link1460 link1461 link1462 link1463 link1464 link1465 link1466 link1467 link1468 link1469 link1470 link1471 link1472 link1473 link1474 link1475 link1476 link1477 link1478 link1479 link1480 link1481 link1482 link1483 link1484 link1485 link1486 link1487 link1488 link1489 link1490 link1491 link1492 link1493 link1494 link1495 link1496 link1497 link1498 link1499 link1500 link1501 link1502 link1503 link1504 link1505 link1506 link1507 link1508 link1509 link1510 link1511 link1512 link1513 link1514 link1515 link1516 link1517 link1518 link1519 link1520 link1521 link1522 link1523 link1524 link1525 link1526 link1527 link1528 link1529 link1530 link1531 link1532 link1533 link1534 link1535 link1536 link1537 link1538 link1539 link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605
トップページ > twitter ミニブログ, エンターテインメント > ビバ☆ヒウィッヒヒーはWeb音楽の復興かもしれない

ビバ☆ヒウィッヒヒーはWeb音楽の復興かもしれない

思い起こす限りで、純粋にWebで音楽文化が最高潮にあったのはいつだろう?とにかく@kohmiのTwitterの曲はそういった流れの線上にひさびさに現れた名曲だと思う。

いくら冷夏とはいえ夏まっさかりだというのに、今日は竹下通りの某お店のBGMで「ゲレンデがとけるほど〜」が聴こえてきてげんなりしてたのですが、そのあとネットでヒウィッヒヒーの歌を聴いて広瀬香美やっぱすげーと思い直してる私です。

さて、
いまの酒酔いあたまで思い出せる限りでは、もすかうはYouTube動画あってこそのヒットだったように思います。

もちろん空耳Flashとの端境期ではあるけどね。

じゃあ純粋に動画やFlash無しで、Web上で盛り上がった音楽ってなんだろう?「ナス嫌だゴニャ 」も「マイヤヒ」もFlashだし「VIPSTAR」は動画主体。「巫女みこナース」はアレだしなあ。

ひょっとして「日本ブレイク工業」あたりだろうか?でもあれはタモリ倶楽部か。それ以前となるとずいぶん様相は変わって、まだマスコミ主導があたりまえだったころに"ネットでも話題!"みたいな感じで「だんご三兄弟」とか「おさかな天国」とか。

キワモノとしては「Electronik Supersonik」も好きだな。

ソーシャルメディア的な盛り上がりかたの源流でいえば「ムネオハウス」あたりだろうか。東芝クレーマー事件の音声を使ったユーザージェネレイテッド楽曲などもその片鱗はある(その頃は自分もまだ参加者だったので懐かしいな)。

のちにガレージバンドが発売されてGBUCのような動きも出てきたし、近年の初音ミクやKORG DS-10などにも至るわけだけども、結局ソーシャルメディア的な部分では決めてとなる「この一曲」というのが欠けていたように思う。というか一曲単体で記念碑として成立し得るものがなかったように思う。

「男女」あたりはイイ線なんだけども、あれもやはり動画時代の音楽だし。

その面において、広瀬香美こと@kohmiの「ビバ☆ヒウィッヒヒーのテーマ」はかなりストライクゾーンなんじゃないか。音楽だけでピン立ちできてるしソーシャルなんたら感もたっぷり。
ビバ☆ヒウィッヒヒー
ヒウィッヒ
※MP3ファイル直リンはアレなので各自何してください。

いやあイイ曲じゃないですか。
歌詞がすごくいい。今までWebといえばどうしてもヲタとかギークのニオイがしてましたけども、メジャーアーティストが自身の感性で何してるのがすごくいいですね。こんな視点と言葉でTwitterが語られたのは初めてだろ?

こういう言葉で語られるようになってようやくキャズム越えなんだと思えます。

「mixiの歌」というのもありましたけど、そういうところに近いかも。広瀬香美がやるというところが全然違う点ですけどもね。

メジャーアーティストといえば、佐野元春もWeb限定配信の楽曲というのがありましたが、ソーシャルメディアの偶発性やクチコミなどにうまく乗った日本のメジャーアーティストというのは@kohmiが初めてではないでしょうか?

いま現在はクリエイティブコモンズも検討中だそうなので、ニコ動でマッシュアップ動画が観られる日も近いかもしれません。ていうかCCライセンス拒否るようなレコード会社ならスグ捨てて移籍したほうがいい。

そのへんはスンクロ率の吉幾三とか、みのもんたリミックスとかの盛り上がりを参考にして欲しいものですね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年8月 8日 01:03

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー