link3212 link3213 link3214 link3215 link3216 link3217 link3218 link3219 link3220 link3221 link3222 link3223 link3224 link3225 link3226 link3227 link3228 link3229 link3230 link3231 link3232 link3233 link3234 link3235 link3236 link3237 link3238 link3239 link3240 link3241 link3242 link3243 link3244 link3245 link3246 link3247 link3248 link3249 link3250 link3251 link3252 link3253 link3254 link3255 link3256 link3257 link3258 link3259 link3260 link3261 link3262 link3263 link3264 link3265 link3266 link3267 link3268 link3269 link3270 link3271 link3272 link3273 link3274 link3275 link3276 link3277 link3278 link3279 link3280 link3281 link3282 link3283 link3284 link3285 link3286 link3287 link3288 link3289 link3290 link3291 link3292 link3293 link3294 link3295 link3296 link3297 link3298 link3299 link3300 link3301 link3302 link3303 link3304 link3305 link3306 link3307 link3308 link3309 link3310 link3311 link3312 link3313 link3314 link3315 link3316 link3317 link3318 link3319 link3320 link3321 link3322 link3323 link3324 link3325 link3326 link3327 link3328 link3329 link3330 link3331 link3332 link3333 link3334 link3335 link3336 link3337 link3338 link3339 link3340 link3341 link3342 link3343 link3344 link3345 link3346 link3347 link3348 link3349 link3350 link3351 link3352 link3353 link3354 link3355 link3356 link3357
トップページ > 旅行・乗物 > カナダの天然温泉と希少生物のお話

カナダの天然温泉と希少生物のお話

久々のグラサン温泉です。今回はシリーズ初の混浴!バンフの高台にアッパー・ ホットスプリングスという温泉施設がありまして、そこに行ってまいりました。そして、温泉にまつわる意外な話も。

カナダ観光局さんの招待により、カナダの旅をブログでリポートしています。

久々にあのグラサン温泉が帰ってきました!今回はカナダ編!どうだ!!
バンフ・アッパー・ ホットスプリングス

グラサン温泉 in Canada

しかもシリーズ初の混浴ですぞ!!!
グラサン温泉 in Canada

※ あ、混浴といっても海外のことですから、もちろん水着着用です。日本のような艶っぽいものは期待しないでね!

さてここは、カナダの「バンフ・アッパー・ ホットスプリングス(Banff Upper Hot Springs)」です。動画もございますので、ぜひともご覧くださいませ。

いかがでしょうか?
雪の舞う山腹にて、カナディアン・ロッキー山脈を眺めながら、日本人にはややぬるい39度という湯に長時間浸かって芯まであたたまる。その間にミカエラさんとも長々と積もる話やら深刻な話やら重たい話やらで上手く打ち解けあって、旅の序盤はスムーズにいきそうな感じがしました。

あ、あのね、
日本人観光客も多いんですけども(この日も数組いらっしゃいました)、基本的には現地の方々が圧倒的に多いです。だから、我々のように「日本語で」長々と重要事項について話し込んでも、あまり秘密が漏れるような心配がないので、交渉ごとなんかには、あえてこの湯に浸かりながらというのも良いですね(なんかマンガっぽいけどw)。

さて、以下はつぶやきのまとめですが、この地の温泉にまつわる意外な話がありまして、それに関する他サイトからの引用等も含んでおりますので、ざっとご覧いただきながら、最下段の話題までどうぞ。

えっと、この温泉に着くまでの間にガイドさんよりうかがったのですが、このバンフの地に湧く温泉のなかで、人が入浴できるのは上述の「バンフ・アッパー・ ホットスプリングス」のみだそうです。

というのも、バンフの温泉には世界中でここだけにしかいない、バンフ・スプリング・スネイルという大変希少な巻貝が棲んでいるそうなのです。どうぶつ奇想天外でも扱われていたネタのようですね。

温泉に棲んでるなんて、貝類だけに「ダシ」がぜんぶ抜けてしまわないか心配ですが(笑)とにかくこの希少種を保護するために、上述アッパー以外の温泉は入浴禁止とのことです。

日本では、希少種生息地にも関わらず干拓だ河口堰の建設だという事もありました。この温泉の件だけとりあげて言うつもりはないですけども、環境保護は我々全体の問題として、もっと真剣に考えたいですね日本でも。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年11月26日 23:57

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー