link0 link1 link2 link3 link4 link5 link6 link7 link8 link9 link10 link11 link12 link13 link14 link15 link16 link17 link18 link19 link20 link21 link22 link23 link24 link25 link26 link27 link28 link29 link30 link31 link32 link33 link34 link35 link36 link37 link38 link39 link40 link41 link42 link43 link44 link45 link46 link47 link48 link49 link50 link51 link52 link53 link54 link55 link56 link57 link58 link59 link60 link61 link62 link63 link64 link65 link66 link67 link68 link69 link70 link71 link72 link73 link74 link75 link76 link77 link78 link79 link80 link81 link82 link83 link84 link85 link86 link87 link88 link89 link90 link91 link92 link93 link94 link95 link96 link97 link98 link99 link100 link101 link102 link103 link104 link105 link106 link107 link108 link109 link110 link111 link112 link113 link114 link115 link116 link117 link118 link119 link120 link121 link122 link123 link124 link125 link126 link127 link128 link129 link130 link131 link132 link133 link134 link135 link136
トップページ > Photoshop, サイエンス・テクノロジー, デジタル一眼 > 君んちも見えるほど巨大な東京のパノラマ写真を撮ってみた

君んちも見えるほど巨大な東京のパノラマ写真を撮ってみた

デジカメ一台とあのソフトでできる大パノラマ景観写真をご覧あれ。

東京には超高層建築物が多いですけども、とても残念なことがひとつだけあります。

あまりにもそれらが密集しているので、展望台にのぼっても他の建物が邪魔になって見えなかったり、今いる建物自身を見ることができません。新宿の都庁にのぼって都庁が見えない寂しさを味わった方も少なくないでしょう?

だから僕はサンシャイン60の展望台が好きです。
東京タワーも六本木ヒルズも新宿副都心もドコモタワーも、そして東京スカイツリーも好きな高層建築はほぼ一望できてしまうからです。

もちろんサンシャイン60自体は見えませんが、別にそれは構わないですよね、今となっては外観自体は魅力的でもないし。池袋という、東京のなかでもわりと端っこの場所なので都心を充分に堪能できます。以下はその眺望をパノラマ写真におさめたものです。画像クリックで巨大オリジナルサイズをご覧いただけます。
サンシャイン60展望台からの都心
オリジナルサイズ (25766 x 2560) »

iPhoneなら以下のリンクを。
iPhone用(小サイズ)»

荒川からスカイツリー、東京ドーム、都心、遠くには房総半島やお台場フジテレビなんかも見えてますね。右手にいくと代々木体育館やドコモタワーがありますが、そのずっと向こうにあるのは横浜ランドマークタワーでしょうか。新宿の高層ビル群もよく見えます。中野サンプラザもあります。そして西東京や和光市方面をぐるっと回ってまた荒川の流れ。

最近は魚眼レンズや超広角レンズなどなくとも、カメラをすーっとスイングすれば合成パノラマが撮れてしまうデジカメなどもございます。が、画像解像度などが限られてしまうため、こうして拡大して楽しむにも限界があります。

今回のこの写真はAdobe Photoshopにてバラバラの写真をつないでいます。今はPhotomergeという自動でつないでくれる便利な機能があるんですよ。手放しで色味などもあわせてくれます。

というわけで、たまたま持ち合わせていたカメラとレンズ(EOS Kissと28mmレンズ)で地平線をなるべく画面まんなかに合わせて手持ち撮影37枚。これをPhotoshopで自動でつなぎあわせました。

自動とはいえデジイチは解像度がでかいので30分もかかりましたけどね(汗)そのぶん出来映えはきれいです。ご覧いただいたのはオリジナルといいつつもFlickrにアップするため縮小しています。ほんとの元画像は37934 x 3769ピクセルあります。Tiff圧縮ファイルでも190MBほど、PSB形式の元ファイルはCD-ROMに入るギリギリ620MBでした。

Photoshopお持ちの方はぜひ挑戦してみてください。今回の制作に使用したものは以下の通り。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年10月19日 07:11

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー