kgHDVカメラ
ステディカム ES_PRO スタンダード

ほかにも色々なタイプで低価格ステディカムがありました。
ステディカム ES_PRO ライト・ミニ (軽量型) for 200g~1200gHDVカメラ
ステディカム ES_PRO AICA for 400g ~ 2.9kgカメラ
Amazon.co.jp: ステディカム — 家電&カメラ

でも可搬性を考えると、スタイライズ効果のほどは譲歩しても、僕のオススメのこちらはとても良いと思います。特にXactiなんかにはうってつけですよね。
Manfrotto マルチカメラスタビライザー 585 Modosteady
Manfrotto マルチカメラスタビライザー 585 Modosteady

以下の動画で4:3画面になっている箇所が、Manfrotto マルチカメラスタビライザーを使用して撮影した箇所です。ご参考まで。

折り畳めるし、肩あてにも変形するし、とても重宝しています。
Manfrotto マルチカメラスタビライザー 585 Modosteady
585 Modosteady



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年6月22日 22:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー