link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773 link2774 link2775 link2776 link2777 link2778 link2779 link2780 link2781 link2782 link2783 link2784 link2785 link2786 link2787 link2788 link2789 link2790 link2791 link2792 link2793 link2794 link2795 link2796 link2797 link2798 link2799 link2800 link2801 link2802 link2803 link2804 link2805 link2806 link2807 link2808 link2809 link2810 link2811 link2812 link2813 link2814 link2815 link2816 link2817 link2818 link2819 link2820 link2821 link2822 link2823 link2824 link2825 link2826 link2827 link2828 link2829 link2830 link2831 link2832 link2833 link2834 link2835 link2836 link2837 link2838 link2839 link2840 link2841 link2842 link2843 link2844 link2845 link2846 link2847 link2848 link2849 link2850 link2851 link2852 link2853 link2854 link2855 link2856 link2857 link2858 link2859 link2860 link2861 link2862 link2863 link2864 link2865 link2866 link2867 link2868 link2869 link2870 link2871 link2872 link2873 link2874 link2875 link2876
トップページ > iPhone・iPad・iPod > iPhone 4で動画撮影テストしてみたよ

iPhone 4で動画撮影テストしてみたよ

ついにiPhone 4のカメラでは、720pのHDビデオが撮影できるという性能アップ。さて、一体いかほどの実力なのか?もうビデオカメラなどは持ち歩かなくても済むのか?

大人気で入手困難となっているiPhone 4
やはりビデオブロガーとして一番楽しみだったのが、ようやく720pでのHD動画撮影が可能になった点。嬉しくって仕方ない感じで日常の風景を撮影してきました。

歪みますねえ(笑)
CMOS動体歪み(ローリングシャッター現象)が激しいです。山手線 車窓からの風景のようにちゃんとカメラを固定している場合ならまだしも、これが手ブレや速いパンニングとなると目もあてられません。しっかり構えてゆっくりパンするぶんには良い画質が得られますが、歩きながらの撮影などは極力避けたほうが良いですね。

iPhone 4からは自分側にもカメラが搭載されたので、歩きながらの自分撮りビデオレポートなんかも面白いかなと考えていましたが、手ブレ補正機能が搭載されない限りはかなり厳しいと思いました。

続いてこちらは夜間撮影の動画。裏面照射型CMOSだけあって、なかなか明るい絵が得られているのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

朝方にもう一回あらためて手ブレというか動体歪みのテストをやってみました。今度は自分が歩かずにiPhoneを持った手だけブレさせてみたり、被写体(電車)が動く等。

どうやら自分が歩いたときの振動よりは、ただ揺れてる手ブレだけのほうがまだ観賞に耐えるものになるような気がします。いま現在のところ高級な一眼レフであってもこの問題は発生しますから悩むよりも諦めるほうが吉ですね(笑)

最後に流行りの猫動画なども撮ってみました(笑)こういったスナップショットビデオにはとても向いているかもしれませんね。

結論としては、歩きながら手ブレだらけの撮影を避けることができれば、充分にキレイで良いビデオカメラだと思います。iPhone用のiMovieもリリースされたことですし、ちょっとした動画を撮影してつないでWebで共有ということがさらに楽しくなりますね。iPhone 4を使っての「iPhone 3分映画祭」へのご応募もお待ちしております。
第一回 iPhone 3分映画祭 作品のご応募はこちらから
iMovie ダウンロードはこちらから.



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年6月26日 19:44

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー