link4234 link4235 link4236 link4237 link4238 link4239 link4240 link4241 link4242 link4243 link4244 link4245 link4246 link4247 link4248 link4249 link4250 link4251 link4252 link4253 link4254 link4255 link4256 link4257 link4258 link4259 link4260 link4261 link4262 link4263 link4264 link4265 link4266 link4267 link4268 link4269 link4270 link4271 link4272 link4273 link4274 link4275 link4276 link4277 link4278 link4279 link4280 link4281 link4282 link4283 link4284 link4285 link4286 link4287 link4288 link4289 link4290 link4291 link4292 link4293 link4294 link4295 link4296 link4297 link4298 link4299 link4300 link4301 link4302 link4303 link4304 link4305 link4306 link4307 link4308 link4309 link4310 link4311 link4312 link4313 link4314 link4315 link4316 link4317 link4318 link4319 link4320 link4321 link4322 link4323 link4324 link4325 link4326 link4327 link4328 link4329 link4330 link4331 link4332 link4333 link4334 link4335 link4336 link4337 link4338 link4339 link4340 link4341 link4342 link4343 link4344 link4345 link4346 link4347 link4348 link4349 link4350 link4351 link4352 link4353 link4354 link4355 link4356 link4357 link4358 link4359 link4360 link4361 link4362 link4363 link4364 link4365 link4366 link4367 link4368 link4369 link4370 link4371 link4372 link4373 link4374 link4375 link4376 link4377 link4378 link4379
トップページ > 社会・国際・政経, 雑誌・書籍 > 緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす 田原総一朗 (著)

緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす 田原総一朗 (著)

教科書までもが電子書籍になる!? それはちょっと待てと。ただいま予約受付中です。

理由はともかく、僕も意見(というか結論)は同じだったので、こういう本を出してくれることがとても嬉しいですね。学校に通う子の親としても。
緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす 田原総一朗 (著)>
緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす 田原総一朗 (著)

書籍の電子化はもはや急速に浸透しつつある。世の中のすべてのものが便利なデジタル化に進んでいる。そしてついに教育の現場にもデジタル化の波は押し寄せてきている。教科書がデジタル化されようとしている。便利で経済的だからいいじゃないかという声の元に。(中略)しかし、デジタルは人と人が顔をつき合わせて行うコミュニケーションがない。すべて自己完結してしまう。そこには議論もない。

氏の言う『デジタルは人と人が顔をつき合わせて行うコミュニケーションがない』とはどういう意味かよく分かりませんが、ぱらぱらマンガや落書きができない時点でもはや教科書ではありません。

いや、そもそもが「本」とは「書籍」とは何たるかを知るのがまずは初等教育の段階でして、「昔は紙でできた教科書でね・・・」という昔話にしてしまってはいかんのです。分かります?

たとえば僕が大学に入学した当時はIT革命前夜だったのですが、そして今ではDTVだのDTMだのと当り前にやっていますが、それでもやはりアリフレックスの16から入ってフィルムの切り貼りをやりますし、銀塩写真の現像もやりますし、のり付けでコラージュしたり、烏口で直線ひく練習もして、オープンリールをハサミで切るわけです。

動画や音声の編集ひとつとっても、ハサミやカミソリのメタファーが心理的に受け入れられるのは、そういう道具を実際に使ってたのを知ってるからですよね。だからこそ逆に現在のiMovieのように完全にデジタルならではのユーザインターフェースが生まれたことにも感動がある(あれ自体は駄作だけどw)。

新しいものを否定しているわけではないんですよ。
ただ、初めて書物らしい書物に触れる時期であり、もっとも多くの書物に触れるであろう時期に、電子書籍だったというのはこれはないなと思うじゃないですか。

それは郵便を知らずにEメールを語る大人を量産するような行為だと思うのです。

むかし、絵描きの友人とPhotoshopでアンドゥするという行為について、何日も議論しあったことがありました。まだヒストリー機能もなくほんの一回しかアンドゥ/リドゥできない時代にです。極端にいえば、本物と二流の線引きはそこで出来るからです。

本は紙、これは紛れもない事実です。それをいきなりすっ飛ばして電子書籍から入ってしまうのはどうかと。本を知らずに育つというのは、本を作れなくなるということです。本のない国は「知」がないということです。それがどういう国かは言わずもがな。
緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす 田原総一朗 (著)>
緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす 田原総一朗 (著)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年8月15日 01:47

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー