link5480 link5481 link5482 link5483 link5484 link5485 link5486 link5487 link5488 link5489 link5490 link5491 link5492 link5493 link5494 link5495 link5496 link5497 link5498 link5499 link5500 link5501 link5502 link5503 link5504 link5505 link5506 link5507 link5508 link5509 link5510 link5511 link5512 link5513 link5514 link5515 link5516 link5517 link5518 link5519 link5520 link5521 link5522 link5523 link5524 link5525 link5526 link5527 link5528 link5529 link5530 link5531 link5532 link5533 link5534 link5535 link5536 link5537 link5538 link5539 link5540 link5541 link5542 link5543 link5544 link5545 link5546 link5547 link5548 link5549 link5550 link5551 link5552 link5553 link5554 link5555 link5556 link5557 link5558 link5559 link5560 link5561 link5562 link5563 link5564 link5565 link5566 link5567 link5568 link5569 link5570 link5571 link5572 link5573 link5574 link5575 link5576 link5577 link5578 link5579 link5580 link5581 link5582 link5583 link5584 link5585 link5586 link5587 link5588 link5589 link5590 link5591 link5592 link5593 link5594 link5595 link5596 link5597 link5598 link5599 link5600 link5601 link5602 link5603 link5604 link5605 link5606 link5607 link5608 link5609 link5610 link5611 link5612 link5613 link5614 link5615 link5616
トップページ > エンターテインメント > トイ・ストーリー3は「ドラえもん最終回」に匹敵する名作に違いない

トイ・ストーリー3は「ドラえもん最終回」に匹敵する名作に違いない

ラストシーンで積年の想いから流す涙は、ウルトラマンメビウスでのウルトラマン80登場回「思い出の先生」にも近い。

AMNのブロガー向け「トイ・ストーリー3」試写会に参加してきました。

とても楽しめる作品であることは皆さん想像にかたくないと思います。しかし、実はこの映画の宣伝マンの方がどう宣伝すべきか困っていると、上映後のトークセッションで語られました。「泣ける」という点ではこれまでの作品もそうだったのですが、感動の質が明らかに違うものなので、これはどう伝えるべきなのかと。

僕からしてみれば、それでもやはり「泣ける映画」というより他ありません。長年この物語に親しんできた皆さんなら100%泣けてしまうと断言できます。

第一作目から15年、二作目からは11年が経過し、ウッディーやバズたちの持主アンディーも今や17歳。彼も大学に進学する年齢に。
と、ここまで書けば皆さんどんな内容かお判りかと思います。これは彼等の卒業の物語であり、我々にとってもこの物語からの卒業なのです。だから泣けないはずがないのです。

その「泣ける」ことの質を僕なりに伝えるとすると、表題とリード文に書いたドラえもん最終回でありウルトラマン80の実質的最終話である「思い出の先生」なのです(ドラえもん最終回というものは公式に存在しませんが、人によってはネットで噂になった二次創作なり「さようなら、ドラえもん」なり、人それぞれ胸に抱いてるものがあると思います)。

要は、単に1エピソードだけによる感動ではなく、積年の想いも含んでの涙があるわけです。

先ほど「卒業」と書きましたが、それは何かといえば、時を経ることで必然的に訪れる訣別のことだと思います。有限を生きる我々には、あらゆる関係においてこの「卒業」がつきまとい、幾多の痛みを伴いながらも前に進むことを強要されます。

そして同じく時を経ることがその痛みを癒してくれることも我々は経験していますし、その癒しの大部分の要素が「忘却すること」に他ならないことも知っています。これこそが、トイ・ストーリー3における感動の核なのではないかと思いました。

今回の試写会ではストーリーに集中してほしいという意図から3Dではなく2Dでの上映でした。それで正解だったと思います。3Dのほうは「アバター」とも一味違う3Dだとのことなので、それはそれで改めて3D映画として観に行きたいと思います。

あと補足情報ですが、エンディングテーマ曲がとても良かったです。お馴染みのあの曲であることには違いないのですが、演奏しているアーティストが適任でした。ラストシーンで流した涙をほどよい爽快感に変えてくれるアレンジです。なぜそのアーティストなのかは、劇中のバズの挙動に由来するのですが、それは観てのお楽しみということで。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年7月 9日 09:11

» 映画:トイストーリー3 Toy Story 3 3部作の映画で、もしかして史上最高レベル?!の傑作。 from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
これほどの最上級の表現するのに(躊躇しそうで)実はしない。 この映画は、史上最高レベルの「3部作」だと。 あのゴットファーザー・シリーズを引き合いに出し… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年8月14日 16:45

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー