link3796 link3797 link3798 link3799 link3800 link3801 link3802 link3803 link3804 link3805 link3806 link3807 link3808 link3809 link3810 link3811 link3812 link3813 link3814 link3815 link3816 link3817 link3818 link3819 link3820 link3821 link3822 link3823 link3824 link3825 link3826 link3827 link3828 link3829 link3830 link3831 link3832 link3833 link3834 link3835 link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941
トップページ > Handycam, Xacti, エレクトロニクス, デジタル一眼 > あのステディカムが個人の趣味レベルで購入できる価格に

あのステディカムが個人の趣味レベルで購入できる価格に

手ブレなし、独特の浮遊感カメラワークを生むあのステディカムが、なんと3万円程度で買える時代になっていた。

いつのまにか、ホビーユースでも購入できる価格設定にまでなっていたとは驚きです。
ステディカム ES_PRO AICA for 400g ~ 2.9kgカメラ

ステディカムといえば、ビデオカメラ好きや自主制作映画などをやってる人間にとっては憧れの機材。スタンリー・キューブリックの映画「シャイニング」など独特の浮遊感と手ブレしない安定感はいつの時代もアマチュアカメラマン垂涎の的。

しかしあまりに高価で高嶺の花でしかなかったステディカム。それが各タイプなんと3万円前後で買えてしまうのだから、すごい時代になったものです。詳細は以下のリンクから。
▼Amazon.co.jp: ステディカム — 家電&カメラ

まずは200グラムから900グラムまでのカメラに対応の「ES PRO ミニ」価格は驚きの2万円台中盤(!)
▼ステディカム ES_PRO ミニ 対応/200g~900g HDVカメラ
ステディカム ES_PRO ミニ
小型ハンディカムや Xacti など多くの家庭用ビデオカメラはこれに当てはまりますかね。見た目もなかなかグッド。日常のスナップビオデオを活かしたカメラワークで残したい方には良いでしょうね。

そして少し大きなミディは、さらに重たいカメラにまで対応。積載重量200グラム〜1.5kgということは、Xactiなどから民生用ハイエンド機SONY HDR-FX7あたりまで対応してしまうということですよね?すごい
▼汎用型ステディカム ES_PRO ミディ 対応/200g~1.5kgHDVカメラ
汎用型ステディカム ES_PRO ミディ
じゃあこれひとつ買えば、ほとんどのアマチュアビデオカメラマンには事足りるというわけですね。いやアマチュアというか最近は取材カメラもそういう類いだから、このクラスのニーズは非常に高そう。

さらに大きいカメラに対応したのが「スタンダード」というクラス。ここまで行くとプロ/セミプロ向けですね。でも安い。
▼ステディカム ES_PRO スタンダード 対応/1.5kg~2.9kgHDVカメラ
ステディカム ES_PRO スタンダード

ほかにも色々なタイプで低価格ステディカムがありました。
▼ステディカム ES_PRO ライト・ミニ (軽量型) for 200g~1200gHDVカメラ
▼ステディカム ES_PRO AICA for 400g ~ 2.9kgカメラ
▼Amazon.co.jp: ステディカム — 家電&カメラ

でも可搬性を考えると、スタイライズ効果のほどは譲歩しても、僕のオススメのこちらはとても良いと思います。特にXactiなんかにはうってつけですよね。
▼Manfrotto マルチカメラスタビライザー 585 Modosteady
Manfrotto マルチカメラスタビライザー 585 Modosteady

以下の動画で4:3画面になっている箇所が、Manfrotto マルチカメラスタビライザーを使用して撮影した箇所です。ご参考まで。

折り畳めるし、肩あてにも変形するし、とても重宝しています。
▼Manfrotto マルチカメラスタビライザー 585 Modosteady
585 Modosteady



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年6月22日 22:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー