link876 link877 link878 link879 link880 link881 link882 link883 link884 link885 link886 link887 link888 link889 link890 link891 link892 link893 link894 link895 link896 link897 link898 link899 link900 link901 link902 link903 link904 link905 link906 link907 link908 link909 link910 link911 link912 link913 link914 link915 link916 link917 link918 link919 link920 link921 link922 link923 link924 link925 link926 link927 link928 link929 link930 link931 link932 link933 link934 link935 link936 link937 link938 link939 link940 link941 link942 link943 link944 link945 link946 link947 link948 link949 link950 link951 link952 link953 link954 link955 link956 link957 link958 link959 link960 link961 link962 link963 link964 link965 link966 link967 link968 link969 link970 link971 link972 link973 link974 link975 link976 link977 link978 link979 link980 link981 link982 link983 link984 link985 link986 link987 link988 link989 link990 link991 link992 link993 link994 link995 link996 link997 link998 link999 link1000 link1001 link1002 link1003 link1004 link1005 link1006 link1007 link1008 link1009 link1010 link1011 link1012 link1013 link1014 link1015 link1016 link1017 link1018 link1019 link1020 link1021
トップページ > デジタル一眼 > いかにして私はモデル撮影で「ゴージャス」と連呼するようになったか

いかにして私はモデル撮影で「ゴージャス」と連呼するようになったか

人物撮影のときにシャッターを切ったジェットダイスケが口走る「ゴージャス」の語源は?

まもなく訪れる大団円に向かって今週も「ジュノンボーイ 内海大輔 企画」の動画を更新いたしましたが、今回はモデル撮影風という仕立てになっております。

その動画にて私が、シャッターを切るたびに「ゴージャス」と叫んでおりまして、それはなんなのかと言いますと皆さんの予想通り笑いを誘うために言ってるわけであります。

笑いを誘うといってもお笑いコンテンツを作るためではなくて、被写体であるモデルさんたちの笑いを誘うためにやっているわけです。堅くなってるひとたちの表情をほぐすためです。銀塩フィルム時代とちがってデジカメだとどんだけ撮ってもランニングコストにひびかないので、私が「ゴージャス!」と叫ぶまでに撮っているのは単にポーズです。プロローグです。「ゴージャス」を二回くらい言ったあとからが本当の撮影です。

通常は男子ではなく女の子に言う言葉です。

ところでその「ゴージャス」の語源はと申しますと、ペントハウス誌などのカメラウーマンとしt有名なスーズ・ランダルSuze Randall)女史より拝借したものです。
▼公式サイト:Suze Randall's Suze.net!

※ 断じて杉本彩に由来するものではございません。

ヘアヌードという言葉にまだ効力があった時代、某女優をセンターフォールドで撮る写真集という企画に参加しておりまして、そりゃあやっぱり本場のひとに撮ってもらおうということでスーズ女史のとこで撮ってもらいまして、僕はといえばビデオのほうで参加したわけですが、そのときの撮影現場でスーズ女史がシャッター切るごとに叫ぶ「Goooooooorgeous!!」というフレーズが耳に残ってしまいまして、そのビデオの編集の際にも追い討ちでずっと同フレーズを半強制的に聞かされることとなり、気付いたときには身も心も完全に「ゴージャス」に染まっておりました。

という、まるでティム・バートン版「バットマン」シリーズにおいて敵キャラが誕生する際のようなあらましで、僕の「ゴージャス」という叫びが生まれたわけです。

というわけで、最後にもうひとつ「ゴージャス」を貼付けておきますので堪能してくださいね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年3月 1日 16:06

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー