link4234 link4235 link4236 link4237 link4238 link4239 link4240 link4241 link4242 link4243 link4244 link4245 link4246 link4247 link4248 link4249 link4250 link4251 link4252 link4253 link4254 link4255 link4256 link4257 link4258 link4259 link4260 link4261 link4262 link4263 link4264 link4265 link4266 link4267 link4268 link4269 link4270 link4271 link4272 link4273 link4274 link4275 link4276 link4277 link4278 link4279 link4280 link4281 link4282 link4283 link4284 link4285 link4286 link4287 link4288 link4289 link4290 link4291 link4292 link4293 link4294 link4295 link4296 link4297 link4298 link4299 link4300 link4301 link4302 link4303 link4304 link4305 link4306 link4307 link4308 link4309 link4310 link4311 link4312 link4313 link4314 link4315 link4316 link4317 link4318 link4319 link4320 link4321 link4322 link4323 link4324 link4325 link4326 link4327 link4328 link4329 link4330 link4331 link4332 link4333 link4334 link4335 link4336 link4337 link4338 link4339 link4340 link4341 link4342 link4343 link4344 link4345 link4346 link4347 link4348 link4349 link4350 link4351 link4352 link4353 link4354 link4355 link4356 link4357 link4358 link4359 link4360 link4361 link4362 link4363 link4364 link4365 link4366 link4367 link4368 link4369 link4370 link4371 link4372 link4373 link4374 link4375 link4376 link4377 link4378 link4379
トップページ > IT, Internet, twitter ミニブログ > ダダ漏れがテレビ放送を超えた記念すべき日

ダダ漏れがテレビ放送を超えた記念すべき日

2009年6月25日 iPhone 3GS 発売前日の模様をもっともリアルに伝え、もっとも我々を熱狂させたのはテレビではなく、そらのたんがUstreamでライブストリーミングする動画だった

WBCの決勝戦もサッカーワールドカップの予選も、皆さんさぞ熱狂したことでしょう。

でも昨日の iPhone 3GS 発売前日の盛り上がりだって、勝るとも劣らないものでした。

いや実際には現場に行ってないので盛り上がったかどうかは知りませんが、すくなくともUstreamのライヴストリーミングで観ていた方々は、異様な熱狂だったと感じています。

渦中でそのストリーミング配信を行い続けたのが、決断ポトフ そらのたん(DD2/ダダ漏れ2号)

テレビが絶対に伝えられないであろう内容と臨場感に魅入ってしまい、すぐ近所のオフィスにいながらも、パソコン画面の前から離れることができませんでした。

本当はiPhone 3G S 発売記念前夜祭に行くつもりだったのですが、僕が感じたかったのは「お祭り」の熱狂。そしてそれは、そらのたんのライヴストリーミングで既に十分に感じられました。

いやむしろ、10人程度の行列ができはじめた辺りの時点では、現場よりもむしろネットでの盛り上がりの方が強かったんじゃないかと思います。

twitterとの併用で、ニコニコ動画の参加感覚を生でやっているようなものです。現場に行くまえにパソコン前に縛り付けられてしまうのも無理はありません。「あとで行く」とコメントしながらも、仕事が長引いたこともあり結局イベント不参加。それでもストリーミング動画を観ていただけで大きな高揚感を得られました。

さて、これを書いてる今、もうすぐiPhone 3GSの販売が開始されるころです。

仕事を終えて深夜3時くらいに表参道ソフトバンクをちらっと通りがかったときは、マスコミの陣取りも終わってテレビの撮影準備万端といった風景でした。

でも、こう言っては悪いですけど、そらのたんが伝えたことに比べれば、彼らの伝えられることなんて哀しいほど小さなものだと思います。

そらのたんありがとう、おかげさまで、ダダ漏れがテレビを超えた瞬間を体験できました。

ところで深夜3時の表参道にて、ダダ漏れ1号(DD1)ことトミモトリエとばったり出会いました。なんと彼女はそこで、そらのたんを待っていると!

しばらくして、前夜祭会場からそらのたんがやって来ました。偶然にもDD1とDD2が揃う場面に出会したという幸運。

ちょっと立ち話をして後、トミモトはテレビ局の仕事(めざましテレビ見切れ)のために去り、そらのたんはiPhone前夜祭の会場へストリーミング再開のために戻って行きました。

2人のダダ漏れ、ふたつの道。なんだか運命的なものを思わせる不思議な光景だなと感じ、こうしてブログに残した次第です。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年6月26日 04:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー