link5986 link5987 link5988 link5989 link5990 link5991 link5992 link5993 link5994 link5995 link5996 link5997 link5998 link5999 link6000 link6001 link6002 link6003 link6004 link6005 link6006 link6007 link6008 link6009 link6010 link6011 link6012 link6013 link6014 link6015 link6016 link6017 link6018 link6019 link6020 link6021 link6022 link6023 link6024 link6025 link6026 link6027 link6028 link6029 link6030 link6031 link6032 link6033 link6034 link6035 link6036 link6037 link6038 link6039 link6040 link6041 link6042 link6043 link6044 link6045 link6046 link6047 link6048 link6049 link6050 link6051 link6052 link6053 link6054 link6055 link6056 link6057 link6058 link6059 link6060 link6061 link6062 link6063 link6064 link6065 link6066 link6067 link6068 link6069 link6070 link6071 link6072 link6073 link6074 link6075 link6076 link6077 link6078 link6079 link6080 link6081 link6082 link6083 link6084 link6085 link6086 link6087 link6088 link6089 link6090 link6091 link6092 link6093 link6094 link6095 link6096 link6097 link6098 link6099 link6100 link6101 link6102 link6103 link6104 link6105 link6106 link6107 link6108 link6109 link6110 link6111 link6112 link6113 link6114 link6115 link6116 link6117 link6118 link6119 link6120 link6121 link6122 link6123 link6124 link6125 link6126 link6127 link6128 link6129 link6130 link6131
トップページ > エレクトロニクス, 社会・国際・政経 > [PR] 本当は終わってない地デジ化の話

[PR] 本当は終わってない地デジ化の話

振り向けば足下にブルーオーシャンという事もあるのですね。アナログ停波により地デジ時代に完全移行したと思われていましたが、案外そんなことなかったようです。アイ・オー・データ機器さんから意外な数字を聞きだせました。

[PR] この記事はタイアップ企画です。当ブログと企業・団体等とのタイアップによる記事です。
アイ・オー・データ機器さん共同制作インタビュー動画タイアップ記事です。

情熱が宮殿したプロジェクトの流儀として開始以来みなさまにご好評いただいております「ご近所さんはプロフェッショナル」シリーズ第三弾でございます。今回はわれわれインターネットにどっぷり浸かった人間には意外すぎるお話。

先月の下旬、アイ・オー・データ機器さんから「いま地デジ化が熱い」という話を小耳にはさみました。いやいやいや、今じゃないでしょう?と誰しもが思うはず。だって私もこれ、ネタとしては完全にスルーしようと思ったほど、2011年の夏の終わりと共に冷めた話題ですからね。

ところが、私らのようなインターネットと流行りもの大好きな人間だからこそ見落としがちなものがあるのですよ。以下のインタビュー動画をご覧ください。
地デジ化はいま・アナログ停波後の現実 今ウケているサービス!?

件のサービスについての詳細ページは以下のリンク先にあります。
ioPLAZA:地デジチューナー「HVT-T2SD」PC周辺機器 IO DATA 通販 ioPLAZA

テレビのリサイクル費用がだいたい3,000円、そこに地デジチューナーを5,800円で投入する価格設定の妙。しかしそれだけでなく、設置などに関する電話サポートおよび、FAX/電話/ネットによる注文、そして出荷。それらを土日祝含む365日やるという気合いの入ったサービス。これで月間10,000台を販売しているというのだから大した規模です。ちなみにインタビューに答えていただいた西田谷さん、同社のネット通販サイト「アイオープラザ」のご担当でして、FAX注文などとは一番遠そうな立ち位置だったりします。

それにしても、あらゆる方法でアナログ停波を大々的に告知してたというのに、人というのはいざそのときが来ないと動かないものなのでしょうか。7月末のアナログ終了以降で、地デジにまつわる公共団体に月間12万件もの問い合わせ。

しかもそのうちの1割(つまり1万2000件程度)が「地デジチューナーどこで買える?」というものだとか。我々ネット民にしてみれば、そんなの検索してみれば分かるでしょ?となるのですが、こと地上波テレビの視聴者層に関してはそうではないようですね。そこで、このサービスを開始したところ、とてもウケているとのこと。

これは雑貨屋だった友人から聞いた話ですが、新しいものや洗練されたものは都会の人しか買わない。日本でいちばん売れている雑貨は、郊外のホームセンターに置いてある定番商品、マリリン・モンローの鏡とか、ジェームズ・ディーンのタペストリーなんだとか。

ついこないだも、Macのソフトウェア開発者の方に「iOS版も出してほしい」と要望したところ、iPhoneだのAndroidだのはまだまだごく一部だと返されました。そして別のプラットフォームをやるならWindowsだとも。

振り向けばそこにブルーオーシャン。とかくフロンティアスピリットばかりが注目されがちですが、わざわざ荒野に乗り込まない大半の人々のニーズをうまく汲み取ることも大切だなと、私はつくづく反省しましたよ><
ioPLAZA:地デジチューナー「HVT-T2SD」PC周辺機器 IO DATA 通販 ioPLAZA



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年11月14日 14:06

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー