link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773
トップページ > デジタル一眼 > 露光間ズーム撮影で飛び出す看板・飛び出す自販機

露光間ズーム撮影で飛び出す看板・飛び出す自販機

インパクト大の迫り来る光。お店の看板や自販機が3D化されたらこうなる?

シャッタースピードを遅くして長時間露光しながらズーム操作を行う、露光間ズームという撮影技法があります。以下のような写真ね。
飛び出す看板

これにパンニングを加えて、飛び出す看板・自販機というのを撮ってみました。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」のなかで「ジョーズ19」の3D映像の看板がありますが、あんなのをイメージして撮ってます。
飛び出すBOSS自販機
思い付きで手持ちでやってるので手ブレはご容赦ください。

今にして思えば、びっくりしてる人物でも配置しておけば良かったですね。今度やってみよう。

広告写真などで使えば「買って買って!!」というメッセージがストレートに表現できそう。
飛び出すコカコーラ自販機

ゴミゴミした繁華街でも、こういう看板やネオンサインが実際にあるとすごくインパクト強そうですね。
飛び出すCOHIBA

ひっそり佇む小料理屋ですらも自己主張が強くなります。「ちょっと一杯やってかない?」みたいな(笑)
飛び出す四季料理おそめ

これらは去年デジタル一眼レフの「EOS Kiss X3」を購入したばかりの頃、超ひさびさの一眼だったのでお約束として撮ってた写真です。コンデジでもそれなりに良い写真が撮れるようになってきた昨今、やっぱりこういう遊びができるのが一眼レフの魅力ですよね。撮影当時ブログ等には載せてなかったので、思い出しついでに掲載した次第であります。

露光間ズーム手法の作例としては以下のようなものもやっております。なんかCGっぽくて好きな質感。
光虫 — Light worm
Light worm

ズームではないですが被写体がこちらに迫って来れば、背景固定のまま似たような効果にもなりますね。
夜の電車を低速シャッターで撮影したらメタリック近未来でかっこ良すぎた
低速シャッター 電車 踏切

さてそんな私の愛用デジイチ「EOS Kiss X3」も発売から8ヶ月。かなりお求めやすい価格帯にまで値下がりしておりまして、僕が購入したときの6割くらいの金額にまでなっておりますね。冬場は空気も澄んでますから、凝った写真でクリエイティビティを発揮してみるのも良いかもしれませんよ。
▼キヤノンEOS Kiss X3 ダブルズームキット
EOS Kiss X3 ダブルズームキット

続き:非常口の人を露光間ズームで「逃げてー!」感タップリに撮る

【関連記事もどうぞ】
予算15万で EOS Kiss X3 本体とレンズとアクセサリーがこれだけ買えた
Canon リモートスイッチ RS-60E3 ストップモーション動画に最適
EOS Kiss X3 で動画を撮影してみた 其の壱
中秋の名月をタムロン 15倍ズームレンズ AF18-270mm F/3.5-6.3 DiII VC(Model B003)で撮る
セミの羽化をデジイチで盗撮してみた
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 28mm F2.8 試用
マンフロット モード 785B 三脚 スチル/ビデオ兼用 レビュー
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年1月11日 17:13

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー