link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941 link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972
トップページ > 雑誌・書籍 > ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

いしたにまさき著「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である」

これはもうブロガーなら必読だし、少しでもSNSやCGMの要素を絡めたWebサービスなどをやろうと考えてるなら絶対に読んでおいて損はないでしょう。
ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である
ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

著名ブロガー総勢110名へのアンケート取材から導き出された<成功>のための集合知

とは帯に書いてある文句ですが、安易に「答え」を求めて読み始めるとちょっと違うかもしれません。アンケートに端を発する探偵いしたにまさきの謎を解くプロセスを楽しみながら、読者自身でもあやふやだった言葉にならない部分を浮き彫りにしていく、そんな感じの本でした。僕自身もブロガーだからそう思うのでしょうけど。

さて、私事ですが、昨年ドメイン移転にまつわるアレコレやらホスティングのトラブルやら色々と良くないことが続けざまに発生しまして、10月からGoogleページランクが一気に落ちまして6からなんと0になっております。そうなると検索経由のアクセスというのは見込めないわけですね。読者数をつづけるためのモチベーションにしている方も多いでしょうから、こうなるとブログを投げ出してしまいたくなる人も多いんじゃないでしょうか。

が、読者数が僕の日常に大きな影響を与えていたかというと、実はそうでもなかったようです。現にこうしてまだブログは続けています。

そんなことよりもむしろ、自分でメモのつもりで書いてる部分が大きいので、検索しても見つからなくなったというのがツールとして面倒だなと。なにしろアルファブロガーたるもの書いたものが検索結果の1ページ目に出るのは当り前ですから、それがなくなるというのは大きな痛手です。メモが検索できないわけですから><

余談はこのくらいにして、じゃあどうしてまだブログをやるのか?という疑問はあるわけですが、これは理由があるんですねやっぱり。読者数の規模などは関係ないんです。そもそも、そこに重点を置いてると始めにくいし続けられないんですよ。

で、本書のなかで面白いのが、ブログを書くコストや、アマチュア精神、ノープランの話など。ここを理解しておかないとこの先のソーシャルメディア運営とか無理なんじゃないかなと感じます。だからこの本を読め!とも言いませんけどね。この本を読んでおくだけでなく、自身の肌感で理解しておく=そのために「やめない」なにかをやっているという事が必要に思います。

あと「やめない」と「続ける」が違うという話もいいですね。上の動画のなかで「続ける」とうっかり連呼しておりますが、正確には「やめない」ですね(笑)僕いま雑誌の連載はひとつも持ってないですけど「これやってるヒマがあったらブログ書きたいな」といつも感じつつ原稿書いてたので、結果的には「やめた」わけです。そういえば90年代に何冊かWebサイト(当時はホームページと呼んでた)の紹介本を上梓してますが、そういった発表の場が紙からブログに移った時点でこうなること=「これやってるヒマがあったらブログ書きたいな」は必然だったように感じますね。でもって「お金をもらいながら」ではなくなり「価値を創造しながら」ログの公開と蓄積を「やめない」ということになってるんだと個人的には思います。

とかなんとか、色んなことを考える本でした。上の動画中でも言ってますが、ブロガーだけじゃなくて、Webサービスの運営に携わってる方やこれから立ち上げようと考えてる方にも読んでみてほしいと思います。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年1月11日 02:35

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー