link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821 link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875
トップページ > デジタル一眼 > Canon EOS KISS X4 を開梱してみましたよ

Canon EOS KISS X4 を開梱してみましたよ

動画撮影の機能を中心に大幅に機能アップしたデジタル一眼レフカメラ キヤノン EOS Kiss X4 を購入しました。

先日発売となったキャノン デジタル一眼レフ EOS Kiss X4 標準ズームレンズキットが届きましたので、早速アンボックスいたしました。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4

X3ユーザなのでX4には全く戸惑うことなく移行できるかというと、じつはボタンの役割とか微妙に違ってたりして、些細なつまづきがありますね。馴れれば大丈夫だけど、どちらも併用していく場合にはこの差がちょっとした問題かもしれません。

さて、スペック等はみなさん既にニュースサイトなどでご覧になってるでしょうから、ここでは触れません。

X3から根本的に変わったところは動画機能です。なかでも最も嬉しい改善が、動画撮影時でもマニュアル露出が可能になったこと。つまりシャッター速度や絞り、感度(ISO)が操作できるようになりました。X3の場合はフルーオートでしか撮影できなかったので、ホームビデオとしてならまだしも、作品制作にはちょっと困る場合もありました。そこが解消できるというのは大きなメリットです。

つまり僕は安価で高性能な "ビデオカメラ" としてX4を購入しています。マニュアル露出と豊富な交換レンズによる絵作りが可能なビデオカメラなのです。そう考えると他のなにも競合になり得ないほどコストパフォーマンス高いでしょ?

動画撮影時のシャッタースピードについては30〜4000となっています。これはぜひ30以下のスローシャッターも設定できるようにしてほしかったですね。惜しいです。感度のほうはISO100〜6400の範囲、もしくはAUTOに設定できます。

また、X3のフルHD動画ではなぜか20fpsという変なフレームレートでしたが、X4はちゃんと30fps撮影可能になっています。シネマライクな24fpsでも撮影できます。

液晶は相変わらずバリアングルではございません。ネオ一眼のほうではキヤノンもバリアングル液晶を採用していますから、2010年の今日現在になっても液晶が本体固定というのはかなり残念な点だと思いました。とくに動画撮れるカメラについてはバリアングルは最重要課題だと思います。

あと嬉しいことに、外部マイク端子がついたので音声をステレオ同録可能になりました(内蔵マイクはモノラル)。やはり作品制作に使用される方には重宝されるでしょうね。一眼のアクセサリーシューにマイクなどとは、一昔前なら考えもしませんでしたけど(笑)

以下は今回の動画内で紹介しているアイテム(本体、液晶保護フィルム、レンズフード、レンズプロテクター)です。ご参考まで。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年3月 1日 04:33

» キャノン EOS Kiss X4 の価格とレビュー・口コミまとめ from レビューナビ
フルHD動画も可能な入門用デジイチCANON イオスキッスX4について購入者の評価・最安値比較をまとめてみました [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年4月13日 15:18

» CANON EOS Kiss X4 がやってきた! from Shoulder.jp
写真をうまく取れるスキルを身につけたい!そういう希望はかなり昔からあったが、写真の世界は奥が深く、なかなか入っていけなかった。しかし、とあることからデジ… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年7月12日 07:06

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー