link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291 link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410
トップページ > iPhone・iPad・iPod > PhotoSpeak から直接 YouTubeへのアップロードが可能になった

PhotoSpeak から直接 YouTubeへのアップロードが可能になった

ビデオブログとポッドキャストのあり方を根底から覆すかもしれないiPhone Appに成長か

顔写真が3D化されて動き出すことでおなじみのモーションポートレート。
モーションポートレート株式会社

その技術をiPhoneに持ち込んだ秀作アプリ「PhotoSpeak」は、顔写真やグリコの看板、紙幣の肖像などが喋りはじめるという魔法のようなアプリ。
PhotoSpeak ダウンロード(iTunes)

過去に私もレヴューしております。

あまりの簡単さに、うっかり野口さんを夏目と言ってしまい引っ込みつかないことにも(笑)

さて、そんなゴキゲンなアプリのPhotoSpeak」がバージョンアップによりえらいことになりました。

なんとアフロのヅラが付けられるんです!

というのはさておき、動画を生成してYouTubeへとアップロードできるようになったんです。以下がその動画

日本では顔出しビデオブログの文化は根付かないとも言われ続けておりまして実際その通りです。しかしこのアプリならそれを逆手にとって面白い文化に発展させられそうですね。また、独り語りのポッドキャストに絵を付けたいときなんかにも良さそうです。

それはそうと、せっかく動画のレンダリングをやるようになったのに、YouTubeにアップできるだけなんですよね。そこはとても残念でした。iPhoneのアルバムに動画ファイルを生成できれば、パソコン側でも加工して遊んだり、メールで送信したりもできますよね。

いまやiPhoneには「ReelDirector(リールディレクター)というビデオ編集アプリまであるのですから、ぜひ動画ファイル(QuickTimeムービー)の書き出しには対応してほしいところです。ていうか対応しなきゃいけないツールですよねこれって。

それとiPhoneには無関係ですが、モーションポートレートをAdobe PhotoshopもしくはAfterEffectsのプラグインにするとか、Mac用の単体アプリで提供するといった計画はないのでしょうかね?この技術はほかのCGソフトや動画編集ソフトと一緒に使ってこそ活きてくるものですから、ぜひともMacで利用できるようにして欲しいところです。スペックにもよるけど1万円以内なら100%買うけどな。

iPhoneアプリのほうは元が写真でやってるわけですから、オプションでHD動画も生成できると良いですよね。上の動画を見比べてみても、やはり画面サイズが小さいと見劣りしますしね。

というわけで開発者さん今後も期待してるのでよろしくお願いいたします。
PhotoSpeak ダウンロード(iTunes)

【関連記事】
iPadでも動画編集 ReelDirector(リールディレクター)がiPadに対応



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年1月 1日 07:51

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー