link3288 link3289 link3290 link3291 link3292 link3293 link3294 link3295 link3296 link3297 link3298 link3299 link3300 link3301 link3302 link3303 link3304 link3305 link3306 link3307 link3308 link3309 link3310 link3311 link3312 link3313 link3314 link3315 link3316 link3317 link3318 link3319 link3320 link3321 link3322 link3323 link3324 link3325 link3326 link3327 link3328 link3329 link3330 link3331 link3332 link3333 link3334 link3335 link3336 link3337 link3338 link3339 link3340 link3341 link3342 link3343 link3344 link3345 link3346 link3347 link3348 link3349 link3350 link3351 link3352 link3353 link3354 link3355 link3356 link3357 link3358 link3359 link3360 link3361 link3362 link3363 link3364 link3365 link3366 link3367 link3368 link3369 link3370 link3371 link3372 link3373 link3374 link3375 link3376 link3377 link3378 link3379 link3380 link3381 link3382 link3383 link3384 link3385 link3386 link3387 link3388 link3389 link3390 link3391 link3392 link3393 link3394 link3395 link3396 link3397 link3398 link3399 link3400 link3401 link3402 link3403 link3404 link3405 link3406 link3407 link3408 link3409 link3410 link3411 link3412 link3413 link3414 link3415 link3416 link3417 link3418 link3419 link3420 link3421 link3422 link3423 link3424
トップページ > ePub・電子書籍, iPhone・iPad・iPod, 雑誌・書籍 > 電子書籍「AiR エア」を購入して出版不況が理解できた

電子書籍「AiR エア」を購入して出版不況が理解できた

僕らは紙離れしたんじゃない、活字離れしたんだ

「ひさびさにやってしまった。ぶっちゃけ返品したいくらいこれはツライ」そう思ったのは何故だろう?

先日からとても話題になっている電子書籍「AiR エア」というのを購入してみたのです。

「採算が成立」なんてニュースもありましたし、表紙を見るかぎりではデビルマンとかロボットアニメとかエヴァンゲリオン的なものを感じてしまうじゃありませんか。でも違ったんですよ。マンガじゃないんですねこれ(笑)

巻頭にイラストだかアート的なものがあるけども、あとはほぼ文字ばっかりなのです(たまに挿絵あり)。そんな調子で300と数十ページほどあったと思う。

あなた読みますか?そんなに。

僕は読みませんよiPadなんかじゃ。

だから「やってしまった」と思ったのは、内容の良し悪しについてではないんです。だってほとんど読んでないんだもん。てっきり漫画かサブカル系雑誌みたいなものだと思ってたら、テキストだけでそこまで引っ張ってたということにうんざりしたのだと思います。

考えてもみればテレビラジオに映画やゲームといったお気楽お手軽な娯楽はいっぱいあるわけです。世の中テキスト主体のメディアからそういったリッチメディアに移行していった経緯にはワケがあるんですよねやっぱり。

パソコンのほうも同じで、テキスト文化だったものが次第にリッチ化していったという流れはあります。

じゃあiPadはどうかというと、最初からリッチなものだったんです。そしていま最後発組として本屋さんとか文筆家が登場してきたというわけです。

そりゃあ文字ばっか並べてたって見劣りしますよ。

そのうえiPad使うような人間は、140文字で一区切りつかないものなんて誰も読みやしないんだから(笑)300ページもテキスト投下されるとまず「拒否感」のほうが先行します。

文章だけでしか伝えられなかった時代がとっくに終わってるのに、あえてこうして文章だけで乗り込んでくる心意気はすごい男前。でもおかげさまで、僕らは紙離れしたんじゃなくて、活字そのものから離れたんだとようやく認識できました。だってiPad使うなら他にもっと消費しやすいコンテンツあるもんね。

紙もそれは同じで、いきなり300ページ超のボリュームでテキスト渡されるのはドン引きする。漫画や写真集なら消費もしやすいのに。その意味では高城剛氏のiPad書籍は秀逸でしたね。ちょうどいい分量の写真とテキストが配置されている。やはりコンテンツ消費とそのスタイルについてよく研究してると思います。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年7月28日 21:01

» 電子"書籍"という言葉に惑わされ本当に"本"を作ってしまう過渡期ならではの現象 from EPUB FUTURE .COM
電子書籍が文章だけでは弱い理由。若者は紙離れで活字離れ?電子書籍にかける金額は若い世代ほど多く、買うのは文学よりもコミック [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年7月31日 02:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー