link6439 link6440 link6441 link6442 link6443 link6444 link6445 link6446 link6447 link6448 link6449 link6450 link6451 link6452 link6453 link6454 link6455 link6456 link6457 link6458 link6459 link6460 link6461 link6462 link6463 link6464 link6465 link6466 link6467 link6468 link6469 link6470 link6471 link6472 link6473 link6474 link6475 link6476 link6477 link6478 link6479 link6480 link6481 link6482 link6483 link6484 link6485 link6486 link6487 link6488 link6489 link6490 link6491 link6492 link6493 link6494 link6495 link6496 link6497 link6498 link6499 link6500 link6501 link6502 link6503 link6504 link6505 link6506 link6507 link6508 link6509 link6510 link6511 link6512 link6513 link6514 link6515 link6516 link6517 link6518 link6519 link6520 link6521 link6522 link6523 link6524 link6525 link6526 link6527 link6528 link6529 link6530 link6531 link6532 link6533 link6534 link6535 link6536 link6537 link6538 link6539 link6540 link6541 link6542 link6543 link6544 link6545 link6546 link6547 link6548 link6549 link6550 link6551 link6552 link6553 link6554 link6555 link6556 link6557 link6558

クラヤミ食堂に行ってみた

初体験、完ぺきな暗闇の中でのお食事会。そこにいるのは誰だ!?

クラヤミ食堂というのをご存知でしょうか?
ウィスキーのタリスカーとクラヤミ食堂のコラボイベント「DISCOVER TALISKER WITH クラヤミ食堂」に参加させていただきました。

クラヤミ食堂というのは、視界を覆うゴーグルを装着して、まさに暗闇のなかで食事をするという面白い試みです。
目隠し

クラヤミ食堂に入店すると、入り口のほかは暗幕で覆われ隠されています。中がどうなっているのかは全く確認できません。入り口でゴーグルを渡され、これを装着すると完全に視界は闇の中。店員さんにゆっくり手を引かれてテーブルに付きます。
クラヤミ食堂の手びき案内

もし友人などの連れがいた場合は、ここで離ればなれになり、別々のテーブルに通されます。全然知らない人同士でテーブルを共にし暗闇で会食をするという非日常体験ができるのです。
クラヤミ食堂での友達

暗闇ですから、首を振ってみてもどこに何があるかサッパリ分かりません。そもそも部屋自体が明るいのか暗いのかすら見当がつかないのです。
テーブルにつく

すでに他の客がいるのか、あちこちから咳払いや、パサパサと紙を触るような音が聞こえてきます。

この紙の音は....?
そうだ紙エプロンがあるに違いない!

そおーっとテーブル上に手をのばすと、目的の紙エプロンに手が触れました。
紙エプロン発見

暗闇で食事をするのですから汚れないためにも紙エプロンは必須です。手にとってみると焼肉屋などでよく使われるような紙エプロンが畳んで置いてありました。これを開いて首にかけようとするのですが....

右側の紐しかありません。

紙エプロンの紐がない

左側の紐を手で探ってみるのですがどうしても見当たりません(見えないから見当たらないのは当然ですけどね)。仕方なく右側の紐だけ首に巻いてしばらくそのまま待機するという間抜けな姿になってしまいました。
エプロン結べず(笑)

ほかにいる人がどういう状態かもわからず話しかけるにもきっかけがない。そのうえ視覚がないので時間が長く感じます。手持ち無沙汰でテーブル上に手をのばすと、おしぼり、フォーク、ナイフ、スプーン、お箸が確認できました。
クラヤミ食堂のテーブルにあるもの

その後会場アナウンスがあり、紙エプロンの両側の紐を結んでくださいとハッキリ言われたので、もういちど手で探ってみてようやく確認できました。
エプロン着用

「ある」か「ない」か分からない状態だったのですが、「見えている」ひとから「ある」と明言されるまで自分の手では認識できなかったのです。これは良い気づきでした。

目隠しされては視覚があてにできないので、触覚、聴覚、嗅覚、味覚をフルに活用するしかないのです。しているつもりでも多分足りていなかったのです。そうしなければ、隣の席に誰がいてテーブル上に何があるのかちゃんと認識できません。まずこの段階でそれに気付かされました。

クラヤミ食堂
しかし気付いたにも関わらず、まだカラダはそのことをちゃんと理解していませんでした。そして事件は起こったのです。
次回「クラヤミ食堂でトイレに行く方法」へつづく…

このイベント野詳細は以下のリンク先にて
DISCOVER TALISKER WITH クラヤミ食堂



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年11月 5日 02:12

» 暗闇で恋に落ちてしまった‥クラヤミ食堂×タリスカー#01 from もともこも鳴き笑い
真っ暗闇のなかでも、カメラマンの気配を感じてカメラ目線‥というわけではありませんが‥こどもごころ製作所の「DISCOVER TALISKER with … [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年11月 5日 12:08

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー