link4526 link4527 link4528 link4529 link4530 link4531 link4532 link4533 link4534 link4535 link4536 link4537 link4538 link4539 link4540 link4541 link4542 link4543 link4544 link4545 link4546 link4547 link4548 link4549 link4550 link4551 link4552 link4553 link4554 link4555 link4556 link4557 link4558 link4559 link4560 link4561 link4562 link4563 link4564 link4565 link4566 link4567 link4568 link4569 link4570 link4571 link4572 link4573 link4574 link4575 link4576 link4577 link4578 link4579 link4580 link4581 link4582 link4583 link4584 link4585 link4586 link4587 link4588 link4589 link4590 link4591 link4592 link4593 link4594 link4595 link4596 link4597 link4598 link4599 link4600 link4601 link4602 link4603 link4604 link4605 link4606 link4607 link4608 link4609 link4610 link4611 link4612 link4613 link4614 link4615 link4616 link4617 link4618 link4619 link4620 link4621 link4622 link4623 link4624 link4625 link4626 link4627 link4628 link4629 link4630 link4631 link4632 link4633 link4634 link4635 link4636 link4637 link4638 link4639 link4640 link4641 link4642 link4643 link4644 link4645 link4646 link4647 link4648 link4649 link4650 link4651 link4652 link4653 link4654 link4655 link4656 link4657 link4658 link4659 link4660 link4661 link4662 link4663 link4664 link4665 link4666 link4667 link4668 link4669 link4670 link4671
トップページ > サイエンス・テクノロジー, デジタル一眼 > ふたご座流星群を檜原村で観た

ふたご座流星群を檜原村で観た

東京でいちばん星がきれいな場所。西多摩郡は檜原(ひのはら)村の「都民の森」から双子座流星群を眺めました。

東京とひとくちに言っても随分広いものです。
一泊二日で檜原 都民の森へと小旅行してきました。都民の森といいつつ実は国立公園(秩父多摩甲斐国立公園)です。山やら谷やらの大自然に、ちょっとした滝(三頭大滝・みとうおおたき)まであります。
三頭大滝

ふだん23区から出ることがめったにない僕にとって西多摩郡 檜原村というのは、ここもおなじ東京都だとは信じられないほどの場所です。わが家からの行きにくさも相まって群馬に行くより遠く感じてしまいました。分かりやすいようGoogle Mapsを貼っておきますね。

大きな地図で見る

八王子が東京都のエンドだと思っていたのでなかなかショッキングです。JR 武蔵五日市の駅(あきる野市)からさらにバスで一時間ほど山道を登ります。もうほとんど奥秩父か山梨かといった場所。なにしろ秩父多摩甲斐国立公園ですからね(笑)入り口にはクマへの注意をうながす貼紙が!(汗)ここは東京だぜ!?
都民の森 入り口

さて都民の森へなにしに行ったかというと、ふたご座流星群の観測です。下の写真はそのときバルブ撮影した星空です。
星空

星にくわえて、森を散策しての自然観察もありました。そのふたつを体験するイベントが開催されていたのです。2009年の夏にも参加したのですが、そのときは天候があまりよくなく星空の写真を撮りそこねたので、今回はそのリベンジのつもりで参加したというわけです。ざっとフラッシュバック動画を作りましたのでご覧ください。

まあもちろん流星を撮影だなんて難儀なことには挑戦しませんけども、30秒ほどシャッターを開いておけば、それなりに写る量のお星さまが出ているわけです。
星空
写真でさえこの量ですから、肉眼でいかほどかというのは言わずもがな。東京でいちばんきれいに星が見えるばしょ。それもそのはず、ここは都民の森にある施設「森林館」なのですが、標高1043mに位置しているのです。東京にそんな高い場所があったんですね!

標高の話ついでに触れておくと「東京で一番お空の近いレストラン」を名乗る食堂「レストラン とちの実」というのがあります。レストランというより「食堂」みたいなものですが、見渡すかぎり食事処はおろかコンビニすらもない場所ですからとても頼りになる存在です。カツカレーを食べました。
カツカレー@いちばん空に近いレストラン
標高はともかく、こんな大自然のまんなかでそれなりの食事を供してくれることだけでも有り難い。飢えることのない都会の便利さを改めて感じました。

みなさんも機会があればぜひ行ってみると良いと思いますよ。遠くて遠い東京。ひとによっては大阪に行くよりも遠いわけですから、そりゃあ普段知ってる東京とは全くの別世界です。おもしろい。
都民の森 森林館



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年12月16日 06:33

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー