link1460 link1461 link1462 link1463 link1464 link1465 link1466 link1467 link1468 link1469 link1470 link1471 link1472 link1473 link1474 link1475 link1476 link1477 link1478 link1479 link1480 link1481 link1482 link1483 link1484 link1485 link1486 link1487 link1488 link1489 link1490 link1491 link1492 link1493 link1494 link1495 link1496 link1497 link1498 link1499 link1500 link1501 link1502 link1503 link1504 link1505 link1506 link1507 link1508 link1509 link1510 link1511 link1512 link1513 link1514 link1515 link1516 link1517 link1518 link1519 link1520 link1521 link1522 link1523 link1524 link1525 link1526 link1527 link1528 link1529 link1530 link1531 link1532 link1533 link1534 link1535 link1536 link1537 link1538 link1539 link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605
トップページ > ePub・電子書籍, iPhone・iPad・iPod > iPadの重さで「書籍」はないだろう。「電子書籍」以外の名称が必要

iPadの重さで「書籍」はないだろう。「電子書籍」以外の名称が必要

見た目のわりに重すぎるiPadには、電子 "書籍" という名称を用いるのは相応しくない。重量感があまりにも紙のそれとは乖離しすぎている。

どうもしっくり来ないのが電子書籍のこと。
皆さん何をさして「電子書籍」と呼んでいるのかがよく分からない。単にiPadなりiPhoneなりで本が読めるというのなら何も革命的ではなくて、それはすでにアドビやボイジャーなどが十年以上前に実現している。

電子ブック、デジタル書籍、デジタルブック、Eブック とどの呼び名をとっても「本」を想起させる。

しかしどう頑張ってもiPadの重さは「本」ではない。辞書を片手で持ち歩きたい人ならまだしも、文庫本の感覚でiPadの電子書籍を楽しもうと考えているなら少々つらいかもしれない。そういう人たちが実際にiPadを手にとったとき「この重量では本として失格」と落胆する様を見たくない。

それと、電子書籍という呼び方ではどうしても紙媒体でできることの域を出ない気がする。

たとえば音声。
読み上げに限らず、小説のためのサウンドエフェクトであるとか、その本を読むときに相応しいBGMを別途販売することもできる。そういったプレイリストの販売や、本のサウンドトラック事業があってもいい。その延長で動画ももちろん考えられる。

ユーザが組版を選択できる、インタラクティブ要素がある、動く絵本などなど、本は文字と図版の羅列から脱却してこそようやく電子書籍たりえると思う。

その意味ではマーサ・メイヤー「おばあちゃんとぼくと」は完璧だったと思う。以下の動画はそのプレイ画面。

これが二十年近くも前のCD-ROMタイトルなのだから驚きである。ちなみにこの作品を出版したレーベルの名は「リビングブックス」。文字通り名は体を表す。


はい、ここまで先週ブログに下書きして放置してたんですが、その矢先にこんなビデオが登場して、そうそうこれこれと思っていたところです。

HTML5版 スポーツイラストレイテッド誌のデモ。

本を読む、出版する、という概念から再考しなくてはいけませんねこれは。

こうなると二昔前のCD-ROMを思い起こさずにはいられません。iPadでの電子書籍はどう考えてもマルチメディア時代の再来ではないですか。

当時と何か変わった点があるとしたら、これがWebベースで流通するということ。何らかの双方向性を有する可能性があること。

あと、求められれば日刊紙のペースでオーサリング、もしくはそれ以上の早さで更新しなくてはいけないことでしょうか(CD-ROMはさすがにそんな超速ペースでは作ってなかった)。

CD-ROMタイトルの制作をやっていた身としては、こういった新概念での出版の時代が到来することにワクワクしてしまいます。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年5月25日 00:42

» iPadは「CD-ROM」の再定義に留まるべきではない from [mi]みたいもん!
以前に「時代は再定義」とうっかり書いてしまったわけですが、まさにそうとしか思えな [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年6月 2日 15:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー