link1918 link1919 link1920 link1921 link1922 link1923 link1924 link1925 link1926 link1927 link1928 link1929 link1930 link1931 link1932 link1933 link1934 link1935 link1936 link1937 link1938 link1939 link1940 link1941 link1942 link1943 link1944 link1945 link1946 link1947 link1948 link1949 link1950 link1951 link1952 link1953 link1954 link1955 link1956 link1957 link1958 link1959 link1960 link1961 link1962 link1963 link1964 link1965 link1966 link1967 link1968 link1969 link1970 link1971 link1972 link1973 link1974 link1975 link1976 link1977 link1978 link1979 link1980 link1981 link1982 link1983 link1984 link1985 link1986 link1987 link1988 link1989 link1990 link1991 link1992 link1993 link1994 link1995 link1996 link1997 link1998 link1999 link2000 link2001 link2002 link2003 link2004 link2005 link2006 link2007 link2008 link2009 link2010 link2011 link2012 link2013 link2014 link2015 link2016 link2017 link2018 link2019 link2020 link2021 link2022 link2023 link2024 link2025 link2026 link2027 link2028 link2029 link2030 link2031 link2032 link2033 link2034 link2035 link2036 link2037 link2038 link2039 link2040 link2041 link2042 link2043 link2044 link2045 link2046 link2047 link2048 link2049 link2050 link2051 link2052 link2053 link2054
トップページ > IT, Internet, twitter ミニブログ > ダダ漏れがテレビ放送を超えた記念すべき日

ダダ漏れがテレビ放送を超えた記念すべき日

2009年6月25日 iPhone 3GS 発売前日の模様をもっともリアルに伝え、もっとも我々を熱狂させたのはテレビではなく、そらのたんがUstreamでライブストリーミングする動画だった

WBCの決勝戦もサッカーワールドカップの予選も、皆さんさぞ熱狂したことでしょう。

でも昨日の iPhone 3GS 発売前日の盛り上がりだって、勝るとも劣らないものでした。

いや実際には現場に行ってないので盛り上がったかどうかは知りませんが、すくなくともUstreamのライヴストリーミングで観ていた方々は、異様な熱狂だったと感じています。

渦中でそのストリーミング配信を行い続けたのが、決断ポトフ そらのたん(DD2/ダダ漏れ2号)

テレビが絶対に伝えられないであろう内容と臨場感に魅入ってしまい、すぐ近所のオフィスにいながらも、パソコン画面の前から離れることができませんでした。

本当はiPhone 3G S 発売記念前夜祭に行くつもりだったのですが、僕が感じたかったのは「お祭り」の熱狂。そしてそれは、そらのたんのライヴストリーミングで既に十分に感じられました。

いやむしろ、10人程度の行列ができはじめた辺りの時点では、現場よりもむしろネットでの盛り上がりの方が強かったんじゃないかと思います。

twitterとの併用で、ニコニコ動画の参加感覚を生でやっているようなものです。現場に行くまえにパソコン前に縛り付けられてしまうのも無理はありません。「あとで行く」とコメントしながらも、仕事が長引いたこともあり結局イベント不参加。それでもストリーミング動画を観ていただけで大きな高揚感を得られました。

さて、これを書いてる今、もうすぐiPhone 3GSの販売が開始されるころです。

仕事を終えて深夜3時くらいに表参道ソフトバンクをちらっと通りがかったときは、マスコミの陣取りも終わってテレビの撮影準備万端といった風景でした。

でも、こう言っては悪いですけど、そらのたんが伝えたことに比べれば、彼らの伝えられることなんて哀しいほど小さなものだと思います。

そらのたんありがとう、おかげさまで、ダダ漏れがテレビを超えた瞬間を体験できました。

ところで深夜3時の表参道にて、ダダ漏れ1号(DD1)ことトミモトリエとばったり出会いました。なんと彼女はそこで、そらのたんを待っていると!

しばらくして、前夜祭会場からそらのたんがやって来ました。偶然にもDD1とDD2が揃う場面に出会したという幸運。

ちょっと立ち話をして後、トミモトはテレビ局の仕事(めざましテレビ見切れ)のために去り、そらのたんはiPhone前夜祭の会場へストリーミング再開のために戻って行きました。

2人のダダ漏れ、ふたつの道。なんだか運命的なものを思わせる不思議な光景だなと感じ、こうしてブログに残した次第です。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年6月26日 04:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー