link2192 link2193 link2194 link2195 link2196 link2197 link2198 link2199 link2200 link2201 link2202 link2203 link2204 link2205 link2206 link2207 link2208 link2209 link2210 link2211 link2212 link2213 link2214 link2215 link2216 link2217 link2218 link2219 link2220 link2221 link2222 link2223 link2224 link2225 link2226 link2227 link2228 link2229 link2230 link2231 link2232 link2233 link2234 link2235 link2236 link2237 link2238 link2239 link2240 link2241 link2242 link2243 link2244 link2245 link2246 link2247 link2248 link2249 link2250 link2251 link2252 link2253 link2254 link2255 link2256 link2257 link2258 link2259 link2260 link2261 link2262 link2263 link2264 link2265 link2266 link2267 link2268 link2269 link2270 link2271 link2272 link2273 link2274 link2275 link2276 link2277 link2278 link2279 link2280 link2281 link2282 link2283 link2284 link2285 link2286 link2287 link2288 link2289 link2290 link2291 link2292 link2293 link2294 link2295 link2296 link2297 link2298 link2299 link2300 link2301 link2302 link2303 link2304 link2305 link2306 link2307 link2308 link2309 link2310 link2311 link2312 link2313 link2314 link2315 link2316 link2317 link2318 link2319 link2320 link2321 link2322 link2323 link2324 link2325 link2326 link2327 link2328
トップページ > IT, Internet, twitter ミニブログ > ツイッター(twitter)はリア充でも使えるツール

ツイッター(twitter)はリア充でも使えるツール

twitterにブログやmixiのような重たさはない。更新や購読の義務感が生じ得ないゆるさ。

僕なんかもブロガーなどという肩書きを付けられていることが多いわりには、実はブログなんか書くよりずっとツイッターへの投稿が多くなってる。

ブログだとどうしても「文章」を書かなければいけないという先入観があるので、単につぶやくだけでOKなツイッターは、とても気軽に参加できる。

そこで何を得るかといえば表向きは「楽しい」以外になにも無い。

だけど、インターネットを利用したコミュニケーションの形態ががらっと変わって、ライフスタイルにも大きな影響を及ぼしてるひとも多いんではなかろうか。

まず顕著なのが、スパムまみれのEメールを読むのがバカバカしくなること。およそ密な連絡が必要な友人などはツイッターに参加しているので、それでほとんど代用できてしまう。mixiのようなSNSでも同じ効果は期待されたけども、それには「mixi疲れ」という言葉に代表されるような煩わしさもつきまとう。ツイッターにはそれがなく、基本的にゆるゆるだ。

また先述のとおり、ブログほど構えなくてもスグにアウトプットできる点は素晴らしい。もしくはモブログや一行コメント程度のブログしかやってなかったブロガーにもうってつけだろう。はてブにも近いが、その文化圏に加わる必要がないのも嬉しいところ。

そして最近ツイッターで賑やかなのが勝間和代さん界隈。著書などで知る限りリア充至上主義にも思える勝間さんがウェブサービスに心酔している様子。

そういえばツイッターというのは、アウトプットに際してユーザーの時間を奪うようなことをしない。面倒なことを一切強いない。しかしもしツイッターにどっぷり浸かっている時間があったとしても、それはインターネットで無駄に時間を費やしたという印象にはならず、友人らと楽しくコミュニケーションした時間として記憶される。なんと素晴らしい仕掛けだ。

リア充ライフスタイルのまま気軽に使えるツール。そして使い方によっては旧来のEメールやソーシャルツールなどの煩わしさから解放され、ネト充のひとでもリア充に向かうきっかけになるんではないかとすら思えるツール、それがツイッター。

【関連記事】
毎日jpがヒウィッヒヒーでアサヒ・コムを逆転か(何が?)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年7月25日 15:45

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー