link1370 link1371 link1372 link1373 link1374 link1375 link1376 link1377 link1378 link1379 link1380 link1381 link1382 link1383 link1384 link1385 link1386 link1387 link1388 link1389 link1390 link1391 link1392 link1393 link1394 link1395 link1396 link1397 link1398 link1399 link1400 link1401 link1402 link1403 link1404 link1405 link1406 link1407 link1408 link1409 link1410 link1411 link1412 link1413 link1414 link1415 link1416 link1417 link1418 link1419 link1420 link1421 link1422 link1423 link1424 link1425 link1426 link1427 link1428 link1429 link1430 link1431 link1432 link1433 link1434 link1435 link1436 link1437 link1438 link1439 link1440 link1441 link1442 link1443 link1444 link1445 link1446 link1447 link1448 link1449 link1450 link1451 link1452 link1453 link1454 link1455 link1456 link1457 link1458 link1459 link1460 link1461 link1462 link1463 link1464 link1465 link1466 link1467 link1468 link1469 link1470 link1471 link1472 link1473 link1474 link1475 link1476 link1477 link1478 link1479 link1480 link1481 link1482 link1483 link1484 link1485 link1486 link1487 link1488 link1489 link1490 link1491 link1492 link1493 link1494 link1495 link1496 link1497 link1498 link1499 link1500 link1501 link1502 link1503 link1504 link1505 link1506
トップページ > CG、動画、音楽などの習作, iPhone・iPad・iPod > お絵描きAppの決定版 Brushes iPad Edition

お絵描きAppの決定版 Brushes iPad Edition

絵心のない僕でもこんなに上手に描けました。とってもすごいiPad用ペイントアプリです。iPhone用もあるよ。

お絵描きAppとしてはいわゆる御三家の「SketchBook」「Layers」「Brushes」というのがあり、どれもiPhone / iPadともに購入して使ってますが、今回はそのなかでも一番人気の「Brushes — iPad Edition」を紹介します。

もともとBrushesはiPhone用のペイントソフトとして評価の高いAppですが、iPadの画面サイズによってより一層絵を描きやすくなりました。

指先のスピードを感知して筆のサイズや透明度が変わる(という設定にできる)ので、実際に筆で塗ったようなアナログっぽい表現が可能です。

使えるレイヤーは最大6枚。
色を重ねて塗ったり、オブジェクトごとに塗り分ける際にとても重宝します。Photoshop等に馴れているとレイヤー数は物足りなく感じますが、レイヤー同士をうまくマージしながら描いていけば十分使えます。そもそもカンバスや画用紙に描いてたころはレイヤーなんてなかったんだからね。あるだけでも助かります。

しかもレイヤーはサイズや位置を変更できます。二本指で回転もできます。複製もできますし、乗算して焼き込むなどのレイヤーモードも5つ装備。さらに写真アルバムから画像を読み込むこともできます。

そしてメールに添付してMac宛に送信し、専用ビュワー「Brushes Viewer」で開けば、iPadの画面サイズに縛られない超高解像度のPNG画像としても書き出せます。惜しむらくはPSD形式でレイヤーを保持したまま書き出せないこと。

しかしそんなの相殺して有り余る機能が、動画の生成。
描いたものをプレイバック動画としてQuickTimeムービーに書き出すことが可能なのです。ストロークだけでなくレイヤーの移動や拡大縮小も再現します。上の動画もそうやって作成した動画をもとにしています。こりゃお絵描き遊びだけじゃなくて、アニメ制作にも一役買いそうですね。

iPad版のダウンロードは以下のリンクより
Brushes — iPad Edition — Steve Sprang
Brushes —

iPhone版は以下より。
Brushes — iPhone Edition — Steve Sprang
Brushes —



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年8月14日 23:43

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー