link3973 link3974 link3975 link3976 link3977 link3978 link3979 link3980 link3981 link3982 link3983 link3984 link3985 link3986 link3987 link3988 link3989 link3990 link3991 link3992 link3993 link3994 link3995 link3996 link3997 link3998 link3999 link4000 link4001 link4002 link4003 link4004 link4005 link4006 link4007 link4008 link4009 link4010 link4011 link4012 link4013 link4014 link4015 link4016 link4017 link4018 link4019 link4020 link4021 link4022 link4023 link4024 link4025 link4026 link4027 link4028 link4029 link4030 link4031 link4032 link4033 link4034 link4035 link4036 link4037 link4038 link4039 link4040 link4041 link4042 link4043 link4044 link4045 link4046 link4047 link4048 link4049 link4050 link4051 link4052 link4053 link4054 link4055 link4056 link4057 link4058 link4059 link4060 link4061 link4062 link4063 link4064 link4065 link4066 link4067 link4068 link4069 link4070 link4071 link4072 link4073 link4074 link4075 link4076 link4077 link4078 link4079 link4080 link4081 link4082 link4083 link4084 link4085 link4086 link4087 link4088 link4089 link4090 link4091 link4092 link4093 link4094 link4095 link4096 link4097 link4098 link4099 link4100 link4101 link4102 link4103 link4104 link4105 link4106 link4107 link4108 link4109
トップページ > IT, Internet > 日経ビジネスAssocie Onlineの記事にて紹介されました

日経ビジネスAssocie Onlineの記事にて紹介されました

四家正紀の「今、このブログが面白い!」にてジェットダイスケさんが紹介されました。

四家さんの連載記事「今、このブログが面白い!」で当ブログを紹介していただいております。
ビデオブログを楽しみながらネットビジネスを考えよう — 日経ビジネス Associe(アソシエ)

運営者は「日本におけるビデオブログの第一人者」

と言われると照れますね。ありがとうございます。この分野でまだあまり競合する方がいないという点では確かにそうかもしれません。第一人者の「第」をとったら一人者(ひとりもの)だしw

JDさんのすごいところは、多くの動画作品で企画・演出・撮影・音楽・編集をほとんど1人でこなし、出演もしている点にあります。

嗚呼確かに。
こういう視点ではクリエイティブというのは世の中に2種類あって、複数人でやるか独りでやるかです。前者は三人寄れば文殊の知恵ですが、足並み揃えてやろうとするとエッジが鈍くなるんですよね。

独りだとほんとに一人分のアイデアと技量しかない反面、歩調を合わせる必要もなく(例え間違った方向でも)突き抜けて行けます。自己満足度は高いw

ぼく学生時代にいろいろやってて思ったんですが、チームを作ると諸々の調整ごとや人心掌握や現場監督業に終始してしまい、芸術性とかお金とかに気が回らなくなるんですよね。

音楽でいうと僕ら中高生のころはまだ「ユニット」的なものが少なくて、やっぱりバンドブームだったんで命運を共にするチームの在り方しか知らないわけですよ。メンバー全員で腕に「メガデス」とか彫るようなノリでw

結束の度合いでいえばバンド>ユニット>コラボみたいな感じですか。もし誰かと組むならコラボですよコラボ。

いまはブログに代表されるような、個人が執筆から編集、パブリッシュまで手がけてしまえる時代ですから、個人活動というのも当たり前ですし、そういうのやってる方とは何か一緒にやっても面白いですよね。

独りがいいときは独りでやる。独りでもできる。でも、誰かと組んだほうがいいこともあるので、そういうときは独りでもデキるひとと組むのが一番いいかなと思う秋の夜です。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2009年9月14日 03:08

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー