link1507 link1508 link1509 link1510 link1511 link1512 link1513 link1514 link1515 link1516 link1517 link1518 link1519 link1520 link1521 link1522 link1523 link1524 link1525 link1526 link1527 link1528 link1529 link1530 link1531 link1532 link1533 link1534 link1535 link1536 link1537 link1538 link1539 link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605 link1606 link1607 link1608 link1609 link1610 link1611 link1612 link1613 link1614 link1615 link1616 link1617 link1618 link1619 link1620 link1621 link1622 link1623 link1624 link1625 link1626 link1627 link1628 link1629 link1630 link1631 link1632 link1633 link1634 link1635 link1636 link1637 link1638 link1639 link1640 link1641 link1642 link1643
トップページ > デジタル一眼 > SONY NEX-5 / NEX-3 を銀座ソニービルでさわってきたよ

SONY NEX-5 / NEX-3 を銀座ソニービルでさわってきたよ

話題のミラーレス デジタル一眼カメラ ソニーNEX-5 / NEX-3をちょっぴり体験してきました。

銀座のソニービル 4Fショールームにて、期待のミラーレス一眼 NEX-5 / NEX-3 をちょっとだけ触ることができました。

あまり深くつっこんで触っていませんが、その場に居合わせたひとたちの所感もあわせると、NEX-3のほうがボディの質感(表面処理)もホールド感も心地よいと思いました。

NEX-5のほうはシャッターボタンがちょっとしたスロープの上にありますが、NEX-3のほうはコンデジと同じようなボディ上面の平坦なところにポチっと付いてます。

触るのに一生懸命でろくに製品の写真は撮れてないのですが、こちらがNEX-5
NEX-5

そして、以下のがNEX-3
NEX-3

どちらかというとα(一眼)というよりは断然サイバーショット感覚です。もっとはっきり言うと懐かしの「DSC-F505K」あたりを触ってるような感覚になったというか(笑)レンズに対して液晶の位置関係が光軸中心にないところなども感覚的に似ていますね。
NEX-5

液晶が動くのは非常によろしいですが、屋外用にはフード欲しくなるかもしれないですね。今のところEVF(電子ビューファインダー)の予定はないらしいですが、他の来館者の方々は口々にファインダー付けろと仰ってました。下の写真はホットシュー(というよりコネクター)にフラッシュを接続した状態。
NEXはキットレンズだとαつうかサイバーショットぽい。
このコネクタカバーが邪魔そうなんだけど、16mmレンズ用のファインダーはここに付けるんだよね??

Eマウントのキットレンズふたつとαマウントの単焦点が一個用意されてたので、みなさん熱心な表情で付け替えて撮ったりしてました。現状Eマウントはふたつしかレンズがないので、αマウントレンズ資産がある既存αユーザのほうが楽しめるカメラであることは間違いないです。
NEX-5

ショールームにはマウントアダプタも用意されており、自前のゾナーを装着してる方もいました。以下その動画。

しかしそんなでかいレンズ付けたらフロントヘビーすぎて三脚に立たないだろと思うんですが、マウントアダプター底面に三脚設置用のパーツがあるので、でっかいレンズのときはそこで支えることができます。

レンズ交換式カメラではありますがコンバーターレンズというのも二つ用意されてまして、16mmパンケーキレンズにセミフィッシュアイを装着して試してみました(写真なし)。まあレンズのほうは普通にセミフィッシュなのですが装着がとっても簡単で、ネジ切りスクリューマウントではなくバヨネット式。カチャっと軽い感触でマウントされます。これいいね。

あとですね、キットレンズ使用だとどうも動画撮影時にマニュアルフォーカスが効かないような気がします。職員の方にたずねたのですが「私も詳しくないもので」と言われてしまいました。一眼の動画で手動ピン送りできないとすると魅力激減じゃないかと思うんですが?そのへんは要追跡調査ですね。

全体的にボタン類の少なさゆえの使いにくさはあるかもしれません。一眼とはいえオート中心にコンデジ的な使い道になりそう。コンデジ感覚で一眼風味の写真を撮るという用途にはいいですね。そういう風にデザインされてると思います。たまたま居合わせたリコーGR DIGITALユーザの方は乗り換えたいと言ってました。

NEX-5 と NEX-3 ではよく見ると筐体も違いますし、触るとより差が歴然と判明しますので、スペックだけ見てネットで先走って買ってしまわずに、できるだけ実機に触れてからどちらを選ぶか決めたほうが良さそうです。

それにしても時折ビデオカメラさわってる感覚だったなあ。なんだろうこれは。液晶ビューカムか!?



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年5月14日 18:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー