link2466 link2467 link2468 link2469 link2470 link2471 link2472 link2473 link2474 link2475 link2476 link2477 link2478 link2479 link2480 link2481 link2482 link2483 link2484 link2485 link2486 link2487 link2488 link2489 link2490 link2491 link2492 link2493 link2494 link2495 link2496 link2497 link2498 link2499 link2500 link2501 link2502 link2503 link2504 link2505 link2506 link2507 link2508 link2509 link2510 link2511 link2512 link2513 link2514 link2515 link2516 link2517 link2518 link2519 link2520 link2521 link2522 link2523 link2524 link2525 link2526 link2527 link2528 link2529 link2530 link2531 link2532 link2533 link2534 link2535 link2536 link2537 link2538 link2539 link2540 link2541 link2542 link2543 link2544 link2545 link2546 link2547 link2548 link2549 link2550 link2551 link2552 link2553 link2554 link2555 link2556 link2557 link2558 link2559 link2560 link2561 link2562 link2563 link2564 link2565 link2566 link2567 link2568 link2569 link2570 link2571 link2572 link2573 link2574 link2575 link2576 link2577 link2578 link2579 link2580 link2581 link2582 link2583 link2584 link2585 link2586 link2587 link2588 link2589 link2590 link2591 link2592 link2593 link2594 link2595 link2596 link2597 link2598 link2599 link2600 link2601 link2602
トップページ > iPhone・iPad・iPod > iPadはメモリ増設の呪縛から解かれたコンピュータだな、たぶん

iPadはメモリ増設の呪縛から解かれたコンピュータだな、たぶん

メモリ16GB詰まなきゃあのアプリきついんだよね、という発想をしなくて良いということ。

すごく健全だと思う。
だって買ったまんまの状態でいいんだからね iPad

僕がずっと納得できなかったのは、買ったそのままの状態のパソコンは「物足りない」どころか「使えない」代物であるかもしれないということ。いちばんの要因はメモリ不足。メモリを増設しなきゃまともに動かないのに、何故わざわざ少ないメモリを搭載して売るのか疑問だったし、そのやり方にとても不満を抱えていた。

ひとそれぞれ用途が違うからメモリ積載量も変わるとか、最初からメモリてんこ盛りにしたら販売価格が上がってしまうとか理由はあったにせよ、あまり親切なことじゃないと思う(余談だが、僕がずっとMacBook Airを買わずにいるのは「いまどきメモリ2GBで何をしろと?」というのがあるからだ)。

その点、iPadはちがうのかもしれない。

iPhoneの時点でも既にそうなんだけど「メモリ食いのソフトがあるから増設しなきゃ」ということがない。Appleの統制下でイレギュラーなことが発生しにくい状況なんだろうな。厳密にはメモリ不足で落ちてるアプリなんかもあるだろうけど、ユーザにそういうことがまったく見えない。見えないので考える必要もないし、それを解決しようという気にもならないし、自力で進めてドツボにハマるということがない。まったくない。皆無なのだ。

そりゃあiPhoneなんかを触ってる限りではたいしたことはできないと思うけども、きちんとそのハードウェアで動くようにしつつ、最大限おもしろく役立つものをつくってくれるソフトウェアベンダーが多いのはいいことだ。

Adobeの優秀なグラフィックソフトがフルインストールできないのは残念だけども、この二年近くでAppStoreからはそれ以上の体験を享受している。はじめてPhotoshopをさわった日のような楽しさが毎日起きてるといっても言い過ぎじゃない。

たとえiPadでウェブデザインしたりできなくても、そんなのは大したことじゃない。

って思ったんだけど、iPad用のHTMLエディターが早くも登場したの?
HTML Edit — Mediahive
なにこれスゴイじゃない(しかもiPhoneとも兼用できる)。こういうの見ちゃうと僕のMacBookはモバイルマシンとしてはそろそろ退役して、家でUstream専用に据えちゃってもいいかなと思ってしまう。そんな希望があるね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年4月 3日 00:02

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー