link4234 link4235 link4236 link4237 link4238 link4239 link4240 link4241 link4242 link4243 link4244 link4245 link4246 link4247 link4248 link4249 link4250 link4251 link4252 link4253 link4254 link4255 link4256 link4257 link4258 link4259 link4260 link4261 link4262 link4263 link4264 link4265 link4266 link4267 link4268 link4269 link4270 link4271 link4272 link4273 link4274 link4275 link4276 link4277 link4278 link4279 link4280 link4281 link4282 link4283 link4284 link4285 link4286 link4287 link4288 link4289 link4290 link4291 link4292 link4293 link4294 link4295 link4296 link4297 link4298 link4299 link4300 link4301 link4302 link4303 link4304 link4305 link4306 link4307 link4308 link4309 link4310 link4311 link4312 link4313 link4314 link4315 link4316 link4317 link4318 link4319 link4320 link4321 link4322 link4323 link4324 link4325 link4326 link4327 link4328 link4329 link4330 link4331 link4332 link4333 link4334 link4335 link4336 link4337 link4338 link4339 link4340 link4341 link4342 link4343 link4344 link4345 link4346 link4347 link4348 link4349 link4350 link4351 link4352 link4353 link4354 link4355 link4356 link4357 link4358 link4359 link4360 link4361 link4362 link4363 link4364 link4365 link4366 link4367 link4368 link4369 link4370 link4371 link4372 link4373 link4374 link4375 link4376 link4377 link4378 link4379
トップページ > twitter ミニブログ, 動画共有・ストリーミング > Ustライヴストリーミングは報道ではないか?

Ustライヴストリーミングは報道ではないか?

ケツダンポトフそらのちゃんに代表される Ustream(ユーストリーム)生中継は報道でもジャーナリズムでもないという意見

Ustなどを使ったリアルタイムのライヴストリーミング動画が流行っておりますが、それは報道でもジャーナリズムでもないという意見があがっておりました。
Twitter / 石川 温: Ust中継を称賛する人がいるけど、それって報道でもジ …

Ust中継を称賛する人がいるけど、それって報道でもジャーナリズムでも何でもない。ただの生中継代行業。そこにカメラと回線さえあればいい。それをやったら、フリーの人間こそ用無しな存在に成り下がる。そこに冷静な視線で分析や論評を加えないと意味がないと思うんだけど。

日本で称賛されるUst中継といえばまず、ケツダンポトフそらのちゃんのダダ漏れ活動が思い浮かびます。

初期のころはインタビュー力の不足を指摘されるといったこともありましたが、今ではtwitterによって視聴者すらも取り込んでインタビュイーと対峙できる存在になってると感じます。Zガンダムでいえば「俺の体をみんなに貸すぞ!」を体現しています。そらの=カミーユです。

つまりそれは霊媒師です。言い換えれば霊界メディアですね。ちゃんと"生中継代行業"ができたカミーユだからこそ、真の敵を倒して宇宙世紀最強のニュータイプたりえるわけです。

そらのちゃんが視聴者の代表として赴き、視聴者からの質問を代弁するというかたちだけになったとしても、十分に報道と呼んでいいと思います。みんなが見たい世界との媒介になることは第一歩です。

オールドメディアでは「編集」が重要かもしれませんが、ライヴストリーミングが当たり前になった時代にそんなものは介在できません。「今日はなにをダダ漏れする?」その取捨選択こそが従来の「編集」にあたります。

分析や論評も視聴者が行います。もちろん、そらのちゃんの場合は感想などを付け加えてますけどね。もしそれが無かったとしても、視聴者がやればいいんだと思います。わけの分からないコメンテーターなどよりもずっといいこと言う人がいたりするものです。既にテレビ番組は、ニュー速やtwitterと持ちつ持たれつの関係になってしまっているので、何を今さらですね。

それに関してはこのような意見がありました。
Twitter / Shinji Kono: 去年までは、twitterがいくら早くても、ソースは …

去年までは、twitterがいくら早くても、ソースはTVの速報だった。でも、TVが報道しないものに、ust+twitterは絶対的な差を感じる。これは確かに変革かも。マスコミは世論を収束させたがるが、twitter は逆に多様性を認識させる方向に働いている。この現実感は凄い。

そして以下のような意見も
Twitter / Fujimoto Taisuke: ねじ曲げずにはいられないのがテレビですからね…RT …

ねじ曲げずにはいられないのがテレビですからね…RT @kenbor ドキュメンタリーもので事実のねじ曲げはやってはいけないよね。事実の切り取りならまだしも。まったく残念。「信子かあさんの大家族日記 ? 演出は、初めから決まっていたんだね」http://bit.ly/7Pnv7y

僕自身もテレビの収録などで現実歪曲を実感することはありましたし、つい先日もひどいヤラセ取材の話を耳にしたばかりです。それとワンセットにしてでも、マスコミによる論評が聞きたいというのならそれで構わないです。

でも、ごく一部の選ばれた人たちの思惑通りに操作されてしまうのと、拙いながらも我々が意見を述べ議論しあう機会が与えられることはどちらが良いでしょうか。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年1月25日 06:47

» ケツダンポトフ from バタートースト
これって、こういう事だったんですね。わかりました!2月14日は、バレンタイン♪きゃっUstライヴストリーミングは報道ではないか? ケツダンポトフそらのちゃ… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年2月 7日 04:13

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー