link1644 link1645 link1646 link1647 link1648 link1649 link1650 link1651 link1652 link1653 link1654 link1655 link1656 link1657 link1658 link1659 link1660 link1661 link1662 link1663 link1664 link1665 link1666 link1667 link1668 link1669 link1670 link1671 link1672 link1673 link1674 link1675 link1676 link1677 link1678 link1679 link1680 link1681 link1682 link1683 link1684 link1685 link1686 link1687 link1688 link1689 link1690 link1691 link1692 link1693 link1694 link1695 link1696 link1697 link1698 link1699 link1700 link1701 link1702 link1703 link1704 link1705 link1706 link1707 link1708 link1709 link1710 link1711 link1712 link1713 link1714 link1715 link1716 link1717 link1718 link1719 link1720 link1721 link1722 link1723 link1724 link1725 link1726 link1727 link1728 link1729 link1730 link1731 link1732 link1733 link1734 link1735 link1736 link1737 link1738 link1739 link1740 link1741 link1742 link1743 link1744 link1745 link1746 link1747 link1748 link1749 link1750 link1751 link1752 link1753 link1754 link1755 link1756 link1757 link1758 link1759 link1760 link1761 link1762 link1763 link1764 link1765 link1766 link1767 link1768 link1769 link1770 link1771 link1772 link1773 link1774 link1775 link1776 link1777 link1778 link1779 link1780
トップページ > サイエンス・テクノロジー, 雑記 > いまヒグラシが羽化し始める時期らしい

いまヒグラシが羽化し始める時期らしい

夜の公園に行ったら鳴いてるのはヒグラシ、羽化してるのもヒグラシだった。

東京のどこにいても蝉の声が聞けるようになって、ようやく数日といったところでしょうか。まだ主役であろうミンミンゼミやクマゼミ、アブラゼミの声はそれほど聴くことができてません。

ん?じゃあ今鳴いてる蝉って一体なに?
ぜんぶがそうだとは言えませんが、いま現在の主役はどうやらヒグラシのような気がします。カナカナカナと夕暮れどきに鳴いて悲しませてくれるあいつらです。また別の鳴き方としては、夜の雑木林でシンシンとした奥深さを演出するあの声です。

というのも、先ほど石神井公園に昆虫観察に行って来まして、ヒグラシの鳴き声とかれらの羽化に遭遇したからです。
ヒグラシの羽化1

そこここでこうしてヒグラシが羽化しているのですよ。iPhone 4と懐中電燈だけで撮ってるので画質についてはご容赦あれ。
ヒグラシの羽化2

まったくヒグラシだらけです。それにしてもヒグラシの幼虫ってどうしてこう土っぽいんだろうね。他の蝉だと飴色なのに。
ヒグラシの羽化3

去年セミの羽化を撮影したのは8月に入ってからだったのですが、そのときはヒグラシは珍しい存在でした。しかし7月下旬になろうかという海の日の今日現在ではヒグラシはかなりメジャーな羽化観察対象になっています。
参考リンク:セミの羽化をデジイチで盗撮してみた

で、ヒグラシしかいないのかといえば、そんなこともないようで、アブラゼミの幼虫も二匹見かけました。一匹をおうちに連れて帰って、羽化の観察をしてみました。
アブラゼミ羽化観察2010

しかしうまくいったのはここまでで、このあと滑って落ちてしまいました。
アブラゼミ羽化観察2010

落ちたときは子供とそろって絶句して固まってしまいましたが、さすがに子供もここで親がどう出るかでこの先の人生いろいろとアレなんじゃないかという思いもあり、ここで死なれてたまるかと懸命の救出活動を行いました。

昨年の羽化撮影でも落ちる蝉はよく見ていましたし、案外あのやわらか状態でも生命力は強いと分かっておりました。加えて、蝉の羽化プロセスを撮りまくって知り尽くしてたという経験も役立ちまして、いまうちのベランダでアブラゼミくんはすくすくと羽根を伸ばし中であります。明日の朝には飛び立っていくでしょう。もしくは目覚ましがわりに鳴いてくれるはず(オスだった)。
アブラゼミ羽化観察2010



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年7月20日 01:27

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー