link2877 link2878 link2879 link2880 link2881 link2882 link2883 link2884 link2885 link2886 link2887 link2888 link2889 link2890 link2891 link2892 link2893 link2894 link2895 link2896 link2897 link2898 link2899 link2900 link2901 link2902 link2903 link2904 link2905 link2906 link2907 link2908 link2909 link2910 link2911 link2912 link2913 link2914 link2915 link2916 link2917 link2918 link2919 link2920 link2921 link2922 link2923 link2924 link2925 link2926 link2927 link2928 link2929 link2930 link2931 link2932 link2933 link2934 link2935 link2936 link2937 link2938 link2939 link2940 link2941 link2942 link2943 link2944 link2945 link2946 link2947 link2948 link2949 link2950 link2951 link2952 link2953 link2954 link2955 link2956 link2957 link2958 link2959 link2960 link2961 link2962 link2963 link2964 link2965 link2966 link2967 link2968 link2969 link2970 link2971 link2972 link2973 link2974 link2975 link2976 link2977 link2978 link2979 link2980 link2981 link2982 link2983 link2984 link2985 link2986 link2987 link2988 link2989 link2990 link2991 link2992 link2993 link2994 link2995 link2996 link2997 link2998 link2999 link3000 link3001 link3002 link3003 link3004 link3005 link3006 link3007 link3008 link3009 link3010 link3011 link3012 link3013
トップページ > QuickTime, 動画共有・ストリーミング > Web配信での動画エンコード設定について

Web配信での動画エンコード設定について

YouTubeなどにアップロードする際のQuickTime書き出し設定についてメモしておきます。

ビデオブログ用の動画はどのような設定にしてるのかとよく尋ねられるので、ここに書いておきますね。

いつもの商品レビューなどでジェットカットするようなものは、ソニー ハンディカム DCR-PC350というカメラを使用しています。

2004年製のHDですらない旧型ミニDVカメラです。これをMacに直接FireWire接続して、QuickTime 7(Pro)にて録画しています。当然そのままYouTubeに投稿したのではSD扱いになってしまいますが、最終的な書き出しの際には720pにアップコンバートしています。

といってもアップコンバート専用ソフトなどは使わず、QuickTimeにて720pにサイズを変更するだけ。書き出しの設定ですが、コーデックは当然H.264を使用。ビットレートはネタにより様々ですが、だいたい3200kbps 〜 4800kbps程度にしています。音声コーデックはもちろんAACです。サンプリング周波数は入りのデータに合わせて44.1khzもしくは48khz、ビットレートのほうは以前は128kbpsにしてましたが、現在は256kbpsまたは320kbpsにしています。

お気付きかと思いますが、ビットレート的には映像に対して音声の比重がわりと高めです。音さえクオリティがちゃんとしていれば、ながら視聴で映像を常時見てなくてもいいですからね。映像はそもそも元がSD収録ですし、据え置きの固定カメラなのであまりデータレートを高くしなくても大丈夫です。

次に外ロケの場合

撮影カメラはまあ色々とありますが、現在はほぼHD撮影しています。編集などの取り回しを考えて1080pではなく720pが中心。

お外では、大抵は手持ち撮影なのでブレは発生しますし、動きやグラデーションなど間引きたくないデータは多々あります。というわけで書き出し時の映像ビットレートはやや高めで、5120kbps〜9600kbps程度に設定しています。

最近はYouTubeでも普通にフルHDに対応していますので、撮影時から1080pということもあります。例えばこれなど。

さすがに60fpsだと取り回しが困難ですので30fpsで撮影しています。編集後、フルHDでの書き出し時はだいたい12800kbpsのビットレートに設定しています。ビデオブログ用として考えると、その程度で良いかなと。

という感じで参考になりますでしょうか?見ての通り、あまり画質にこだわったりはしていないです。むしろ現状のストレージ価格やネット環境とバランスをとっていく考え方です。ですので、ハードディスクが格安になったり光回線が1Gbpsになったりすればまた別のやり方になるはず。

どうも皆さんまっさきに画質画質と言い過ぎのような感じはしています。

基本的には照明が良ければ画面のヌケはいいので、フルHDだの高ビットレートだのはどうでもいいことです。あとは内容が良ければ画質は気にならないという面もありますので、まず画質ばかりが気になってしまうようなら動画の作り方自体を見直してみることをお薦めします。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年2月 8日 01:44

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー