link1233 link1234 link1235 link1236 link1237 link1238 link1239 link1240 link1241 link1242 link1243 link1244 link1245 link1246 link1247 link1248 link1249 link1250 link1251 link1252 link1253 link1254 link1255 link1256 link1257 link1258 link1259 link1260 link1261 link1262 link1263 link1264 link1265 link1266 link1267 link1268 link1269 link1270 link1271 link1272 link1273 link1274 link1275 link1276 link1277 link1278 link1279 link1280 link1281 link1282 link1283 link1284 link1285 link1286 link1287 link1288 link1289 link1290 link1291 link1292 link1293 link1294 link1295 link1296 link1297 link1298 link1299 link1300 link1301 link1302 link1303 link1304 link1305 link1306 link1307 link1308 link1309 link1310 link1311 link1312 link1313 link1314 link1315 link1316 link1317 link1318 link1319 link1320 link1321 link1322 link1323 link1324 link1325 link1326 link1327 link1328 link1329 link1330 link1331 link1332 link1333 link1334 link1335 link1336 link1337 link1338 link1339 link1340 link1341 link1342 link1343 link1344 link1345 link1346 link1347 link1348 link1349 link1350 link1351 link1352 link1353 link1354 link1355 link1356 link1357 link1358 link1359 link1360 link1361 link1362 link1363 link1364 link1365 link1366 link1367 link1368 link1369
トップページ > IT, Internet, Mac > 日本語版ソフトウェア詐欺かと思った

日本語版ソフトウェア詐欺かと思った

もともとローカライズ不要のマルチリンガル対応シェアウェアを「日本語版」としてDVDに焼いて出荷するだけの簡単なお仕事です。

もともとオンライン配布のみでひっそり流通していたシェアウェアも、人気に火がついて有名になったりすると、お金もうけを企むひとがわんさか寄って来るようですね(笑)

僕は以前から、あるシェアウェアが欲しいと思い続けているのですが、価格があまりにも高い(それを使用することでペイできるというものでもない)のでなかなか購入に踏み切れずにいました。

ちなみにそれは英語圏のシェアウェアで支払いはドル建てです。

今年に入ってその新バージョンが公開されました。

とほぼ同時に日本の商社と日本のソフトウェアベンダーが絡んだ「日本語版」も発売されました。オンライン配布ではなくパッケージソフトとしての提供になっています。

もちろん一番の売りは日本語化されている点。

価格的には英語版を英語サイトからダウンロード購入するほうが断然安くて、日本語パッケージ版はその二倍近い価格となっています。もちろん日本語化の手間やDVD-ROMを流通させるコストなどを載せることが悪いとは思いません。倍近い価格になる場合も多々あるでしょう。

が、

さっき気付いてしまいました。

英語サイトにてオンライン配布されている英語版、30日トライアルとして試用できるのでダウンロードしてみました。

あら?

てっきり英語版だと思ってたら、すべて日本語表示になっています。OSの言語によって変わるマルチリンガル仕様?

これって日本語版いらなくね?
ローカライズ作業が不要ってことですよ?一体どこのコストがかさんで二倍近い価格になるのやら。商社やソフトウェアベンダーが絡んで価格倍増するほどマージンとるの?

印刷された日本語マニュアル付き?日本語での手厚いサポートもあるの?だから高額になると?

うーん、もともと動画のヘルプ付きだしシンプルなソフトだしUI設計も優れてるのでそういうの不要にも思う・・・なんだろうこれ。ほとんど詐欺じゃないかと思えてきた(笑)

もちろん日本語ローカライズされたパッケージソフト全般が悪いということではないです。そういう事例があったというお話でした。ちゃんと調べて賢い選択をしたいものですね。

追記:上記の例ではかなりアバウトに1ドル=100円くらいで考えてましたが、本日の為替レート84円で換算すると倍近くどころか二倍をはるかに超える価格となっておりました。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2010年9月 6日 02:17

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー